リフォームローンと住宅ローンの違い

住宅ローンとリフォームローンの違いと一体型とは?

リフォームローンと住宅ローンの違いは?

リフォームローンと住宅ローンの違い

リフォームローンと住宅ローンの違いは何なのかメリットとデメリットに分けてご紹介します。



リフォームローンとは?

メリットデメリット
担保が不要で手続きが簡単で比較的審査に通りやすく、結果が出るまでの期間も短いです。金利が高い(年3~5%程度)
返済期間が短い(最長10~15年)
借入額が少ない(50~500万円程度)

メリット

リフォームローンのメリットは、担保が必要なく審査も厳しくなく比較的に通りやすく審査結果がでるのが早いです。

デメリット

リフォームローンのデメリットは、金利が高く短期間の返済となるため大規模リフォームには向いていません。



住宅ローンとは?

メリットデメリット
金利が安い(固定で年1~2%)
返済期間を長く設定できる(最長30~35年)
借入額が多い(500万円~5000万円程度)
担保として抵当権の設定などが必要で、手続きが面倒で審査が厳しく、結果が出るまでの期間も長いです。

メリット

住宅ローンのメリットは、借り入れ額の上限が高く、返済期間が長く設定できる分、金利も低く設定ができ、大規模リフォームに向いています。

デメリット

住宅ローンのデメリットは、審査が厳しく結果が出るまでの期間が長いです。また、担保も必要となる場合があり、条件が揃わないと借り入れがしにくいローンとなります。



リフォームにおすすめのローンは?

リフォームにおすすめのローンはリフォームの規模で決まり、小規模なリフォームであれば無担保で借り入れができるリフォームローンが向いています。一方、大規模リフォームであれば、住宅ローンが向いています。返済期間が長くなりますので金利が少なくて済みます。



住宅ローンとリフォームローンの一体型で一緒に併用・借り換えするとは?

一体型ローンとは?

一体型ローンとは、中古住宅を購入する際に住宅ローンを活用しますが、その際に一緒にリフォーム改修工事を行う場合は、住宅ローンと一緒に併用してリフォームのローンとして借り入れが可能となるローンです。住宅ローンの返済が完了している場合は、リフォームのローンを一緒に組むことはできません。

メリット

一体型ローンのメリットは、小規模のリフォームの場合は、金利の高いリフォームローンで借り入れしますが、一体型ローンで借り入れすることで住宅ローンの金利となりますので低い金利で設定されます。

デメリット

一体型ローンのデメリットは、融資額は大きくなり、返済までの負担は大きくなります。


『全てがわかる!』
住宅・リフォームローン
に関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:住宅ローン・リフォームローン

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

以下をクリックするとホームへ移動します。そこから一括見積もり依頼へお進み下さい。

CTR IMG