2台分の車庫

車庫・ガレージの2台分の費用と価格の相場は?

車庫・ガレージの2台の費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
2,800,000円〜3,500,000円

車庫・ガレージの2台分の費用の相場ですが、「材料費用」「施工費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



車庫・ガレージの2台分のリフォームについて

2台分の車庫

車庫・ガレージの2台分のリフォームをする前にまずは、ガレージ・車庫のメリット・デメリットをご覧ください。

ガレージ・車庫とは?

ガレージ・車庫とは、車・バイクの駐車場を止める場所です。また、ビルトインガレージは建物の中にある駐車場というのが特徴です。

メリット

ガレージ・車庫のメリットととして挙げられるのが、「車の乗り降りで雨に濡れない」「紫外線での車の劣化の進行を抑えれる」「夏場の車内の熱気が軽減される」「冬場の車内の冷気、霜が軽減される」「シャッター付きだと防犯性が高い」等があります。

デメリット

ガレージ・車庫のデメリットととして挙げられるのが、「家の1階スペースを使うので部屋の面積が狭くなる」「ビルトインガレージのリフォームに伴い強度工事の費用が高くつく」「車の音が2階まで響く」「車の排気ガスがこもる」「シャッターがない場合、死角となるので防犯性に掛ける」等があります。



車庫・ガレージの2台分の費用

女性

車庫・ガレージの2台分の費用では、増築するスペースがある前提として約2,800,000円〜3,500,000円が相場となります。この費用には、敷地処理、ガレージを作る費用、シャッター設置、コンクリート敷き、諸経費が含まれます。

【参考費用】車庫・ガレージの2台分の費用:約2,800,000円〜3,500,000円


ガレージ・車庫のDIYの費用はどのくらい?

DIY

自作でガレージ・車庫のDIYでできるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で材料を揃えないといけません。しかし、実際は材料を購入した金額とプロのガレージの施工の金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。まずは、材料を揃える金額はいくらになるかを見ていきましょう。

DIYで単管パイプでガレージ・車庫を造作する為の材料の費用

単管パイプで車庫・車庫をつくる材料は3点です。

単管パイプ

商品名:単管パイプ 3m

価格:約3,000円

単管ブロック

商品名:単管ブロック

価格:約5,000円

万能防水シート

商品名:防水シート

価格:約9,000円

ガレージ・車庫の材料の費用

単管パイプでガレージ・車庫を組みてると、材料の費用が約53,000円で購入ができます。

【参考費用】ガレージ・車庫の材料の費用:約53,000円

DIYとプロの費用を比較

施工業者が高くなる程、差額が出てきます。安い業者の場合、322,000円の差額でした。高い業者ですと667,000円の差額です。

【参考費用】DIYとプロの費用を比較:約327,000円〜667,000円

DIYでガレージを作る場合の費用:約53,000円
プロがガレージを設置する場合の費用:約380,000円〜720,000円

『全てがわかる!』
駐車場・ガレージリフォーム
の費用に関する記事を全て
まとめましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:駐車場・ガレージのリフォームする費用と価格と相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

以下をクリックするとホームへ移動します。そこから一括見積もり依頼へお進み下さい。

CTR IMG