土地購入の費用・諸費用の内訳

土地購入の諸費用や税金の内訳は?諸費用のシミュレーションや計算方法もご紹介します。

土地購入の費用・諸費用の内訳

土地購入の費用・諸費用の内訳

土地購入をした際にかかる諸費用や税金には様々な種類があります。

また、家を建築する前に把握しておくことで、理想の家づくりを行えることに繋がります。

土地購入時にかかる費用の相場

土地購入時にかかる費用は、一般的に土地価格の5%〜10%が相場となります。

【参考費用】土地購入時にかかる費用の相場:土地価格の5%〜10%

また、この内訳には、「仲介手数料」「登記費用」「測量費、表示登記費用」「ローン手数料や印紙代」「農地の転用が関係する場合」があります。

仲介手数料

仲介手数料とは、不動産会社を挟むことで紹介費として支払う金額となります。

支払う相場は売買価格の3%+6万円となります。

【参考相場】仲介手数料:3%+6万円

登記費用

登記費用とは、所有権移転をする際にかかる費用で、司法書士に代行依頼した場合にかかる費用となります。この費用に約5万円〜10万円が相場となります。

【参考費用】司法書士に代行依頼:約5万円〜10万円

また、司法書士代行費とは別に登録免許税がかかり、評価額に対して計算された費用を収入印紙で納付します。

測量費(表示登記費用)

測量費とは、土地家屋調査士に依頼し、境界を明確にしてもらいます。これらの費用には、確定測量費と表示登記申請費用がかかります。

ローン手数料

ローン手数料とは、ローンを組む際にかかる手数料と抵当権設定の登記費用がかかります。

農地転用

農地転用とは、農地を宅地用にする場合、農地法に基づく許可や届出が必要となります。

この申請は、代行で行政書士に依頼しますが、費用が10万円〜20万円が相場となります。

【参考費用】農地転用:10万円〜20万円

また、宅地用になった際に土地家屋調査士に土地の地目変更登記を依頼しなくてはいけません。この費用に土地1筆につき3万円〜4万円が相場となります。

【参考費用】土地の地目変更登記:3万円〜4万円

土地購入時後にかかる諸費用

土地に古家がある取り壊し費用

土地に古屋があり取り壊す費用の相場は、構造により異なりますが約3万円〜6万円が相場となります。

【参考費用】土地に古家がある取り壊し費用:約3万円〜6万円

インフラ整備にかかる費用

電気やガス、上下水道が通っていない場合は、100万円〜の費用がかかります。

また、一般的な住宅のガスの引き込みは無料で行ってもらえます。上下水道が通ってい場合は補助金が利用でき、浄化槽の設置が必要な場合は約60万円の費用がかかります。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


土地購入の税金の内訳・シミュレーションと計算方法

女性

土地購入時にかかる税金

土地購入時には、税金がかかってきます。一般的な消費税の他に幾つかありますのでご紹介します。

消費税

消費税は、土地購入の際にはかかりませんが、上記でご紹介した費用全てに消費税がかかります。

固定資産税

固定資産税で概算(半年分)となり、物件の引渡し日を基準に日割り精算をするのが一般的です。

不動産取得税

不動産取得税でこのケースでは、軽減措置を受けるには都道府県税務署に申告を行わなければならなく、要件を満たす建物を土地取得の日から3年以内に建てる必要があります。

資金贈与受けた場合の特例

贈与を受けた場合には非課税となる特例があり、祖父母や親の一部に限りがあります。

土地購入時にかかる税金のシミュレーション

登録免許税をシミュレーション

・土地の「固定資産税評価額」×1,000分の20
・2019年3月31までに登記を行った場合は、税率は「1,000分の15」です。
・床面積50平方メートル以上の建物等が建った土地であれば「1,000分の3」

例として、

【土地だけを購入】
固定資産税評価額が500万円:500万円×0.015=7.5万円
【住宅付きの土地を購入】
固定資産税評価額が500万円:500万円×0.003=1.5万円

消費税をシミュレーション

建物付きの土地を購入した場合は、消費税は10%かかります。

印紙税をシミュレーション

印紙税は契約金額によって異なります。

500万円〜1,000万円以下:5千円
1,000万円〜5,000万円以下:1万円
5,000万円〜1億円以下:3万円

固定資産税をシミュレーション

【住宅がある土地の場合】土地の評価額×6分の1×1.4%
例)(1,000万円×6分の1)×0.014=約2.3万円
【住宅がない土地の場合】土地の評価額×1.4%
例)1,000万円×0.014=14万円

不動産取得税をシミュレーション

不動産所得税:(土地の固定資産税評価額×2分の1)×各購入代金に応じた税率

例として、

固定資産税評価額1,000万円の土地:(1,000万円×2分の1)×0.03=15万円



注文住宅での土地を適正価格で購入する方法!

激安・格安

注文住宅での土地を適正価格で購入するには、相見積もりを取り、不動産会社等の見積もりを比較することです。

土地探しを依頼できる会社は、不動産会社など各県に数多く存在します。理想のプランや価格で対応してくれる会社を探すには、複数の不動産会社を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格を比較検討することを意味します。

土地購入を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で土地購入を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで適正価格で土地購入ができる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い不動産会社に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
土地購入に関する記事
を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:土地購入の全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG