無職

リフォームローンは無職でも借り入れができる?

リフォームローンは無職でも借り入れができる?

無職

無職でもリフォームローンの借り入れができます。ですが、無職でも不労所得があったり、担保にできる不動産がある場合に限ります。不労所得とは、株式を保有して毎年ある程度の配当金を受け取れることを意味します。この場合、不労所得によって安定した収入があると見なされ借り入れができます。ただし、満60歳~70歳までに契約し、満70歳~80歳で完済できるのが条件となります。また、一時的に無職の場合でも就職先が既に決まっている場合ですと借り入れが可能となります。



無職でリフォームローンを申し込むポイント

無職で不労所得がある場合

無職で不労所得がある状態でリフォームローンの申請の際に必ず不労所得があって返済が可能だという旨を明確に伝えるようにしましょう。また、不労所得について収入を証明するものがあれば必ず提示しましょう。

一時的に無職の場合

一時的に無職の場合は、転職や病気などの理由で一時的に無職となっている場合などの理由を明確に伝えるようにしましょう。

無職で連帯保証人がいる場合

無職の契約者が返済不能となった場合、かわりに返済を行う連帯保証人を用意することができれば、リフォームローンを契約しても良いという金融機関もあります。


『全てがわかる!』
住宅・リフォームローン
に関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:住宅ローン・リフォームローン

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG