キッチンパントリーの費用と価格の相場は?

  • 2023年1月23日
  • キッチンパントリーの費用の相場

    コンシェルジュ

    材料費用+施工費用=
    60,000円〜1,600,000円

    キッチンパントリーの費用の相場ですが、「材料費用」「施工費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細を載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。

    キッチンリフォームどこに頼めばいいの?
    \ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

    キッチンパントリーのリフォームについて

    キッチンパントリー

    キッチンパントリーのリフォームをする前に失敗や後悔しない為にもパントリーについてをご紹介します。

    キッチンパントリーとは?

    キッチンパントリーとは、日常よく使用する家電製品や食料を保管する場所となります。設置箇所は、キッチン付近となります。

    メリット

    キッチンパントリーのメリットは、キッチンのワークスペースや収納場所をゆとりを持って使用できることです。あまり必要ではない調理器具をパントリーへ格納し必要な時だけスグに取り出せるのがパントリーです。格納場所があることで食材の買い溜めもできるので買い物の回数を減らすことも可能です。

    デメリット

    キッチンパントリーのデメリットは、食品を買い溜めして格納した場合、温度・湿度調整を行わないとカビを繁殖させる原因となります。買い溜めする際はしっかりと食材の配置を把握し管理しなくてはいけません。

    キッチンパントリーの種類

    キッチンパントリーには、「壁面収納タイプ」「ウォークインクローゼットタイプ」があります。

    壁面収納タイプは、壁に棚が設置されたパントリとなり、ウォークインクローゼットタイプに比べ食品や調理器具など格納ができません。

    リフォーム期間は約2日〜3日かかります。

    ウォークインクローゼットタイプは、食品庫として1つの部屋が設けられているので大量の食品・調理器具・家電製品なども収納することができます。

    リフォーム期間は、4日〜6日かかります。

    キッチンリフォームどこに頼めばいいの?
    \ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

    キッチンパントリーのリフォームの費用

    女性

    キッチンパントリーのリフォームの費用は、約60,000円〜1,6000,000円が相場となります。以下で各費用をご紹介します。

    壁面収納タイプの費用

    キッチンパントリー・壁面収納

    壁面収納タイプの費用では、壁をくり抜き下地作業を行い内装工事を経て棚を設置します。これらの費用に約60,000円〜200,000円が相場となります。サイズによって費用は大きく異なります。

    ここまでの費用は扉が設置されていないタイプとなり、固定式の扉、可動式のスライド扉を設置する場合は別途で約30,000円〜60,000円が必要となります。

    【参考費用】壁面収納タイプの費用:約60,000円〜200,000円

    ウォークインクローゼットタイプの費用

    キッチンパントリー・ウォークインクローゼット

    ウォークインクローゼットタイプの費用では、壁を解体して下地造作を施し内装工事が完了したら電気設備系統を設置します。これらにかかる費用は約200,000円〜500,000円が相場となります。

    また、湿気対策で換気扇を設置する場合、別途で約50,000円〜80,000円はみておきましょう。

    【参考費用】ウォークインクローゼットタイプの費用:約200,000円〜500,000円

    キッチンパントリーをあとから作る費用(増築する費用)

    キッチンパントリーをあとから作ろうとキッチン周りにパントリースペースを確保できない場合は庭に増築することになります。

    キッチンパントリーの増築の費用では、約700,000円〜1,000,000円が相場はとなります。この費用では、部屋のサイズが1坪で収納の数によって費用に大差がでます。

    【参考費用】キッチンパントリーの増築の費用:約700,000円〜1,000,000円

    1坪のキッチンパントリーの増築の費用:約700,000円〜1,000,000円
    2坪のキッチンパントリーの増築の費用:約1,000,000円〜1,400,000円
    3坪のキッチンパントリーの増築の費用:約1,400,000円〜1,600,000円

    キッチンパントリー内の可動棚のみの費用

    キッチンパントリー内に可動棚のみを設置する費用は、約30,000円〜100,000円が相場となります。サイズによって費用も異なります。

    【参考費用】キッチンパントリー内の可動棚のみの費用:約30,000円〜100,000円

    キッチンパントリーに勝手口を設置する費用

    キッチンパントリー内の勝手口を新設・増設するには、まず、壁を解体して補強工事を行います。これにかかる費用が約100,000円〜1,000,000円と築年数によって異なります。また、勝手口を取り付ける費用に約100,000円〜200,000円となります。

    【参考費用】勝手口の新設・増設・増築の費用:約200,000円〜1,200,000円
    キッチンリフォームどこに頼めばいいの?
    \ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

    キッチンパントリー設置の業者の選ぶポイントは?

    業者

    業者を選ぶポイントは、「特化した専門業者」「実績が豊富」「アフターサービス」「瑕疵保険加入会社」の4点が重要となります。

    特化した専門業者

    業者にも得意不得意があるので得意でない仕事を依頼した場合、納得のいく仕上がりにしてもらえなかったり、工事も雑な仕上がりの場合があります。また、専門業者でない会社に依頼すると下請けに出す会社もおり、中間マージンを上乗せするので費用が嵩む、何かあっても丸投げなので責任を取ってもらえないという事態になる場合もあります。

    実績が豊富

    実績が豊富な会社を選ぶのが安心です。確認方法は、HPに施工事例があるか、毎度更新されているか確認しましょう。きっちり更新されている会社は、仕事のきっちり度合いにも繋がってきます。

    アフターサービス

    アフターサービスがしっかりしていると施工後の修理を無料でしてくれたり、定期的に確認をしにきてくれたりします。アフターサービスが悪いと有償の修理であったり、施工後に見つかった業者のミスでも自腹で負担させられる場合があります。

    瑕疵保険加入会社

    瑕疵保険とは、工事中に業者が何かを破損させてしまった場合に利用できる保険です。これに入っていない場合、高額な修理費用も自腹で負担しないといけない場合があります。

    DIYでキッチンパントリーの可動棚を造作する方法と費用はどのくらい?

    DIYする女性

    キッチンパントリーの可動棚をDIYでできるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で道具を揃えないといけません。しかし、実際は道具や棚を購入した金額とプロ業者の可動棚を設置する金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。まずは、道具を揃える金額はいくらになるかを見ていきましょう。

    DIYで可動棚を設置する為の材料と道具の費用

    可動棚を設置する為の道具・材料は「下地探し」「ロイヤルチャンネルサポート」「ブラケット」「化粧棚板」「ドライバー」「鉛筆」となります。

    下地探し

    商品名:下地探し

    価格:約900円〜1,000円

    ロイヤルチャンネルサポート

    商品名:ロイヤルチャンネルサポート

    価格:約300円〜400円/本

    ブラケット

    商品名:ブラケット

    価格:約600円〜800円/本

    化粧棚板

    商品名:化粧棚板

    価格:約900円〜1000円/枚

    DIYで可動棚の床材と道具の費用

    ホームセンター等で売っている化粧棚板材(横幅約60cm)の価格をご紹介します。

    例)
    1段の壁の収納棚の費用の場合:約27,00円〜3,200円
    2段の壁の収納棚の費用の場合:約36,00円〜4,200円
    3段の壁の収納棚の費用の場合:約45,00円〜5,200円
    4段の壁の収納棚の費用の場合:約54,00円〜6,200円
    5段の壁の収納棚の費用の場合:約63,00円〜7,200円

    1段〜5段の可動棚をDIYで設置すると、道具の費用が約900円〜約1,000円で収納棚の材料が約1,800円〜6,200円の間で購入ができます。

    参考費用の相場:施工道具+収納棚の床材=約2,700円〜7,200円

    DIYとプロの費用を比較

    参考費用を見ると段数が多くなる程、差額が出てきます。段数が少ない場合、7,300円の差額でした。段数が多いですと22,800円の差額です。

    【参考費用】
    DIYで可動棚を設置した場合の費用=約2,700円〜7,200円
    プロが可動棚を設置した場合の費用=約10,000円〜60,000円

    DIYの施工材料と道具を購入する

    キッチンリフォームどこに頼めばいいの?
    \ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

    キッチンパントリーのリフォームを激安・格安でするには?

    激安・格安

    キッチンパントリーのリフォームを激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。


    全てのリフォームに適用!リフォームを激安・格安にする方法は?

    キッチンパントリーのリフォームを依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

    相見積もりとは?

    相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

    キッチンパントリーのリフォームを安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが難しく最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用でキッチンパントリーのリフォームを行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用しましょう。

    一括見積もり無料サービスで安くキッチンパントリーのリフォームをできる優良業者を探す!

    一括見積もり無料サービスとは、キッチンリフォームを得意としている優良会社の見積もりを複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。


    一括見積もりで費用を比較

    一括見積もり無料サービスの良いところは?

    Check!
    1. キッチンの小さな修理工事から一括見積り依頼が無料でできる!
    2. 各会社にお断りの連絡は自分でしなくていい!
    3. 見積もり金額や会社が気に入らなければ『全キャンセル』も無料で可能!
    4. メールで全て完結してお悩みは解決!
    5. 相場より費用を1割以上抑えることができる!
    6. 自分で探さなくても各県の優良会社と見積りが簡単に手に入る!
    7. 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
    8. 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
    9. 厳しく審査された'優良リフォーム会社'やメーカー・工務店のみの見積もりが請求できる!
    10. 具体的に決まっていない場合は『相談だけ』でもOK!もちろん完全無料!
    11. 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!
    5分に1人が依頼!
    3分でスグに申込み完了!
    具体的に決まっていなくても、まずはお気軽にご相談ください。


    『全てがわかる!』
    キッチンのリフォームの費用に関する記事を全てまとめましたのでご覧下さい。
    ↓↓↓
    参考:
    キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG