駐車場の屋根

駐車場・車庫の屋根の費用と相場の価格は?

駐車場・車庫の屋根の費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
200,000円〜720,000円

駐車場・車庫の屋根の費用の相場ですが、屋根となるカーポートの費用には、「駐車場・車庫の屋根の後付けの設置の費用」「駐車場・車庫の屋根の修理の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



駐車場・車庫の屋根の工事について

駐車場の屋根

駐車場の屋根の工事をする前にまずは、屋根のメリット・デメリット、駐車場の屋根の種類、駐車場の屋根の建ぺい率・固定資産税についてご覧ください。

駐車場の屋根のカーポートの特徴は?

カーポートの作りは、骨組みの柱と屋根でできた簡易なものですが、丈夫で災害で倒れないように設計されています。また、デザインもスタイリッシュな物が多く人目に付くカーポートであってオシャレアイテムとしてリフォームしてる方も多いです。

カーポートのメリット

カーポートのメリットととして挙げられるのが、「紫外線で車の劣化の進行を抑えれる」「雨の日の車の乗り降りで濡れにくい」「オシャレアイテムになる」「夏場の車内の熱気が軽減される」「冬場の車内の冷気、霜が軽減される」等があります。

カーポートのデメリット

カーポートのデメリットとして挙げられるのが、「通り道に柱が立つ為、邪魔になる」「劣化の進行度合いで台風時に屋根が飛ぶ可能性がある」「駐車場に屋根が付くので圧迫感がでる」「防犯性は低い」等があります。

駐車場の屋根の種類には3つある?

駐車場の屋根の種類には、屋根の形状によって台数も限りがあります。

片側支持タイプ

片側支持タイプのカーポート

片側支持タイプとは、片側の柱に梁が付いて屋根を支えるタイプです。

2台縦並びに停めれる

片側支持タイプは、1台以上止める場合は、縦に並べて入れることになります。最大駐車台数は敷地の面積によりますが、一般的には2台までとなります。

背面支持タイプ

背面支持タイプのカーポート

背面支持タイプとは、背面の柱に梁が付いて屋根を支えるタイプです。

2台横並びに停めれる

背面支持タイプは、1台以上止める場合は、横に並べて入れることになります。最大駐車台数は敷地の面積によりますが、一般的には2台までとなります。

両側支持タイプ

両側支持タイプのカーポート

両側支持タイプとは、両側の柱に梁が付いて屋根を支えるタイプです。

3台横並びに停めれる

両側支持タイプは、1台以上止める場合は、横に並べるて入れることになります。最大駐車台数は敷地の面積によりますが、一般的には2台〜3台までとなります。

駐車場の屋根の建ぺい率

駐車場の屋根は、10㎡以上の面積であれば確認申請を行わなければなりません。まずは申請条件などを把握しましょう。

駐車場の屋根を考える前に建ぺい率を確認しよう

駐車場の屋根を考える前に「建ぺい率」の計算をして面積から増築面積がオーバしないか確認しましょう。

建ぺい率=(建築面積÷敷地面積)×100
10㎡以上の面積の場合あらかじめ確認申請をしよう

10㎡以上の面積の場合、自治体の確認申請が定められているので、増築イメージする前にリフォーム会社に確認しましょう。

駐車場の屋根の確認申請の必要な条件

駐車場の屋根ですが、確認申請をしなくてはならない場合があります。駐車場の屋根を設置するために確認申請を行政に提出するのですが、以下の条件に満たす場合は申請しなくてもいいです。

・10㎡以下の面積の場合。
・建物所在地が防火地域、準防火地域になっていない場合。

もし確認申請をする場合、知識がないと提出できない書類が多いためリフォーム会社に依頼する場合が多いです。依頼する場合の費用が約150,000円〜200,000円となります。

確認申請依頼費用:約150,000円〜200,000円

駐車場の屋根の固定資産税

駐車場の屋根の固定資産税は課税対象の条件に当てはまらない為にかかりません。課税対象となる条件は、3つあります。

課税対象

3方向以上を鉄で囲まれている
基礎が地面に固定されている
屋根がある


駐車場・車庫の屋根の費用

女性

駐車場・車庫の屋根の費用では、「駐車場・車庫の屋根の後付けの設置の費用」「駐車場・車庫の屋根の修理の費用」があります。まずは、屋根となるカーポートの本体価格からご紹介します。

カーポートの片側支持・背面支持タイプ

カーポートの片側支持・背面支持タイプは、1台〜2台が停めれるカーポートです。価格が約150,000円〜300,000円となります。

【参考価格】カーポートの片側支持・背面支持タイプ:約150,000円〜300,000円

カーポートの両側支持タイプ

カーポートの両側支持タイプは、1台〜3台が停めれるカーポートです。価格が約300,000円〜600,000円となります。

【参考価格】カーポートの両側支持タイプ:約300,000円〜600,000円

屋根の耐候性のオプション価格

屋根の耐候性とは、風、雪、紫外線に耐える性能のことです。これらの性能は、地域によって必要とされるのは、さまざまなのでオプションとなります。

【参考価格】屋根の耐候性のオプション価格

積雪50センチメートルタイプ:約1,000円
積雪100センチメートルタイプ:約30,000円
積雪150センチメートルタイプ:約80,000円
積雪200センチメートルタイプ:約140,000円

UVカット性能:約150,000円
遮熱性能:約20,000円
支柱の強度アップ:約20,000円


駐車場・車庫の屋根の後付けの設置の費用

駐車場・車庫の屋根の後付けの設置の費用では、片側支持・背面支持タイプは約50,000円〜80,000円となり、両側支持タイプは約80,000円〜120,000円が相場となります。ここに本体価格の約150,000円〜600,000円を足すと総額費用が約200,000円〜720,000円となります。

【参考費用】駐車場・車庫の屋根の後付けの設置の費用:約50,000円〜120,000円


駐車場・車庫の屋根の修理の費用

駐車場・車庫の屋根の修理の費用では、カーポートの屋根のパネルの修理・交換の費用には、1枚あたり約8,000円〜15,000円が相場となります。また、カーポートのアルミ枠が割れてる場合の修理の費用は約15,000円〜30,000円となります。

【参考費用】駐車場・車庫の屋根の修理の費用:約8,000円〜30,000円


駐車場・車庫に単管パイプで屋根をDIY(自分で)する費用はどのくらい?

DIY

駐車場・車庫に単管パイプで屋根をDIYで自分できるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で道具や材料を揃えないといけません。しかし、実際は道具と施工材料を購入した金額とプロ業者の屋根を設置する金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。まずは、材料を揃える金額からいくらになるかを見ていきましょう。因みにプロと比較しやすいように両側支持タイプの屋根とします。

DIYで単管パイプで駐車場の屋根を造作する為の材料の費用

単管パイプで車庫をつくる材料は3点です。

単管パイプ

商品名:単管パイプ 3m

価格:約3,000円

単管ブロック

商品名:単管ブロック

価格:約5,000円

万能防水シート

商品名:防水シート

価格:約9,000円

DIYの総額費用

単管パイプで車庫を組みてると、材料の費用が約53,000円で購入ができます。

参考費用:約53,000円

DIYとプロの費用を比較

施工業者が高くなる程、差額が出てきます。安い業者の場合、322,000円の差額でした。高い業者ですと667,000円の差額です。

参考費用:
DIYで車庫の屋根を作る場合の費用=約53,000円
プロが車庫の屋根を取り付ける場合の費用=約380,000円〜720,000円


『全てがわかる!』
屋根のリフォームの費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
屋根のリフォーム工事の費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG