家電製品

キッチンのコンセントを増設する費用と価格の相場は?

キッチンのコンセントを増設する費用の相場

OL

本体・材料費用+施工費用=
15,000円〜25,000円

キッチンのコンセントを増設する費用の相場ですが、約15,000円〜25,000円となります。総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



キッチンのコンセントを増設について

家電製品

キッチンのコンセントを増設したいという状況は、背面収納(カップボード)や壁面収納のカウンターに家電製品を置く際にコンセントが無い場合やコンセントはあるけど配線が届かないと言うことが挙げられます。まずは、コンセントの増設の施工方法をご紹介した後に消費電力が大きい家電製品をご紹介したいと思います。

キッチンにコンセントを増設する施工方法

キッチンにコンセントを増設する施工方法が2つあります。近くのコンセントから分技して電気を貰う方法と分電盤から直接電気を引く方法があります。2つはどのように違うかというと分技の場合は、タコセンみたいなもので1つのコンセントが1500w使えるので分技すると750wの電力のコンセントとなります。一方、分電盤から直接電気を引くと1500w使えるコンセントとなります。キッチンのコンセント基本的に消費電力が多い為に分電盤から引くことをおすすめします。また、スマホなどの消費が小さいものだけを使いたくてコンセントを増設する場合は分技でも問題ないです。

消費電力が大きいキッチンの家電

IH調理器は断トツの3000wとかなりの消費量を持つ家電です。次に1300wがあるオーブントースターや電子レンジ、ホットプレート、食器洗浄機、電気ケトル、炊飯器となります。これらの電気の消費量が多い家電製品を1つのコンセントに繋ぐと確実にブレーカーが落ちます。

消費量が多いキッチンの家電の対策

家電製品が多いお家は、コンセントを増やす必要があります。ただ増やすだけではなく分電盤から新たに配線を増設する必要があります。消費電力が多い家電製品に対して専用コンセントを設けましょう。

キッチンにコンセントを増設する箇所のポイント

キッチンにコンセントを増設する箇所はキッチン台や背面収納のカウンターの天板の端から20cm〜30cmの箇所に設置すると良いでしょう。20cm〜30cmと言うのは家電製品のコードの長さとなります。

増設する前にコンセント口数をイメージ確認

増設する前にコンセントがいくつ必要なのかイメージしましょう。一般的にカウンターやキッチン台に置かれる家電製品は、据え置き型の食洗機、電子レンジ、オープントースター、電気ケトル等が挙げられます。

1つのコンセントに1つの家電製品の注意点

よく勘違いされるのがコンセントに4つ差し口あると1つずつ分離されているから4つのコードが指せると思いがちですが、1つのプレートに対し差し込み口が4つあっても分電盤からは1つの配線で繋いでいる為、使える電力は1500wが最大数とわかっておきましょう。ですので、先程、述べたように1300wある家電を使用する場合は1つの差し込み口しか使えません。もし、1300wの家電製品が5つあるなら分電盤から5つの配線を繋げる必要があります。

家電製品をよく使用するキッチンにはコンセントをアース付きの物を選ぶ

アースとは、家電製品のコンセントから緑色か黄色の配線が出ているのを見たことがあると思いますが、それがアースです。そのアースをコンセントのアース接続部に取り付けておくことで、落雷や電磁波、ノイズ等を地面へ逃してくれるため感電被害を防ぎます。必ず設置しときましょう。



キッチンのコンセントを増設する費用相場

女性

ここからは、キッチンのコンセントを増設する費用をご紹介します。コンセントの増設方法の分技と直繋ぎの2点がありますのでそれぞれ分けて順番にみていきましょう。

増設をコンセントから分技する費用

キッチン付近のコンセントから分技する場合、作業も非常にスムーズに行えて作業時間は約1時間程で完了します。施工費用は約15,000円〜20,000円です。

参考費用:約15,000円〜20,000円

また、2、3本と増設したい場合は、プラス約3,000円/本が施工費用に追加されます。

増設を分電盤から配線を引く費用

分電盤から配線を引く場合は、分技するより時間がかかるため少し費用が過さみます。施工費用は約20,000円〜25,000円となります。

参考費用:約20,000円〜25,000円

また、こちらの参考費用は、1本の施工費用としてご紹介してますが、2、3本と必要な場合、プラス5,000円と上乗せされる場合が多いです。材料費の配線でも1本、約3,000円はかかります。



DIY・自分でキッチンのコンセントを増設する費用はどのくらい?

DIYする女性

キッチンのコンセントの増設をDIYでできるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で道具や材料を揃えないといけません。しかし、実際は道具と施工材料を購入した金額とプロのコンセントの増設の金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。今回の検証は、分技と分電盤から引く場合の平均費用を出しています。まずは、道具と材料を揃える金額からいくらになるかを見ていきましょう。

DIYする前の注意点

コンセントを増設するには電気工事士の資格が必要となります。ですので、持っていない場合は電気屋さんに施工依頼するのが良いです。

DIYでキッチンのコンセントを増設する為の道具と材料の費用

キッチンのコンセントを増設するのに材料は2点のコンセントとケーブルです。道具は電気工事専用道具をセットで購入します。

コンセント

商品名:パナソニック コスモワイド埋込ダブルコンセント

価格:約500円

ケーブル

商品名:VVFケーブル

価格:約1,200円

電気工具

商品名:電気工事工具セット

価格:約10,000円

DIYの総額費用

キッチンのコンセントを増設すると、道具が約10,000円で材料の費用が約1,700円で購入ができます。

参考費用:コンセント増設の道具+施工材料=約11,700円

DIYとプロの費用を比較

施工業者が高くなる程、差額が出てきます。安い業者の場合、3,300円の差額でした。高い業者ですと13,300円の差額です。

参考費用:
DIYでコンセントを増設した場合の費用=約11,700円
プロがコンセントを増設した場合の費用=約15,000円〜25,000円

DIYの施工材料と道具を購入する


『全てがわかる!』
キッチンのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG