司法書士

不動産売却の司法書士の費用は?

不動産売却の司法書士の費用について

司法書士

不動産売却の司法書士の費用とは、不動産登記の代理を行ってくれる費用となります。もちろん自分ですれば代理費用はかかりません。

不動産登記とは?

不動産登記とは、不動産の権利関係を明らかにする証明書を発行することを指します。第三者へ、不動産の所有者として居住しているのか、賃借人として居住しているのか権利関係について登記所に記録します。


無料で適正価格・相場がわかる!
\ 一括査定は1分で完了! /

無料で不動産売却一括査定
はこちら


不動産売却の司法書士へ対する支払う費用

不動産売却の登記を代理で行ってくた司法書士へ対する支払いは、地区によって若干費用が異なりますが、東北地区では12,643円、関東地区で14,476円、近畿地区が16,746円が相場となります。

【参考費用】不動産売却の司法書士へ対する支払う費用:12,643円〜16,746円


司法書士への報酬と別にかかる登記費用

司法書士への報酬と別にかかる登記費用では、「登録免許税」「登記完了後の登記事項証明の取得費用」がかかります。

登録免許税の費用

抵当権抹消登記の登録免許税は、不動産1個につき1,000円ですが例外で土地1筆と建物1棟の場合には、2,000円となります。

登記完了後の登記事項証明の取得費用

登記完了後の登記事項証明の取得費用は書面請求の場合は不動産1個につき600円ですが例外で土地1筆と建物1棟の場合には、1,200円となります。



司法書士へ代理してもらう際に手渡す費用の総額

司法書士へ対する支払う費用に12,643円〜16,746円、登録免許税の費用に1,000円〜2,000円、登記完了後の登記事項証明の取得費用に600円〜1,200円となります。

【参考費用】司法書士へ代理してもらう際に手渡す費用の総額:14,243円〜19,946円

『全てがわかる!』
不動産売却の費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:不動産売却の費用

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG