リフォーム見積もりの内訳

リフォームの費用の内訳の全てがわかる!

リフォームの費用の内訳

リフォームの費用の内訳を確認するには見積書を提示するようにリフォーム会社に依頼しましょう。リフォームの大まかな工事が分かることができます。また、見積書があることで納得のいくリフォーム金額を支払うことができます。リフォームの内訳を見ても項目が分からないことがあると思いますので内訳の詳細をご紹介します。

仮設工事傷が付かないよう養生をしたり足場を設置する工事です。
解体・撤去工事不要な部分を解体して撤去します。
木工事木材を使用して大工さんが工事をします。
建具工事建具のドヤや扉の調整や取り付けを建具屋さんが工事を行います。
電気工事電気の引き込みを電気屋さんが行う工事です。
設備工事水回りの配管や設備を取り付ける工事を設備屋さんが行います。
内装工事床や壁紙を内装屋さんが工事を行います。
左官・タイル工事壁や土間のモルタルの塗る作業を左官屋さんが工事を行います。
塗装工事外壁や建具の塗装を塗る作業を塗装屋さんが行います。
家具工事既製品でない家具を家具家さんに造作してもらいます。
諸経費現場管理費、駐車場料金など

この工事どこに頼めばいいの?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりはこちら


リフォーム見積もりネットシミュレーション

リフォーム見積もりネットシミュレーションは、費用の概算を算出してくれるソフトでウェブ上ではツールもあります。これらを使用することで的確に費用や間取りのイメージを創ってくれるのでリフォームを検討する後押しとなります。



リフォームの費用を抑えるには?

女性

リフォームの費用を抑えるには、最低限のリフォームだけを行うことで約1,000,000円〜2,000,000円変わってきます。この大差は、設備品のオプションやグレードによって異なるものです。特に水回りリフォームではこれらを抑えることでリフォームの費用の違いがでてきます。あと、水回りはもともとある位置から動かすことで配管の延長が必要となるため移動も出来る限りやめておきましょう。移動するだけでも約300,000円〜500,000円と加算されます。

水回りのリフォームの費用を格安に抑えるには?

格安・激安で水回りのリフォームをするには2つの方法がございます。それぞれをご紹介していきたいと思います。

水回りのリフォームの費用を抑えるには?①

費用を抑えるには?

水回りリフォームを格安で費用を抑えたいリフォームをする場合は、水回りの位置を変えないことです。水回りを位置を動かすことで配管の延長が必要となり費用が高額になります。施工費用だけでも安くする為に、もともとの位置のままでリフォームすることです。

本体価格を抑えるには?

水回りの本体価格を抑えるには、グレードを落とすことです。グレードとは、水回りにもともと備わっている設備が普及タイプ・中級タイプ・高級タイプに分かれています。本体価格を抑えるには普及タイプを選びましょう。普及タイプと高級タイプでは設備によって平均500,000円〜1,000,000円の差があります。

格安で水回りのリフォームをするには?②

格安で水回りのリフォームをするには本体だけを格安で購入して安い費用の別業者に設置してもらいましょう。必ずしも施工のみをしてくれる業者は全てではないです。ですが、ネットで検索をかければ何社かは見つかるので、そこから無料見積もりを上げてもらい比較しましょう。以下に「本体を格安にする方法」「施工費用を安くする方法」をご紹介します。

本体を格安で入手する方法
・ホームセンター、ニトリで本体のみを購入する
・水回り専門店でアウトレットセール中に相場より安ければ購入
・ショールームで展示されている新古品を設備業者に予約しておく
格安で購入できないお店

各メーカーや工務店、リフォーム会社のこの3社は全て3割〜4割上乗せしているので本体価格が高額となります。また、3社で本体価格が安い場合もありますが、施工と本体でのセット価格となっており安く手に入れることはないです。

施工費用を安くする方法
・町の水回り専門に施工依頼する
・直接、町の設備業者に施工依頼する
・原状回復業者に施工依頼する
安い費用でしてもらえない業者

各メーカーや工務店、リフォーム会社のこの3社は全て1割〜4割上乗せしているので施工費用が高額となります。また、3社で施工費用が安い場合も注意が必要です。施工業者に渡す施工代を安くで受けさせていることがあり業者は手抜き作業することがほとんどです。

格安・激安で水回りのリフォームするには?

壁と床を一緒にリフォームすると費用は安くなる?

壁と床のリフォームを一緒にすると費用が安くなるのは床材がクッションフロアの場合です。クッションフロアは壁紙を張る業者が一緒ですので同時に頼むと手間賃が少し安くなります。

床のリフォームする費用と価格の相場は?



リフォームの料金を値引きしてもらえる?

リフォームの料金を値引きしてもらうことは可能です。気を付けないといけないことが、リフォーム会社か工務店によって、どこを値引いてくれたかが異なります。

気をつける点

リフォーム会社から値引けた場合は、営業マンの中間マージンから値引いています。また、工務店から値引けた場合は、工事の質から値引いてます。

値引くポイント

値引くポイントとしてリフォーム会社を選び、5社以上と相見積もりを比較し単価と諸経費を見ます。「一式」の単位は除外します。数社のうち異常に高い単価がありますので、それが営業マンの中間マージンとなります。全ての見積もりの中間マージンの箇所を探してリストアップしましょう。そこをピンポイントで交渉すればできるだけ安くすることが可能です。

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG