太陽光発電

土地活用の太陽光発電・パネルの全てがわかる!

土地活用の太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電

土地活用の太陽光発電する前にまずは、メリット・デメリットをご覧ください。

メリット

土地活用の太陽光発電のメリットは、年収が安定していて、電気の買い手を探す必要がなく、電気の専門知識がなくても運用できます。また、太陽光発電の設置や撤去は全てFIT制度が使えます。

FIT制度とは?

FIT制度とは、固定価格買い取り制度とも言いエネルギーの買い取り価格を法律で定める方式の助成制度のことを指します。

デメリット

土地活用の太陽光発電のデメリットは、もちろんのことですが日当たりが悪いと損をします。土地の状況によって初期投資の幅が広く、電気が通っている場所でしか設置できません。また、太陽光発電が多い地域だと出力抑制がかかる可能性があります。



太陽光発電を設置できない土地

太陽光発電を設置できない土地は、200㎡(60.5坪)以下の土地で、谷底などの日照時間が短い土地、車で行けないほどアクセスが悪い僻地となりこの場所では、太陽光発電の設置は不可能となります。



太陽光発電を始めるまでの期間

太陽光発電を始めるまでに、まずは現地調査を行い見積もり作成を行います。ここまでで約1ヶ月かかります。そして、施工開始から引き渡しまでにかかる期間が約6ヶ月となります。大きさにもよりますが、計7ヶ月〜1年は見といたほうがいいでしょう。



太陽光発電の土地活用の費用

費用

土地活用で太陽光発電の費用では、まずは、初期費用に太陽光発電の本体に規模にもよりますが、数百万円〜数千万円 かかります。また、土地が整地されていない場合は、平米単価で600円〜20,000円が相場となります。以後、メンテナンス費用は年間で約150,000円〜200,000円となります。



田舎の田んぼの太陽光発電の費用の例

田舎の田んぼの太陽光発電の費用では、面積を仮に500㎡とし基礎工事に約2,000,000円〜3,000,000円かかり、ソーラーパネルに約10,000,000円〜11,000,000円かかります。総額が約12,000,000円〜14,000,000円が相場となります。

【参考費用】田舎の田んぼの太陽光発電の費用:約12,000,000円〜14,000,000円

『全てがわかる!』
土地活用に関する記事を
全てまとめましたので
ご覧下さい。
↓↓↓
参考:土地活用の一覧

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG