確定申告

リフォームローンの控除を確定申告で受けられる?

リフォームローンの控除を確定申告で受けられる?

確定申告

リフォームローンを使用して約5年以上であれば所得税が控除される制度があります。また、住宅ローンであれば約10年以上であります。また、控除となる対象工事は以下でご紹介します。



所得税控除制度の控除額

住宅ローン減税

住宅ローンの減税は、住宅ローンをしてから約10年間の間だけで年末にローン残高の1%が所得税額から控除されます。

リフォームローン減税

リフォームローンの減税は、入居した年から5年間は所得税が控除されます。

投資型減税

投資型の減税は、ローンをしなくても実費で支払いした場合、約1年間は25万円を限度額として所得税額より控除されます。



確定申告でリフォームローン控除の条件

確定申告でリフォームローン控除の対象工事には、各リフォーム工事によって条件が異なります。

バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォームでは高齢者のために手すりの設置や段差解消、階段をスロープにするなどのリフォームをする場合、リフォームローンで約5年以上かけて返済してく場合は、控除の対象となります。

耐震リフォーム

耐震リフォームを柱を補強したり屋根の軽量化をするのに住宅ローンを約10年以上かけて返済してく場合は、控除の対象となります。

三世代同居対応リフォーム

三世代同居対応リフォームで水回りと玄関が各2つ以上ある場合は、リフォームローンで約5年以上かけて返済した場合、控除の対象となります。

省エネリフォーム

省エネリフォームでは壁や床の断熱工事をしてエアコンなどの電気使用量を軽減するリフォームの場合、リフォームローンで約5年以上かけて返済してく場合は、控除の対象となります。

長期優良住宅化リフォーム

省エネリフォームや耐久向上工事を一緒にするリフォームの場合、リフォームローンで約5年以上かけて返済してく場合は、控除の対象となります。



確定申告で必要書類

確定申告で控除を受ける為の必要書類は以下となります。

住宅借入金等特別控除額の計算明細書
住民票の写し
住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書
家屋の登記事項証明書、請負契約書の写しなどで家屋の床面積、増改築等の年月日、及びその費用の額を明らかにする書類
建築確認済証の写し、検査済証の写し、又は増改築等工事証明書
給与所得者の場合は、勤務先から交付を受けた源泉徴収票

2年目以降の確定申告の場合

住宅借入金等特別控除額の計算明細書
増改築等に係る借入金の年末残高等証明書

年末調整の場合

給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書及び年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書
増改築等に係る借入金の年末残高等証明書

『全てがわかる!』
リフォームローンの控除に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
リフォームローンの控除や減税するには?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

以下をクリックするとホームへ移動します。そこから一括見積もり依頼へお進み下さい。

CTR IMG