住宅ローンの審査

住宅ローンの審査の全てがわかる!

住宅ローンの審査の期間

住宅ローンの審査

住宅ローンの審査には、1ヶ月〜2ヶ月程の期間を経て審査に通り、借入れすることができます。以下に住宅ローンの借入の流れと期間をご紹介します。

事前審査 ステップ①

住宅ローンの申し込みから事前審査の結果がでるのが3日〜4日かかります。

本審査 ステップ②

事前審査が合格したら次の本審査の結果までが1週間程かかります。

住宅ローン契約・借入 ステップ③

本審査に合格したら、住宅ローンの契約をし借入となり、この期間が2週間〜1ヶ月となります。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


住宅ローンの必要書類

住宅ローンの必要書類

住宅ローンの必要書類は、「事前審査」「本審査」で必要となります。

事前審査

・印鑑(認印でも可能)
・運転免許証/パスポート/健康保険被保険者証
・源泉徴収票/公的所得証明書類/確定申告書
・購入する住宅の見積り書や間取り図

本審査

・実印
・住民票
・印鑑証明証
・課税証明書
・源泉徴収票
・身分証明書
・売買契約書


住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準は5つあり、「健康状態」「個人信用情報」「年齢・勤続年数」「担保評価」「返済負担率」となります。

健康状態

借入する金融機関では、団体信用生命保険(団信)に加入することが条件となっており、加入できない不健康な場合は、審査に通りにくいです。

個人信用情報

クレジットカードなどでブラックリストになってしまったり、返済遅延など、金融機関内で個人情報が出回っている場合は、審査に通りにくくなります。

年齢・勤続年数

年齢・勤続年数は、「完済時年齢は80歳未満」と「借入時年齢が平均30代」が重視されます。

担保評価

返済不能になった場合のことを考え、物件に抵当権(担保)をかけるので住宅にそれだけの価値があるか評価されます。価値がないと判断されると審査に通りにくいです。

返済負担率

一般的に無理のない返済負担率は20~25%が判断基準とされ、年収400万円の場合では、年間で80〜100万円の返済額となります。



住宅ローンの審査を通りやすいようにするには?

住宅ローンの審査を通りやすいようにする

住宅ローンの審査を通りやすいようにするには、「事前審査」「本審査」があります。

事前審査を通りやすいようにするには?

事前審査を通りやすいようにするポイントは2つあります。

・頭金を出来る限り用意する
・返済期間や返済額を短くする

本審査を通りやすいようにするには?

本審査を通りやすいようにするポイントは2つあります。

・事前審査と申告内容と相違がないか確認する
・担保評価が低くないか調べる

『全てがわかる!』
住宅ローンに関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:住宅ローンの全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG