部屋の間取り変更のリフォームの費用相場は?内訳やビフォーアフター施行事例もご紹介!

  • 2023年3月20日
    【PR】タウンライフ
  •        

部屋の間取り変更の費用の相場

コンシェルジュ

材料費用+施工費用=
130,000円〜450,000円

部屋の間取り変更の費用の相場ですが、「材料費用」「施工費用」があります。それらを総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細を載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。

部屋・収納リフォームどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /
【PR】タウンライフ

部屋の間取り変更のリフォームについて

部屋の間取り変更

部屋の間取り変更のリフォームをする時に、失敗や後悔しない為にもあらかじめ知っておきたい基礎知識についてご紹介します。

間取り変更には制限がある

「戸建て」と「マンション」の構造は異なり、更に各建物の構造にも違いがあります。大きく分けて、「」「梁・柱・筋交い」の2つの構造があり、「壁」で建物を支えている場合は、耐震性の問題で間仕切り壁を撤去できず、間取り変更に制限があります。

間取り変更のリフォームを検討中の場合は、業者に家の構造を確認し、「耐震性能が落ちないのか」、その際に「耐震補強工事が必要となり費用が高額とならないか」等、確認する必要があります。

マンションの管理規約と注意点

マンションでは、「共有部」「専有部」の2つがあり、一般的に専有部のみリフォームが可能となります。

床は、自由に好みの床材を選ぶことができず、管理規約で「遮音等級」が指定されており、下の階に響かないように制限が設けられています。

また、天井や床下に「空間の有無」で、配管や配線などの移動が可能か決まり、空間がない場合は、間取り変更ができない場合もあります。

いずれにしても、リフォームする際は専有部であっても申請は必要なので忘れずに行いましょう。

部屋・収納リフォームどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /
【PR】タウンライフ

部屋の間取り変更のリフォームの費用と内訳

女性

部屋の間取り変更のリフォームの費用は、約130,000円〜450,000円が相場となります。

間取り変更の基本ベースとなる工事は、部屋を仕切る「壁の撤去」「壁の造作」となります。

リフォーム内容費用相場
壁を撤去する(補修も含む)約100,000円〜250,000円
間仕切り壁を作る約80,000円〜250,000円

基本ベース以外に付随するリフォームは以下となります。

付随リフォーム内容費用相場
壁紙の張替え約500~1,200円/㎡
床の張替え約2,600円〜50,000円/㎡
ドアの増設約100,000円〜200,000円/戸
クローゼットの増設約100,000円〜500,000円/箇
ウォークインクローゼットの増設約200,000円〜800,000円/箇
窓の増設約100,000円〜300,000円/箇
内窓の増設約100,000円〜200,000円/箇
照明の増設約10,000円〜30,000円/箇
コンセント増設約15,000円〜20,000円/箇
エアコン設置約60,000円〜200,000円/基
【水回り】
キッチン約500,000円〜2,500,000円
浴室約500,000円〜1,500,000円
洗面所約100,000円〜500,000円
トイレ約100,000円〜300,000円

以下で各費用をご紹介します。

2部屋を1部屋にする費用

2部屋を1部屋にする間取り変更の間取り図

2部屋を1部屋にするリフォームは、2部屋の壁を撤去して1部屋につなげるリフォームとなり、壁撤去にかかる費用が約100,000円〜250,000円で壁紙の補修工事の費用が約25,000円〜75,000円となります。

総額が約125,000円〜325,000円となります。

2部屋を3部屋にリフォームする費用

2部屋を3部屋にする間取り図

2部屋を3部屋にリフォームは、2部屋の間仕切り壁を撤去して、新設で「2つの間仕切り壁」と「3つのドアの設置」のリフォームが必要となり、壁撤去・新設設置にかかる費用が約160,000円から500,000円で壁紙の補修工事の費用が約35,000円〜100,000円となり、ドア3つの枠から造作設置で約180,000円〜480,000円が相場となります。総額が約375,000円〜1,080,000円となります。

廊下をなくすリフォーム費用

廊下をなくすリフォーム費用は、約200,000円〜400,000円が相場となります。

この費用では、3㎡〜10㎡程の廊下となり部屋と廊下の仕切壁の撤去、その後の壁床の補修費用が含まれています。

間取り変更して廊下をなくす

廊下をなくす間取り変更の間取り図
・キッチン移動と伴い新設設置
・LDKをウォークインクローゼットと寝室の変更
・洋室2間と廊下をLDKへ変更

廊下をなくすついでに間取りも変更した場合、約2,500,000円〜3,000,000円が相場となります。

廊下をなくす・拡張(増築)する費用の相場は?

壁を撤去して「リビングを広くする」間取り変更する費用

リビングを広くする間取り変更の間取り図

壁を撤去するよくある例が、「リビングの8畳」とキッチンが隣接する「ダイニング7畳」の間仕切り壁を撤去して「14畳の広いリビング」へ間取り変更する費用例です。

壁を撤去する費用は、約100,000円〜250,000円がかかりその後の付随工事の壁紙クロス張替えで約35,000円〜59,500円となります。合計、約135,000円〜310,000円となります。

子供部屋に間仕切り壁を作り2つの部屋にする間取り変更する費用

1部屋を2部屋にする間取り変更の間取り図

子ども部屋で間仕切り壁を作り2つの部屋にしたいよくある例ですが、10畳ある1つの子供部屋を2つに「5畳ずつに分ける」費用が、約80,000円〜250,000円かかり、その後の付随工事でドアを増設する場合は約100,000円〜200,000円となります。総額が約180,000円〜450,000円となります。

15畳を3つの部屋に間仕切り

1部屋を3部屋にする間取り変更の間取り図

3つの部屋へ3畳ずつ間仕切りする場合、約250,000円〜550,000円が相場となります。

子供部屋のリフォームの費用と価格の相場は?

造作壁以外の「間仕切り」の費用

一般的に間仕切り壁を造作しますが、壁の変わりに「スリットスライダー」や「パーテーションパネル・スクリーンウォール」で間仕切る方法もあります。開け閉めができる間仕切りは、部屋の用途が様々な方には便利なアイテムです。

・スリットスライダーの引き戸の場合、子供部屋を2つにしたいが5年も立たない内に出ていくなどに設置
・アコーディオンカーテンを設置する方は、寝室の広い部屋を少し狭くして「眠りに集中」できるように設置

スリットスライダーで間仕切る費用約150,000円〜300,000円
スクリーンウォールで間仕切る費用約150,000円〜200,000円
アコーディオンカーテン・ドアで間仕切る費用約30,000円〜50,000円

間取り変更の費用を安く抑えるポイント

ポイント

費用を安くするコツですが、大抵のリフォームに共通するポイントの5つ「水回り設備の変更」「移動のリフォーム」「商品のみを購入」「自社施工業者」「DIYをする」をご紹介します。

水回り設備の変更

間取り変更の際に水回りの新設を一緒にしただけでも約50万円〜別途必要となり、できるだけ設備は再利用するようにしましょう。

移動のリフォーム

階段や水回りの移動は、大が掛かり工事を伴う為、「移動系の工事」を避けることで費用を大きく抑えることができます。

商品のみを購入

ネットやホームセンターで安く本体商品のみを購入して、施工業者に依頼します。ただし、注意点として商品の持ち込みで施工してくれない業者もいます。また、施工はしてくれるがアフターサービスがなかったりする場合もあるので2点を注意して事前確認をしてから依頼をしましょう。

自社施工業者

手広くしている会社に依頼すると「下請け業者(自社施工業者)」に依頼することが多いのですが、この「下請け業者」へ直接依頼することで中間マージンをカットでき約1割以上、安くなることがザラにあります。

DIYをする

自分で施工することで半値ほどの費用に抑えることができます。ただし、リスクがありDIYでする場合は時間も労力もかかり、失敗した時は金銭的負担が大きく全て自己責任となります。リスクも承知の上で行いましょう。

注意点として、「コンセント」は電気工事士の資格が必要となるなる為できません。免許を取るか、部分的に業者に依頼しましょう。

部屋・収納リフォームどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /
【PR】タウンライフ

間取り変更のビフォーアフター施工事例【画像・費用】

ビフォーアフター

間取り変更のビフォーアフター施工事例【画像・費用】を一部以下でご紹介します。

壁リフォーム施工事例壁リフォーム施工事例

12畳の部屋をふた部屋に間仕切り壁を設置したリフォーム施工事例

800,000

間仕切り壁

子ども部屋

壁リフォーム施工事例壁リフォーム施工事例

ドア枠の間に間仕切り壁を設置したリフォーム施工事例

200,000

間仕切り壁

壁リフォーム施工事例壁リフォーム施工事例

子供部屋に間仕切り壁を設置したリフォーム施工事例

130,000

間仕切り壁

子供部屋

壁リフォームのビフォーアフター施工事例【画像・費用】

間取り変更のリフォーム業者の選ぶポイントは?

業者

業者を選ぶポイントは、「特化した専門業者」「実績が豊富」「アフターサービス」「瑕疵保険加入会社」の4点が重要となります。

特化した専門業者

業者にも得意不得意があるので得意でない仕事を依頼した場合、納得のいく仕上がりにしてもらえなかったり、工事も雑な仕上がりの場合があります。また、専門業者でない会社に依頼すると下請けに出す会社もおり、中間マージンを上乗せするので費用が嵩む、何かあっても丸投げなので責任を取ってもらえないという事態になる場合もあります。

実績が豊富

実績が豊富な会社を選ぶのが安心です。確認方法は、HPに施工事例があるか、毎度更新されているか確認しましょう。きっちり更新されている会社は、仕事のきっちり度合いにも繋がってきます。

アフターサービス

アフターサービスがしっかりしていると施工後の修理を無料でしてくれたり、定期的に確認をしにきてくれたりします。アフターサービスが悪いと有償の修理であったり、施工後に見つかった業者のミスでも自腹で負担させられる場合があります。

瑕疵保険加入会社

瑕疵保険とは、工事中に業者が何かを破損させてしまった場合に利用できる保険です。これに入っていない場合、高額な修理費用も自腹で負担しないといけない場合があります。

部屋・収納リフォームどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /
【PR】タウンライフ

部屋の間取り変更のリフォームを激安・格安でするには?

激安・格安

部屋の間取り変更のリフォームを激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。


全てのリフォームに適用!リフォームを激安・格安にする方法は?

部屋の間取り変更のリフォームを依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

部屋の間取り変更のリフォームを安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが難しく最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で部屋の間取り変更のリフォームを行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用しましょう。

一括見積もり無料サービスで安く部屋の間取り変更のリフォームをできる優良業者を探す!

一括見積もり無料サービスとは、部屋リフォームを得意としている優良会社の見積もりを複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。


一括見積もりで費用を比較

一括見積もり無料サービスの良いところは?

Check!
  1. 部屋の小さな修理工事から一括見積り依頼が無料でできる!
  2. 各会社にお断りの連絡は自分でしなくていい!
  3. 見積もり金額や会社が気に入らなければ『全キャンセル』も無料で可能!
  4. メールで全て完結してお悩みは解決!
  5. 相場より費用を1割以上抑えることができる!
  6. 自分で探さなくても各県の優良会社と見積りが簡単に手に入る!
  7. 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
  8. 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
  9. 厳しく審査された'優良リフォーム会社'やメーカー・工務店のみの見積もりが請求できる!
  10. 具体的に決まっていない場合は『相談だけ』でもOK!もちろん完全無料!
  11. 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!
5分に1人が依頼!
3分でスグに申込み完了!
具体的に決まっていなくても、まずはお気軽にご相談ください。
【PR】タウンライフ


『全てがわかる!』
部屋リフォームの費用に関する記事を全てまとめましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:部屋リフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG