ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅とは?メリット・デメリットは?

ローコスト住宅は住み心地は大丈夫?リスクの危険や安いからくりを知ろう!

ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅とは?特徴は?

ローコスト住宅とは、一般的な住宅より安い価格で販売している住宅のことですが、「高い=大丈夫・安心」または、「安い=危険・欠陥」と認識する方も少なくないと思います。ですので、なぜローコスト住宅は安く提供できるのかご紹介します。

ローコストの規格住宅の基準仕様の仕組み

ローコストの規格住宅の仕組みは、戸建てを低所得者でも購入できるようにとハウスメーカーが提案した基準仕様の住宅です。一般住宅と違い、最低限のデザイン・設備で快適に住める家を提供しています。ですので一般住宅よりも家の材質が落ちる・欠陥ではなく、デザイン性が落ちる認識が正しいです。デザイン性が落ちるというのは、「安っぽいデザイン」ではなく、シンプルと捉えて頂ければ良いです。また、ローコスト住宅であっても、一般住宅と変わらない耐震性や高気密高断熱に特化したハウスメーカーもあります。

ローコスト住宅メーカーの選び方は?自由設計や規格住宅とは?

ローコスト住宅は、なぜ安くできる?

ローコスト住宅が安い理由は、デザインや間取りをシンプルにして削減することで低価格の住宅を提供しています。

間取りで安く提供

間取りはできるだけ部屋数を減らして壁を設置しないようにして材料費や人工費用を削減します。

屋根の形で安く提供

家の形をシンプルの正方形(総二階)にし、屋根を片流れにすることで面積を最小に抑えることができ材料費や人工費用を削減します。二階部分が変形型ですとその分の面積が広くなり費用が高くなります。

ローコスト住宅の注文住宅とは?

ローコスト住宅の注文住宅には、種類があり、「フルオーダー住宅」「セミオーダー住宅」「規格住宅」と分類されます。規格住宅は、注文住宅の種類の1つとなります。

フルオーダー住宅とは?

フルオーダー住宅とは、間取りやデザイン、設備など全てを自分好みに家づくりをすることができます。

セミオーダー住宅とは?

セミオーダー住宅とは、一定の選択肢から選んだ家を建てます。

ローコスト住宅で後悔しない為の注意点!

ローコスト住宅は、自由度が高くなるほど、工期や費用が高くなる傾向となり、フルオーダー・セミオーダーを建築した場合は、一般住宅や高級住宅と変わらない価格となる場合があります。

ローコスト住宅の魅力の安さは、「規格住宅の場合のみ」となりますのでご注意下さい。

ローコスト住宅の寿命は?

ローコスト住宅ともに一般住宅の耐久年数や寿命は、構造によって年数が変わり、「木造」「鉄骨」「鉄筋コンクリート」があります。

木造住宅は約25年〜30年、鉄骨住宅は約30年〜50年、鉄筋コンクリート造住宅は、約40年〜60年とされています。これらはメンテナンスで手を加えずに放置した状態での耐用年数で、メンテナンスをすれば、約30年〜50年程の約2倍の年数を伸ばすことが可能です。

【耐用年数】
木造住宅の耐用年数:約25年〜30年
鉄骨住宅の耐用年数:約30年〜50年
鉄筋コンクリート造住宅の耐用年数:約40年〜60年
ローコスト住宅の耐久性は長持ちではない?耐久年数や寿命は?何年住めるの?

ローコスト住宅のアフターメンテンナンスとは?

ローコスト住宅のアフターメンテンナンスとは、定期的に家の健康診断をしてくれます。内部の見えない箇所を特殊器具や触診で診断し、細部にわたって住まいの品質をチェックし、欠陥が見つかれば修繕を行ってくれます。

アフターサービスの保証期間(修繕費保証)

アフターサービスの保証期間(修繕費保証)は、ハウスメーカーや工務店によって大きく異なり、約20年〜60年となります。約30年程が長期保証期間が一般的となります。

ローコスト住宅のアフターサービスの内容と保証期間は?

予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


ローコスト住宅のメリット・デメリット

女性

ここから本題のメリット・デメリットをご覧下さい。

メリット

ローコスト住宅のメリットは、以下の4点が挙げられます。

価格が安い

ローコスト住宅の坪単価は、約30万円〜50万円が相場となり、建坪30坪なら900万円〜1,500万円で家を建てることが可能です。

品質が良い

ローコスト住宅は安いのに一般住宅に劣らない品質となります。先程も上記で述べたように間取りやデザインでコストカットしている為、品質は良いです。

工期が短い

ローコスト住宅のコストカットの1つとして、間取りを減らすことで人件費も減らしています。このことで工事期間も短縮することが可能です。

規格住宅となるので迷わない

ローコスト住宅のオーダー住宅となると別ですが、注文住宅は規格住宅となりますので、各ハウスメーカーが設備や間取り、デザインなどを決めた中から選ぶだけなので迷うことがないです。

デメリット

ローコスト住宅のデメリットは、以下の6点が挙げられます。

職人の腕の質

ローコスト住宅だけにコストカットする際に、それなりの業者にしか依頼できない場合もあるのは事実です。当たり外れがあります。

ランニングコストが高くつく

やはりローコスト住宅の断熱材のグラスウールの材料次第で、家の性能が変わりますので、高熱費が高くつく可能性があります。

耐久性・耐震性

ローコスト住宅だから、耐久性・耐震性がしっかりしてないと言うことはないですが、安い施工材料を使用する場合は経年劣化が早くメンテナンスを一般住宅に比べ早く行なわなければならく費用がかかります。

デザイン・間取りに個性がない

フルオーダーで注文住宅する際は問題ないですが、規格住宅となると個性があまりなく、シンプルの家となります。

オプションが高め

ローコスト住宅のオプションは、一般住宅のオプションより若干高めに設定されている為、追加することで通常の住宅と変わりのない値段となります。

アフターサービス・保証が短い場合がある

各ハウスメーカーで価格の比較で一番安いメーカーの落とし穴がアフターサービスとなり、通常は20年から60年の保証期間がついていますが、安ければ約10年と言うところがあります。



ローコスト住宅を総額1000万円以下で建てれる坪数は?

ローコスト住宅の相場は一般的に坪数で算出されますが、約300,000円〜500,000円が相場となります。1000万円以下で建てる場合、この坪単価からみると30万/坪ですと約30坪、50万/坪なら20坪が不自由なく住めるローコスト住宅が建てれることとなります。

坪単価30万円ですと建坪を下げれば、設備のグレードを上げたり、外壁の種類も選ぶことが可能です。

【参考坪数】1000万円以下のローコスト住宅の坪数:20坪〜30坪
ローコスト住宅を総額1000万円以下で間取りの構造は?坪数はどのくらい?
都道府県別のローコスト住宅を建てる工務店の口コミ・評判


ローコスト住宅の見積もりを予算オーバーしないように激安にするには?

激安・格安

ローコスト住宅の見積もりで予算オーバーしないように激安にするには、相見積もりを取り、ハウスメーカーや工務店の見積もりを比較することです。

ローコスト住宅を依頼できる会社は、ハウスメーカー・工務店など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

ローコスト住宅を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用でローコスト住宅を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安くローコスト住宅をできる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、ローコスト住宅を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い業者に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
ローコスト住宅の費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:ローコスト住宅の費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG