ローコスト住宅と土地代の相場

ローコスト住宅の土地代込みの相場は?どのくらいで土地探しから家が建つ?

ローコスト住宅の土地代込みの相場は?どのくらいで土地探しから家が建つ?

ローコスト住宅と土地代の相場

ローコスト住宅の土地代込みの相場やどのくらいで土地探しから家が建つのか知る前にまずは、ローコスト住宅とは何か見ていきましょう。

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅とは、一般的な住宅より安い価格で販売している住宅のことを指します。

メリット

ローコスト住宅のメリットは、家を安く建てれることです。

デメリット

ローコスト住宅のデメリットは、メーカーによって水回り設備や建具などが最低グレードが標準装備となり、断熱性・遮音性・耐震性・耐火性・耐久性が通常に比べ劣ってしまう。

ローコスト住宅のメリット・デメリットは?

ローコスト住宅は、一般的な住宅より安い価格で販売している住宅のことですが、「高い=大丈夫・安心」または、「安い=危険・欠陥」と認識する方も少なくないと思います。ですので、なぜローコスト住宅は安く提供できるのかご紹介します。

ローコストの規格住宅の基準仕様の仕組み

ローコストの規格住宅の仕組みは、戸建てを低所得者でも購入できるようにとハウスメーカーが提案した基準仕様の住宅です。一般住宅と違い、最低限のデザイン・設備で快適に住める家を提供しています。ですので一般住宅よりも家の材質が落ちる・欠陥ではなく、デザイン性が落ちる認識が正しいです。デザイン性が落ちるというのは、「安っぽいデザイン」ではなく、シンプルと捉えて頂ければ良いです。また、ローコスト住宅であっても、一般住宅と変わらない耐震性や高気密高断熱に特化したハウスメーカーもあります。

ローコスト住宅は、なぜ安くできる?

ローコスト住宅が安い理由は、デザインや間取りをシンプルにして削減することで低価格の住宅を提供しています。

間取りで安く提供

間取りはできるだけ部屋数を減らして壁を設置しないようにして材料費や人工費用を削減します。

屋根の形で安く提供

家の形をシンプルの正方形(総二階)にし、屋根を片流れにすることで面積を最小に抑えることができ材料費や人工費用を削減します。二階部分が変形型ですとその分の面積が広くなり費用が高くなります。

ローコスト住宅の注文住宅とは?

ローコスト住宅の注文住宅には、種類があり、「フルオーダー住宅」「セミオーダー住宅」「規格住宅」と分類されます。規格住宅は、注文住宅の種類の1つとなります。

フルオーダー住宅とは?

フルオーダー住宅とは、間取りやデザイン、設備など全てを自分好みに家づくりをすることができます。

セミオーダー住宅とは?

セミオーダー住宅とは、一定の選択肢から選んだ家を建てます。

ローコスト住宅で後悔しない為の注意点!

ローコスト住宅は、自由度が高くなるほど、工期や費用が高くなる傾向となり、フルオーダー・セミオーダーを建築した場合は、一般住宅や高級住宅と変わらない価格となる場合があります。

ローコスト住宅の魅力の安さは、「規格住宅の場合のみ」となりますのでご注意下さい。

コミコミ価格のローコスト住宅とは、どんな住宅?

ローコスト住宅のコミコミ価格で提供している家は、「規格住宅」となり、ハウスメーカーや工務店が用意した間取りや水回りとなり、自分好みで選ぶことができません。

また、「間取りだけ」「水回りだけ」でも自分好みにしたい場合は、通常のローコスト住宅の「セミオーダー」で注文しなければなりません。間取りも水回りも変えたいとなると「フルオーダー」となります。

ローコスト住宅の最安値コミコミ価格とは?

コミコミ800万円の家は何が含まれる?

コミコミ800万円の家に含まれるのは、各メーカーや工務店によって違いがありますが、基本的には「建物の本体価格(標準仕様の工事)」となります。

「建物本体価格」以外に「付帯工事費」「諸経費」などがあります。

建物本体価格

建物本体価格とは、家自体の建物にかかる工事費用となります。(仮設工事、基礎工事、木工事、外壁、屋根、タイル工事、左官工事、内装工事、電気、設備工事など)

付帯工事費

付帯工事費とは、家自体の建物以外にかかる工事費用となります。(エクステリア・外構工事、地盤調査費用、地盤改良工事、屋外電気工事、特殊設備工事、エアコン工事、照明器具工事、カーテン工事など)

諸費用

諸費用とは、注文住宅を購入することで必要となる税金の支払いや引っ越し費用、家具の購入費用を指します。(登記手数料、諸官庁手数料、住宅ローン保証料、印紙税、登録免許税、固定資産税、火災保険、都市計画税、不動産取得税、家具購入費、式祭典費用など)

ローコスト住宅の最安値コミコミ価格とは?

ローコスト住宅の坪単価とは?

ローコスト住宅の坪単価とは、建築にかかる1坪(3.3㎡)あたりの費用を指します。

ハウスメーカーの坪単価の計算方法

坪単価の計算方法は、「建物本体価格」を「延床面積」を割ると坪単価が出ます。

例)2000万円の建物本体価格÷40坪の延床面積=50万円/坪

※建物本体価格には、基本的にベランダ・吹き抜け部分は含まれません。含まれてない面積を延床面積となり、含まれている面積を施工面積となります。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


ローコスト住宅のうわもの(建物のみ)の相場

ローコスト住宅の坪単価は、約300,000円〜500,000円が相場となります。また、各メーカーで坪単価が異なりますので以下でご紹介します。

【参考坪単価】ローコスト住宅の坪単価の相場:約300,000円〜500,000円

ワンルーム・1K(7坪〜10坪):約2,100,000円〜5,000,000円
1DK・1LDK(15坪〜20坪):約4,500,000円〜10,000,000円
2DK・2LDK(20坪〜25坪):約6,000,000円〜12,500,000円
3DK・3LDK(25坪〜30坪):約7,500,000円〜15,000,000円
4DK・4LDK(30坪〜35坪):約9,000,000円〜17,500,000円
5DK・5LDK(40坪〜45坪):約12,000,000円〜22,500,000円
6DK・6LDK(45坪〜50坪):約13,500,000円〜25,000,000円

ローコスト住宅の見積もりの内訳

ローコスト住宅の見積もり

ローコスト住宅の見積もりの内訳には、「初期費用」「本体工事の費用」「本体工事以外にかかる費用」「オプションの費用」があります。

ローコスト住宅の初期費用(諸経費)

ローコスト住宅の初期費用とは、住宅を購入する際にかかる諸経費のことを指します。以下が初期費用の内訳となります。。

登記費用:約160,000円〜170,000円印紙代:約15,000円〜20,000円
住宅ローン手続き費用:約250,000円〜300,000円
火災・地震保険費用:約250,000円〜300,000円
引越し費用:約250,000円〜300,000円
式祭典費用:約30,000円〜50,000円
その他費用:約20,000円〜30,000円

ローコスト住宅の費用の内訳(本体工事費)

建物本体工事費:約21,000,000円〜22,000,000円
土地購入費:17,000,000円〜18,000,000円
諸官庁手続費:約150,000円〜200,000円
仮設電気用水費:約90,000円〜100,000円
長期優良住宅申請費:約45,000円〜50,000円
設計料:約230,000円〜250,000円
工事管理料:約70,000円〜100,000円
消費税(10%)

ローコスト住宅の本体工事費以外にかかる費用

付帯工事費
基礎補強工事関連費用(地盤改良費):約900,000円〜1,000,000円
インテリア・電設関連費用:約700,000円〜800,000円
エクステリア関連費用:約1,700,000円〜2,000,000円
屋外給排水工事:約500,000円〜600,000円
消費税(10%)

注文住宅の費用と価格の相場の内訳は?

ローコスト住宅のオプションの費用と価格の相場はどのくらい?

ローコスト住宅のオプションの相場は、メーカーやお客様が選ぶグレードや装備によって費用が大きく異なり、平均で約1,000,000円〜2,000,000円が相場となります。

【参考費用】ローコスト住宅のオプションの相場:約1,000,000円〜2,000,000円

注文住宅のオプションの費用と価格の相場は?



ローコスト住宅の土地代の相場(地方別)

地方別でローコスト住宅の土地代の相場をご紹介しますが、立地によって価格が異なります。

地方公示地価平均坪単価平均
北陸地方5万4079円/m217万8775円/坪
四国地方6万3517円/m220万9976円/坪
東北地方6万7205円/m222万2167円/坪
中国地方8万9019円/m229万4280円/坪
九州地方10万6736円/m235万2848円/坪
中部地方12万5716円/m241万5590円/坪
関西地方20万9631円/m269万2996円/坪
関東甲信越41万9302円/m2138万6124円/坪
首都圏45万2402円/m2149万5544円/坪
関東地方46万0454円/m2152万2162円/坪


ローコスト住宅の土地代込みの相場は?

女性

ローコスト住宅と土地を30坪程度で地方や立地によりますが、うわものの家が1,000万円、土地代で600万円〜5,000万円となり、1,600万〜5,600万円が相場となります。

【参考相場】ローコスト住宅と土地代(30坪程度):1,600万〜5,600万円

予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


新築を土地代込みの1000万円で家は建つのか?

新築の土地込みの場合、1000万円で家を建てるとなると何坪建てれるのか見ていきましょう。

土地には土地坪と単価が決まっており、地方によって相場が異なります。また、立地によっても価格が異なります。

北陸地方の一番安い地域となる坪数が17万円で、土地総数30坪で510万円となります。このことから土地だけで1000万円の半分以上を占める事となり、うわものが300万円〜400万円で抑えるとワンルームの間取りで建てられることが分かります。

うわもののサイズに限りがでてきますが、土地込みの1000万円で家を建てることが可能となります。この大きさですとログハウスや小屋におすすめです。



ローコスト住宅・土地探しを予算オーバーしないように激安にするには?

激安・格安

ローコスト住宅・土地探しを予算オーバーしないように激安にするには、相見積もりを取り、ハウスメーカーや工務店の見積もりを比較することです。

ローコスト住宅を依頼できる会社は、ハウスメーカー・工務店など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

ローコスト住宅・土地を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用でローコスト住宅を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安くローコスト住宅をできる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、ローコスト住宅を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い業者に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
ローコスト住宅の費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:ローコスト住宅の費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG