地震対策

耐震シェルターの費用と価格の相場は?

耐震シェルターの費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
740,000円〜1,250,000円

耐震シェルターの費用の相場ですが、耐震シェルターには「本体価格」「施工費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



耐震シェルターについて

地震対策

耐震シェルターの工事をする前にまずは、耐震シェルターのメリット・デメリット、種類、補助金をご覧ください。

耐震シェルターとは?

耐震シェルターとは、地震で家が倒壊しても耐震シェルターが設置されたスペースだけは守ってくれる装置です。

メリット

耐震シェルターのメリットは、部分的に設置ができるため費用を抑える事ができます。また、リフォーム工事も在宅可能の状態でできます。工事期間は、通常の耐震工事に比べ短い期間でリフォームが完了します。耐震シェルターは、使い回しができる。

デメリット

耐震シェルターのデメリットは、部分的に設置するため限定的な耐震補助となる。設置する際に窓がなくなる場合もあり、人によっては圧迫感を感じたり閉塞感を感じたりする場合もある。



耐震シェルターの種類

耐震シェルターには、2つの「簡易耐震シェルター」「木造組み立て式耐震シェルター」があります。それぞれをご紹介します。

簡易耐震シェルター

簡易耐震シェルター

簡易耐震シェルターは、ベッド型になっており、自分で組み立てることができます。 耐荷重は約65トンという耐圧試験の結果を得ており安心してお使いいただけます。

価格:約600,000円

木造組み立て式耐震シェルター

剛建

木造組み立て式耐震シェルターは、床を補強した後、室内に運び込んだ柱や壁を組み立てて完成させるタイプです。施工期間も1日〜2日程度でできます。



耐震シェルターの補助金

木の家と人

補助金で耐震シェルターが設置できると負担が軽減されて助かりますよね。各都道府県で補助金がでるかは、さまざまですが補助金の条件を満たしていれば耐震シェルターのリフォームの工事は適用されます。

補助金の対象者

50歳以上の高齢者と同居している、または、要介護・要支援者と認定されている、もしくは、所得税法上の障害者とされている方が対象者となります



耐震シェルターの費用

女性

耐震シェルターの費用では、約740,000円〜1,250,000円が相場となります。この費用の大差は6畳〜10畳のサイズで異なるものです。

【参考費用】耐震シェルターの費用:約740,000円〜1,250,000円

以下に耐震シェルターの内訳をご紹介します。

耐震シェルターの本体価格

本体価格のサイズは6畳〜10畳タイプになります。

【参考価格】耐震シェルターの本体価格:約340,000円〜450,000円

耐震シェルターを設置する費用

設置する費用のサイズは6畳〜10畳タイプになります。工事の費用には、解体工事や床の補強工事が必要な場合は費用が異なります。

【参考費用】耐震シェルターを設置する費用:約400,000円〜800,000円


自作・DIYで耐震シェルターを造作ができる?

DIY

素人で建築経験がない方が耐震シェルターを造作するのは、おすすめできません。木材だけで組み立てるのは簡単ですが、耐久性のことまで考えて造作するのは難しいです。安全性を確保するためにも、自作で耐震シェルターを作ることはやめたほうが良いです。


『全てがわかる!』
耐震リフォームの費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:耐震リフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG