キッチン

システムキッチンのリフォームの費用と価格の相場は?

システムキッチンのリフォームの費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
500,000円〜2,500,000円

システムキッチンのリフォームの費用の相場ですが、システムキッチンには「新設するキッチンの費用」「キッチンを交換する費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



システムキッチンのリフォームについて

キッチン

システムキッチンのリフォームをする前にまずは、システムキッチンの種類とキッチンリフォームの期間をご覧ください。

システムキッチンの種類

システムキッチンの種類には、型によってメリットやデメリットが異なります。まずは、一般的によくあるキッチンの一覧をご覧ください。

I型キッチン

シンプル

I型キッチンとは、日本で一番よく使われているタイプですが、コンロからシンクまで横一列に並んでて並行移動で作業するキッチンです。

メリット

I型キッチンのメリットは、カウターの高さの調整をすれば手元を隠せれます。それと、テレビを見ながら、家族の顔を見合わせて話をしながら料理ができます。

デメリット

I型キッチンのデメリットは、カウンターがあるため、開放感が無くなります。

I型キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?
キッチンの壁付けI型のリフォームする費用と価格の相場は?

II型キッチン

Ⅱ型キッチン

II型キッチンとは、キッチンの台が平行に2列に並んでて、リビングから遠い方の台にシンクとコンロがあるキッチンです。

メリット

II型キッチンのメリットは、料理等の作業をする際に、真後ろにキッチン台があるため、無駄な動きが無くなります。そして、キッチンカウンターの下には収納が沢山あり便利です。

デメリット

II型キッチンのデメリットは、II型キッチンを設置するには、広いスペースの確保が必要です。

II型キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

L型キッチン

L型対面キッチン

L型キッチンとは、キッチンをL型の形をしたキッチンとなります。

メリット

L型キッチンのメリットは広くて移動が楽です。

デメリット

L型キッチンのデメリットは、デッドスペースのコーナー部分の使い勝手が悪いです。

L型キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

U型キッチン

U型キッチン

U型キッチンとは、U型、コの字型、が特徴で収納が多いキッチンです。

メリット

U型キッチンのメリットは、調理スペースが広いので楽に作業ができ、複数人でも快適に使えます。

デメリット

U型キッチンのデメリットは、スペースに幅を取り、配膳の移動が少し面倒です。それと、角にデッドスペースがあり、収納に困ります。

U型キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

クローズドキッチン

クローズドキッチン

クローズドキッチンとは、一つの部屋に隔離されたキッチンです。

メリット

クローズドキッチンのメリットは、壁に囲まれているので料理に集中できます。それと、隔離されているので、リビング・ダイニングからは、キッチンが散らかっていても見えないですし、臭いも広がりにくいです。

デメリット

クローズドキッチンのデメリットは、ダイニングまでの距離があるので配膳しにくいです。それと、コミュニケーションも取りにくいです。他のキッチンに比べると閉鎖的なので、少し疲れることもあります。

クローズドキッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

セクショナルキッチン

セクショナルキッチン

セクショナルキッチンとは、流し台、調理台、レンジフード、吊り戸棚、加熱台、がそれぞれパーツごとにバラバラになってるキッチンです。

メリット

セクショナルキッチンのメリットは、各パーツごとに交換でき費用を節約できます。部分交換だと、最短数時間で工事完了します。

デメリット

セクショナルキッチンのデメリットは、デザイン重視な方には、物足りないです。

セクショナルキッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

ミニキッチン

ミニキッチン

ミニキッチンとは、コンロ、水道、収納と最低限の装備を備えたキッチンのこと。

ミニキッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

対面キッチンの種類

対面キッチンの種類には、上記に紹介した壁を背に設置するのと正反対に設置するキッチンがあります。I型・Ⅱ型・L型があり、他にアイランド・ペニンシュラ・セパレート型があります。

アイランドキッチン

アイランドキッチン対面キッチン

アイランドキッチンとは、ダイニング、リビング等の部屋の真ん中に存在する壁のないおしゃれなキッチンのことです。名前の通り一つの島のように存在してるキッチンという意味です。回りに壁等が何も無い分、広々としていて、家事を効率良く作業ができるきっちんです。

メリット

アイランドキッチンのメリットは、開放感があるので全体を見渡せることができ、移動も楽です。また、壁が無いためコミュニケーションを取りやすいです。

デメリット

アイランドキッチンのデメリットは、開放感が裏目に出て料理の臭いが広がります。また、壁が無いため油の飛び散りで床が汚れます。

アイランドキッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

ペニンシュラキッチン

セミオープンキッチン

ペニンシュラキッチンとは、左右のどちらかの壁に接地している対面キッチンのことです。

メリット

ペニンシュラキッチンのメリットは、コンロ側に壁があるため、油はねを防止するので、床を油で汚すことはないです。

デメリット

ペニンシュラキッチンのデメリットは、左右のどちらかに壁があるため、開放感が半減されます。

ペニンシュラキッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

セパレート型キッチン

セパレート型対面キッチン

セパレート型キッチンとは、シンクとコンロを対面に置くキッチンのことです。

メリット

セパレート型キッチンのメリットは、シンクとコンロが別々の場所にあるので、横のスペースが広々と使えます。それと、広いので複数人で料理作業にかかることができます。

デメリット

セパレート型キッチンのデメリットは、シンクとコンロが別れているため、切った食材をコンロまで持っていく時に水滴がポタポタと落ちます。

セパレート型キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

システムキッチンのリフォームの期間

システムキッチンのリフォームの期間には、「キッチンを新設で設置」「キッチンの交換」で工事期間が設備工事・電気工事があるかないかで異なってきます。

キッチンを新設で設置する期間

キッチンを新設で何も無い所に設置する場合は、キッチンの取付け費用以外に配管工事や電気工事、大工工事が1からの造作となりますので期間が必要となります。これらの工事期間は、約3日〜5日となります。

【参考期間】キッチンを新設で設置する期間:約3日〜5日

キッチンの交換の期間

キッチンの交換は、既設されているものと交換する場合は、配管工事と電気工事は調整のみで完了となりますので期間が新設するよりも短くなります。これらの工事期間は、約2日〜3日となります。

【参考期間】キッチンの交換の期間:約2日〜3日


システムキッチンのリフォームの費用

女性

システムキッチンのリフォームの費用では、「新設でキッチンを設置」「キッチンを交換する」の2つのパターンがあります。費用には施工費用と本体価格を別々でご紹介しますので、まずは、システムキッチンの本体価格からご覧ください。

【参考価格】システムキッチンの本体価格:約15,000円〜2,500,000円

I型キッチンの価格:約100,000円〜1,200,000円
Ⅱ型キッチンの価格:約200,000円〜1,400,000円
L型キッチンの価格:約300,000円〜1,600,000円
U型キッチンの価格:約400,000円〜1,800,000円
クローズドキッチンの価格:約600,000円〜1,400,000円
セクショナルキッチンの価格:約15,000円〜
ミニキッチンの価格:約100,000円〜300,000円
アイランドキッチンの価格:約1,200,000円〜1,800,000円
ペニンシュラキッチンの価格:約900,000円〜1,700,000円
セパレート型キッチンの価格:約500,000円〜2,500,000円

新設でシステムキッチンを設置する費用

新設でシステムキッチンを設置する費用には、キッチンの取付け費用に約80,000円〜100,000円となります。また、新規で給排水管と電気を引っぱらないといけません。これらにかかる費用は、約50,000円〜60,000円となります。また、ガスコンロや排気ダクト用の換気扇を使用する場合は、別途で約300,000円〜500,000円が必要となります。

【参考費用】新設でキッチンを設置する費用:約130,000円〜160,000円

システムキッチンを交換する費用

システムキッチンを交換する費用には、キッチンの取付け費用に約80,000円〜100,000円となります。また、給排水管と電気の接続にかかる費用は、約8,000円〜10,000円となります。また、ガスコンロや排気ダクト用の換気扇を使用する場合は、別途で約8,000円〜10,000円が必要となります。

【参考費用】システムキッチンを交換する費用:約88,000円〜110,000円


システムキッチンリフォームの費用の実例と目安

キッチンリフォーム

システムキッチンのリフォームの金額別で実例とともに目安をご紹介します。まずは10万円以内でできることからご覧ください。

キッチンのリフォームで10万円以下でできること

キッチン

キッチンのリフォームで10万円以下の費用でできることは換気扇の交換があります。換気扇は、約10年の寿命があり、うまく掃除ができていないと油汚れでモーターの芯が不具合を起こし変な音がなり始めます。その時が交換時期だと思われます。換気扇の交換には、本体価格と施工費用がありますので、約35,000円〜50,000円かかります。本体価格によって値段が異なりますが、業者の施工価格は、約15,000円とほぼ変わりません。

換気扇の交換

本体価格+施工費用=35,000円〜50,000円

キッチンのリフォームで20万円以下でできること

キッチンのリフォームで20万円の費用でできることが、IHクッキングヒーターの交換が挙げられます。IHクッキングヒーターを使っていく内にトッププレートが焦げ付いたり、食器を落として割ってしまったりすることがあると思いますが、交換費用には本体価格と施工費用があり、約80,000円〜170,000円の間で交換が可能となります。こちらの費用の異る差は、本体価格のグレードによるもので安いものですと約50,000円からとなります。

IHクッキングヒーターの交換

本体価格+施工費用=80,000円〜170,000円

キッチンのリフォーム30万円以下でできること

キッチンのリフォームで30万円の費用でできることがが、レンジフードの交換とガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換が可能です。まずは、レンジフートですがレンジフートを使っていく内に壁付けの換気扇と同じでうまく掃除ができていないとモーターに油が入り込みカラカラと音がします。音が鳴り始めるとレンジフートのモーターの交換時期となります。モーターのみの交換ですと約20,000円から30,000円となります。また、スイッチのボタン部分だけが壊れる場合もありますがこちらの交換費用が約10,000円から15,000円となります。レンジフート本体を交換する場合は、施工費用が約40,000円から80,000円とかかります。こちらの費用の差はレンジフートの型が全く異る商品に取り替える場合は、ダクト工事の延長が必要となる場合です。また、レンジフート本体の価格の相場が約100,000円から200,000円となります。

レンジフードの交換

本体価格+施工費用=120,000円〜280,000円

キッチンの換気扇・レンジフードの交換する費用と価格の相場は?

ガスコンロからIHクッキングヒーターへ交換する場合、施工費用にはガスの工事は、ガスの撤去工事と電気工事が必要となり約100,000円かかってきます。

ガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換

本体価格+施工費用=180,000円〜250,000円

IHクッキングヒーターや天板の交換のリフォームする費用と価格の相場は?

キッチンのガスコンロの交換の費用と価格の相場は?

キッチンリフォームの本体を40万・50万・60万円でできる型は?

キッチン

キッチンリフォームの本体を40万円から60万円以内でリフォームできるのは、ミニキッチンとI型の普及タイプのキッチンとなります。

40万円あればミニキッチンを設置できる

ミニキッチンは、2世帯住宅や事務所によく使用されていますが、40万円あればミニキッチンの最高オプションを設置することができます。ミニキッチンに40万円かけていいオプションをつけるとしたら冷蔵庫と温水器あたりでしょう。

ミニキッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

50万〜60万円あれば普及タイプのI型キッチンを設置できる

普及タイプのI型キッチンは収納棚は開き戸タイプのものとなり、オプションは何ひとつ付いていないタイプです。

I型キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

キッチンリフォームの部分的に40万・50万・60万円でできるリフォームは?

キッチンリフォームの部分的に40万・50万・60万円でできるリフォームは、食洗機と背面収納・壁収納・カップボートとなります。

キッチンのリフォームで40万〜50万円あれば新設や後付けで食洗機を設置できる

キッチンのリフォームで40万〜50万円あれば食洗機のビルトイン型、卓上型のどちらでも設置が可能です。食洗機の交換のみでしたら20万〜30万でできますが、後付けや新設となると給排水・電気工事などの費用が伴う為、40万〜となります。また、ビルトイン型の場合、設置する箇所の収納が撤去できるか、給排水の工事、電気工事ができるかなど、現場を見てみないとリフォームできるかわからないので、事前にしっかり現場調査をしましょう。

キッチンに食洗機を後付けするリフォームする費用と価格の相場は?

キッチンのリフォームで50万〜60万円あれば背面収納のカップボードを設置できる

キッチンのリフォームで50万〜60万円あれば背面収納のカップボードを設置することが可能です。キッチンまわりは食器や家電製品、ゴミ箱などで混雑になりがちですが、キッチン専用の背面収納のカップボードや家電収納なら、食器やゴミ箱・家電品・食品を使いやすい位置に賢く収納できます。また、背面収納は地震などで倒れる心配もなく、扉も耐震ロックで万が一の時も中のものが飛び出る心配がありません。カップボードは幅・奥行・機能・扉材などの組み合わせ次第で価格が変わりますが60万円の予算ならそこそこで自分好みのカップボートが手に入ります。

キッチン・台所の収納リフォームする費用と価格の相場は?



システムキッチンリフォーム画像と事例で解説

システムキッチンリフォーム画像と事例で解説していきます。

キッチンのリフォームを50万円〜100万以内でできる実例と費用の目安

キッチンのリフォームを50万円〜100万以内でできる実例と費用の目安をご紹介します。

築20年〜30年のキッチンを造作のカウターを設置して完全オリジナルした施工事例

造作のカウンターは既存の家具がジャストサイズに収納できるように完全オリジナルで設計いたしました!

建物のタイプマンション
工期約1週間
築年数20〜30年
構造RC造
価格約95万
家族構成
その他採用機器・設備

築15年〜20年のキッチンを梁下の垂れ壁を一部解体して開放的にした施工事例

もともとの吊戸棚の高さよりも背を低くし、側面と梁下の垂れ壁も一部解体して、より開放的な印象に仕上げました。天井に埋め込み式だった照明もダウンライトに変更し、すっきりとしています。

建物のタイプマンション
工期約1週間
築年数15〜20年
構造RC造
価格約100万
家族構成
その他採用機器・設備

キッチンのリフォームを100万円〜200万以内でできる実例と費用の目安

キッチンのリフォームを100万円〜200万以内でできる実例と費用の目安をご紹介します。

築30年のキッチンを間仕切りを取り払い収納たっぷりでオープンなキッチンの施工事例

施工前は日光も届かない薄暗い孤立したキッチンでした。間仕切りを取り払い収納たっぷりでオープンなキッチンへ大変身。日中は電気がいらないほど明るさもあります。夜はコーブ照明の柔らかな光がワンランク上の空間を演出。視界もひらけ料理中の奥様のテンションもアップ!!ご夫婦やお友達との会話も弾みます。

建物のタイプマンション
工期約2週間
築年数約30年
構造RC造
価格約150万
家族構成
その他採用機器・設備商品名:エクセリア ラヴィー

キッチンのリフォームを200万円〜300万以内でできる実例と費用の目安

キッチンのリフォームを200万円〜300万以内でできる実例と費用の目安をご紹介します。

築50年以上のキッチンの背面収納は造作のハイカウンター内に納めた施工事例

既存の壁付けI型の基本はそのままです。キッチンと同じ面材の背面収納は造作のハイカウンター内に納め、上部の空間にはレシピ等の小物が収納出来ます。

建物のタイプ戸建住宅
工期約1週間
築年数50年以上
構造鉄骨造
価格約230万
家族構成お父様、娘様
その他採用機器・設備


システムキッチンのリフォームに失敗しない為に確認しときたいコト

悩む女性

システムキッチンリフォームする前にブログなどの画像や事例を参考にしよう

キッチンのリフォームをする前にしておきたいことは、ブログなどでキッチンリフォームについて上げているサイトの画像や事例を参考にしてイメージを膨らませてからリフォームを行いましょう。イメージがつかない内にリフォームしてしまって思っているのと違うことが少なくありません。

ポイント4つのキッチンリフォーム後に不便と感じない為にすること

ポイント4つをキッチンリフォーム後にこれを一緒にリフォームしとけばと後で後悔しない最低限のことをご紹介します。

キッチンの高さのポイント

システムキッチンの高さは、使い手の身長によって異なります。キッチンが低いと猫背になりやすく、高いと肩が上がって肩こりの原因にもなります。

実はシステムキッチン既製品には、80cm、85cm、90cmの高さのサイズがあり、自分に適したキッチンを選ぶことができます。

キッチンの高さを選ぶのにサイズを出す計算方法があります。

『身長÷2+5cm』で、自分に適した目安の数字がでます

例)160cm÷2+5cm=85cm

※室内で底の高いスリッパ等を履く方はそれも踏まえて計算に入れてください。

後、体感したい場合は、メーカーのショールームにいけばできます。

通路幅の広さのポイント

キッチンの通路に人が通る場合の最適なサイズがあります。

1人の場合は、90cm、2人は120cmが適していると言われています

2人のサイズにしとけば間違いないですが、部屋のバランスもあるので、それも踏まえて考えるましょう。

コンセント設置のポイント

キッチンでは、家電製品が多いためコンセントは必須ですが、いざ、挿そうとすると、コンセント口が足りない、線が届かないといった事が多々あります。

見た目の悪い、危険な、タコ線、延長コードといった、リフォーム後のキッチンに使わないようにする為に最初のプランニング時にコンセント口数をいくつ設置するかイメージしときましょう。

ゴミ箱のスペースのポイント

キッチンをイメージする時は、家電製品や食器棚、収納棚の配置をイメージしがちですが、案外、大事なゴミ箱の位置のイメージを忘れがちとされます。

ゴミ箱ほど、見た目を気にしたいと思うのですが、食器棚の下にゴミ箱専用の収納スペースを設けるなど、最初のプランニング時に業者さんに伝えるのを忘れないようにしましょう。


『全てがわかる!』
リフォームの費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
リフォームの費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG