不動産購入の司法書士の費用はどのくらい?

  • 2019年12月25日
  • 不動産購入の司法書士の費用はどのくらい?

    不動産購入の司法書士の費用

    不動産購入で登記するのに司法書士に依頼するのが一般的ですが、自分で行うことも可能です。司法書士に依頼すると基本的に行ってくれるのが以下の3点となります。

    建物の所有権移転登記(建物の所有権の名義を変更する)抵当権設定登記(住宅ローンを組んだ場合に必要な登記)土地の所有権移転登記(土地の所有権の名義を変更する)

    これらを司法書士に依頼すると約40,000円〜200,000円が相場となります。

    【参考費用】司法書士の報酬額:約40,000円〜200,000円

    無料で未公開物件の取り寄せができる
    \ 物件紹介依頼は1分で完了! /

    無料で物件紹介の依頼はこちら

    司法書士報酬以外の実費

    司法書士に支払う報酬以外での実費は以下の5点となります。

    登録免許税

    登録免許税で登記費用が土地所有権移転登記18.0万円、建物所有権保存登記2.7万円、住宅ローン抵当権設定登記3.6万円かかります。

    【参考諸経費】登録免許税:243,000円

    登記事項証明書取得費

    登記事項証明書取得費は、登記完了後の登記簿謄本の取得費となり、通常は、お客様分と住宅ローンをご利用の場合には、その金融機関の分を取得することになり、費用は、1通につき450円〜600円かかります。

    【参考諸費用】登記事項証明書取得費:450円〜600円/通

    インターネット登記情報取得費

    インターネット登記情報取得費は、登記申請前等に司法書士が物件調査のために必ず確認しますので、その実費としてかかり、費用は、1通につき337円かかります。

    【参考諸費用】インターネット登記情報取得費:337円/通

    郵送費

    郵送費は、不動産登記申請の手続きでは書留郵便等の実費が多く発生し、不動産売買の登記では、約2,000円~4,000円前後となります。

    【参考諸費用】郵送費:約2,000円~4,000円前後

    住宅用家屋証明取得費

    住宅用家屋証明取得費は、買主が登録免許税の特例を受けるために必要になる書類となり、役所で1通につき、1,300円が相場となります。

    【参考諸費用】住宅用家屋証明取得費:約1,300円

    『全てがわかる!』
    不動産購入の費用に関する
    記事を全てまとめました
    のでご覧下さい。
    ↓↓↓
    参考:不動産購入の費用

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG