税理士

不動産売却の確定申告にかかる費用は?

不動産売却の確定申告にかかる費用について

税理士

不動産売却の確定申告にかかる費用では、自分で申告した場合は費用がかからず、税理士に依頼すると費用がかかります。


無料で適正価格・相場がわかる!
\ 一括査定は1分で完了! /

無料で不動産売却一括査定
はこちら


不動産売却の確定申告の税理士への費用は申告色によって異なる?

不動産売却の確定申告の税理士への支払う費用は申告色で変わりますが「白色申告」「青色申告」があります。まずは、それぞれの申告とは何かご紹介します。

白色申告とは?

白色申告とは、単式簿記の事務負担が軽い方法で経理処理を行える申告書です。

メリット

白色申告のメリットは、比較的に簡単に申告が行なえます。

デメリット

白色申告のデメリットは、特別控除を受けられないです。また、重い税負担となるため、青色申告のように赤字を3年間繰り返すことができません。

青色申告とは?

青色申告とは、複式簿記の手法に基づいて帳簿を記載し、その記帳から正しい所得や所得税及び法人税を計算してする申告書です。

メリット

青色申告のメリットは、収入から65万円を引くことができる特別控除が受けられます。また、赤字を3年間繰り返すことができ、利益が多くあった年で事業所得を0円として計上でき、課税もありません。また、貸倒し引当金の利用で課税対象額を低減させるために、まだ回収していない売掛金の一部を費用として計上することができます。そして、 家族従業員の給料を経費にすることができます。また、事業で使用する電化製品や営業車などを購入した際に、資産が30万円未満であれば一括で減価償却できます。また、家事按分利用で家賃や光熱費も経費として計上できます。

デメリット

青色申告のデメリットは、特別控除65万円を受けるには、複式簿記で帳簿をつけなくてはなりません。



不動産売却の確定申告の税理士への支払う費用

確定申告の税理士への支払う費用は、白色申告の場合は約50,000円〜100,000円が相場となります。また、青色申告の場合は、年間売上によって異なりますが、約50,000円〜300,000円が相場となります。

【参考費用】確定申告の税理士への支払う費用:約50,000円〜300,000円

白色申告で税理士へ支払う費用:約50,000円〜100,000円
青色申告で税理士へ支払う費用:約50,000円〜300,000円

『全てがわかる!』
不動産売却の費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:不動産売却の費用

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG