住宅ローン控除(減税)

住宅ローン控除(減税)の全てがわかる!

住宅ローン控除(減税)とは?

住宅ローン控除(減税)

住宅ローン控除とは、注文住宅をローンで購入する際に、所得税から控除される制度のことを指します。また、住宅借入金等特別控除とも呼ばれています。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


住宅ローンの控除を受ける「手続き」は?

税務署

住宅ローンの控除を受けるには、税務署で確定申告の「必要書類」を申請をしなくてはいけません。

確定申告で必要書類

確定申告で控除を受ける為の必要書類は以下となります。

住宅借入金等特別控除額の計算明細書住民票の写し
住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書
家屋の登記事項証明書、請負契約書の写しなどで家屋の床面積、増改築等の年月日、及びその費用の額を明らかにする書類
建築確認済証の写し、検査済証の写し、又は増改築等工事証明書
給与所得者の場合は、勤務先から交付を受けた源泉徴収票


住宅ローンの控除額は?

住宅ローンの控除額は、年末時のローン残高の1%が所得税から控除されます。ただし10年間のみです。

最大控除額を受け取るには?

税額は人によって所得や住宅の購入額が異なるため、控除額が変わってきます。最大控除額は必ず受け取れるとは限られませんが、受取る条件として各年末時に「10年間で4,000万円以上で所得税と住民税を合わせて40万円以上であること」です。



住宅ローン控除の対象となる「住宅ローン」は?

対象となるローンは、「民間金融機関」「地方自治体の融資」「財形住宅融資」「長期固定金利住宅ローンのフラット35」の年利0.2%以上の勤務先の融資が対象となり、支払時期が不明なものは対象外となります。また、以下の条件を満たした場合のみ対象となります。

・身内からの個人間の借入れでないこと・前所有者の引き継ぎローンでないこと
・住宅ローンを借入れたのが、「民間の金融機関」「地方公共団体」「公務員共済組合」「独立行政法人住宅引用支援機構」「勤務先から借り入れ」の場合であること
・給料所得者が事業主団体からの借入で金利年0.2%以上であること。利子の補助を受ける場合は、利子補給額を控除した後の利息が年0.2%以上であること

予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


住宅ローン控除の対象となる「住宅の条件」は?

住宅ローン控除の対象となる住宅の条件は、「新築購入」「中古購入」「リフォーム・増築」で異なります。

新築購入の条件

・新築を取得してから6ヶ月以内に入居していること
・床面積の2分の1が自分の居住用であること
・借入れした人の合計所得金額が3,000万円以下であること
・登記簿に登録されている床面積が50㎡以上あること
・ローンの返済期間が10年以上あること

中古購入の条件

・親族からの購入でないこと
・贈与された住宅でないこと
・耐火建築物は築25年以内であること
・耐火建築物以外は、築20年以内であること
・住宅を取得してから6ヶ月以内に入居していること
・床面積の2分の1が自分の居住用であること
・借入れした人の合計所得金額が3,000万円以下であること
・登記簿に登録されている床面積が50㎡以上あること
・ローンの返済期間が10年以上あること

リフォーム・増築の条件

・リフォーム費用が100万円以上であること
・店舗兼住宅の場合は、住居面積が2分の1以上あること
・自分で住居する場所のリフォームであること
・大規模リフォーム・修繕、省エネ、バリアフリー、耐震リフォームであること
・新築を取得してから6ヶ月以内に入居していること
・床面積の2分の1が自分の居住用であること
・借入れした人の合計所得金額が3,000万円以下であること
・登記簿に登録されている床面積が50㎡以上あること
・ローンの返済期間が10年以上あること

『全てがわかる!』
住宅ローンに関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:住宅ローンの全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG