リフォームローンの審査

リフォームローンの審査基準について

リフォームローンの審査基準について

リフォームローンの審査

リフォームローンは住宅ローンに比べ無担保で借り入れ額が低く、短期間返済となり金利が高くなります。そのリフォームローンも借り入れするのに審査に通らなければなりません。

リフォームローンの審査基準

リフォームローンの審査基準は、借り入れ額のリフォーム費用がいくらかかるのか、どのような職業についているのか、年収はどのくらいあるのか、一定の勤務年数を達しているか、元金+利息の割合が高くないか、団体信用生命保険に加入できるかが基準となります。


この工事どこに頼めばいいの?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりはこちら


リフォームローンの審査に落ちたり通らない理由

リフォームローンの審査に落ちたり通らない理由は、ある条件の規定を達していいないことで通らないとされています。

無理のある返済負担率

リフォームする際にリフォームローンの借り入れ額が年収と見合わない返済負担率が高すぎる場合は、返済困難と判断し、審査が通らなくなる可能性があります。また、年収250万円未満の場合は25%以内、年収400万円以上は35%以内と決められています。

職業の安定

リフォームローンの審査基準は、正社員で勤続年数が1年〜2年以上、年収が約200万円〜300万円と決められています。

健康状態

リフォームローンの中には団体信用生命保険に入らないとローンが組めないものもあります。健康状態が悪いと保険には入れません。また、満60歳~70歳までに契約し、満70歳~80歳で完済できるのが条件となります。



リフォームローンの審査がゆるい・甘いことはない?

リフォームローンの審査がゆるい・甘くする方法と言うのは存在しません。ゆるい・甘いというと返せる見込みが無い方にも借り入れを許すことにもなりかねません。ですが、審査にできるだけ通りやすくする方法はあります。



リフォームローンの審査を通りやすくするには?

リフォームローンの審査

リフォームローンの審査を通りやすくするには、上記の条件を満たすことが一番早いですが、パートやアルバイトといった条件を満たせない主婦の方もいらっしゃると思いますが、主婦でパート勤務でローンの審査にできるだけ通りやすくするには、現在ローンがある場合は全て完済することです。また、リフォームローンだけでなく、別のローンも返済負担割合が約3割以下であることが求められます。

また、パートのリフォームローンは、収入証明資料は源泉徴収票の証明が必ず必要となるため勤続年数分の資料を全て集めておきましょう。また、勤続年数はローンの借り入れ審査対象となりますので勤続年数の維持をしておきましょう。

また、有担保型のリフォームローンを申請すると審査は劇的に通りやすなりますので担保にする不動産があるなら資料を提示しましょう。


『全てがわかる!』
リフォームローンに関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:リフォーム費用のローンの全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG