パネル工法

タイル風呂からユニットバスにする費用と価格の相場は?

タイル風呂からユニットバスにする費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
670,000円〜1,620,000円

タイル風呂からユニットバスにする費用の相場ですが、浴室リフォームには「材料費用」「施工費用」の2つがあります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



タイル風呂からユニットバスについて

タイル風呂からユニットバスにする前にまずは、タイル風呂とユニットバスのメリット・デメリットをご覧ください。

タイルのお風呂とは?

タイル風呂(在来工法)とは、壁や天井をコンクリートやタイルなどで造るお風呂のことで日本伝統な工法を在来工法といいます。現在では使用率が低くなったものの、在来工法が好きな方もおり現在でも使用はされています。

メリット

タイルのお風呂のメリットは、ユニットバスと違い自分好みのレイアウトの空間を造ることができます。スペースさえあれば開口部の広さや天井の高さまで自由自在です。

デメリット

タイルのお風呂のデメリットは、床や壁に断熱対策がいっさいなく冬場は冷たいタイルの上を歩いたり、風呂のお湯の温度は随時、温めて直さなくてはいけないぐらい寒いです。

ユニットバスとは?

ユニットバスは、壁や天井はパネル素材でできたお風呂のことを言います。現在では、最も利用されているお風呂です。

メリット

ユニットバスのメリットは、壁や床に断熱対策が施され冬場は寒くなく快適に過ごせます。

デメリット

ユニットバスのデメリットは、規格サイズが決まっていて細かな調整が効かずオリジナル性がないです。



タイル風呂からユニットバスにリフォームする費用

女性

タイル風呂からユニットバスへリフォームする費用には、まずユニットバス本体の価格を知っておきましょう。ユニットバスの広さには、一般的に0.75坪、1坪、1.25坪、1.75坪とあります。また、グレードもシンプルグレード、ハイグレードとあり、それぞれの価格が異なります。

シンプルグレードハイグレード
約400,000円約1,200,000円

風呂・浴室のリフォームする費用と価格の相場は?

タイル風呂をユニットバスにリフォームする施工の費用は?

在来工法をユニットバスへリフォームするには、まず、既存のタイル風呂の解体から作業が始まります。費用が約100,000円〜150,000円となります。次にユニットバスの組み立てに取り掛かります。費用が約80,000円〜120,000円となります。そして、電気と給排水の接続工事となります。電気費用は約30,000円〜50,000円で、給排水工事が約60,000円〜100,000円となります。

参考費用:
タイル風呂の解体の費用:約100,000円〜150,000円
ユニットバスの組み立て:約80,000円〜120,000円
電気工事:約30,000円〜50,000円
給排水工事:約60,000円〜100,000円

合計:約270,000円〜420,000円

タイル風呂をユニットバスにリフォームする本体価格+施工費用は?

在来工法の費用とユニットバスの合計した費用はどのくらないになるかシンプルグレードとハイグレードを分けて合計してみました。

シンプルグレード

参考費用:
ユニットバスの価格:約400,000円
タイル風呂の解体:約100,000円〜150,000円
ユニットバスの組み立て:約80,000円〜120,000円
電気工事:約30,000円〜50,000円
給排水工事:約60,000円〜100,000円

合計:約670,000円〜820,000円

ハイグレード

参考費用:
ユニットバスの価格:約1,200,000円
タイル風呂の解体:約100,000円〜150,000円
ユニットバスの組み立て:約80,000円〜120,000円
電気工事:約30,000円〜50,000円
給排水工事:約60,000円〜100,000円

合計:約1,470,000円〜1,620,000円


ユニットバス風在来浴室にする費用相場は?

ユニットバス風在来浴室とは、タイル風呂の床や壁、天井にパネル工法やシート貼り工法で施工をする方法です。見た目はユニットバスそのものです。この工法は団地の規制が嚴しいところでよく使用されるリフォームとなります。

タイル風呂をユニットバス風にするリフォーム

浴室の施工方法は「パネル工法」「シート貼り工法」があります。それぞれ費用が異なります。また、高級感を出したい場合はパネル工法の選択となります。床は素材的にシートのみとなります。以下に1212〜1218サイズまでの費用の相場となります。

パネル工法

参考費用:
壁のパネル工法:約250,000円〜300,000円
天井のパネル工法:約100,000円〜150,000円

シート貼り工法

参考費用:
壁のシート貼り工法:約150,000円〜200,000円
天井のシート貼り工法:約50,000円〜100,000円
床のシート貼り工法:約50,000円〜100,000円

防水でパネル・シート工法の気をつけること

パネル・シート工法をする工事の内訳に必ず下地処理の防水加工が入っています。見積もりで防水加工の項目がない場合は注意が必要です。団地のお風呂はタイル風呂が多く水漏れがある為、必ず施工する工事となります。見積もり記載がない場合は、業者に聞くか他の業者に変えたほうがいいでしょう。



DIYでユニットバス風在来工法浴室にリフォームして費用を安く抑えるのはどのくらい?

DIYする女性

ユニットバス風在来工法浴室をDIYのパネル・シート貼り工法で施工できるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で材料を揃えないといけません。しかし、実際は材料を購入した金額とプロのリフォーム金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。まずは、材料を揃える金額はいくらになるかを見ていきましょう。

DIYでユニットバス風在来工法浴室にする為の材料の費用

ユニットバス風在来工法浴室のDIYをする為の材料は「壁・天井パネル」「床シート」「パネル・シートの専用接着剤」「パネル用出隅」「パネル用ジョイント」となります。

アルパレージ

商品名:壁・天井パネル 910×2450mm

価格:約15,000円

ペディーシート

商品名:床シート

価格:約12,000円

アルパレージ専用接着剤

商品名:パネル・シート専用接着剤

価格:約6,000円

アルパレージ用出隅

商品名:パネル用出隅 2450mm 20本入り

価格:約13,000円

アルパレージ用ジョイント

商品名:パネル用ジョイント 2450mm 20本入り

価格:約13,000円

DIYのパネル工法・シート貼り工法の材料の費用

ホームセンター等で売っている材料の価格をご紹介します。また、浴室のサイズは1212〜1218サイズまでのものとします。

材料の内訳

壁・天井パネル:7枚〜8枚
床シート:1枚
パネル・シート専用接着剤:3本
パネル用出隅:20本
パネル用ジョイント:20本

壁・天井パネルの7枚〜8枚の差は浴室によって扉のサイズや窓の有り無しによって異なります。

材料の費用

参考費用:約149,000円〜164,000円

DIYとプロの費用を比較

参考費用を見ると1212〜1218サイズの範囲内で浴室サイズが大きくなる程、差額が出てきます。浴室が小さい場合、251,000円の差額でした。浴室サイズが大きくなりますと386,000円の差額です。

参考費用:
DIYでパネル・シート貼り工法した場合の費用=約149,000円〜164,000円
プロがパネル・シート貼り工法した場合の費用=約400,000円〜550,000円

DIYの施工材料と道具を購入する


『全てがわかる!』
浴室・お風呂のリフォームの
費用に関する記事を全てまと
めましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
浴室・風呂のリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG