トランクルーム経営

土地活用でトランクルーム経営の全てがわかる!

土地活用のトランクルーム経営のメリット・デメリットについて

トランクルール経営

土地活用のトランクルーム経営する前に失敗しない為にもまずは、メリット・デメリットをご覧ください。

メリット

土地活用のトランクルーム経営のメリットは、初期費用が安く済み、管理にも手間がかからず、立地条件を気にせず不整形地でも活用できます。

デメリット

土地活用のトランクルーム経営のデメリットは、認知が低く借り手が付きにくいです。また、担保としての価値がなく担保融資を受けれません。また、現在ではコンテナであっても長期間継続すると建築物として扱われるようになり固定資産税がかかります。また、コンテナは住宅扱いにされないので軽減税で扱いを受けれません。



トランクルーム経営で失敗リスクのない立地条件は?

トランクルーム経営で失敗リスクのない立地条件は、逆に言えばアパート経営に適していない土地にトランクルーム経営をするのがベストと思われます。騒音があったり、日当たりがよくなっかたりとする場合は、アパート経営に不向きですが、トランクルームにはベストな土地となります。



トランクルーム経営の種類

トランクルーム経営の種類には、「倉庫タイプ」「コンテナタイプ」の2つがあります。

倉庫タイプとは?

倉庫タイプとは、土地に1棟の倉庫を設置してその中でパーティションなどで区切り貸し出す倉庫となります。

コンテナタイプとは?

コンテナタイプとは、空き地にコンテナを並べて設置し、日頃使わなくなった家電や衣類、家財道具をしまっておく場所となります。



トランクルームの運営方式

トランクルームの運営方式には、「事業用定期借地方式」「リースバック方式」「業務委託方式」の3つがあります。

事業用定期借地方式

事業用定期借地方式とは、土地だけを借地するだけで、初期費用が全くかからない方式です。

リースバック方式

リースバック方式とは、地主がコンテナや倉庫を全てを用意し、トランクルーム業者を自分で探して貸出し、毎月一定額の賃料を受け取る方式です。

業務委託方式

業務委託方式は、リースバック方式と似ていますが、トランクルーム業者探しも委託します。その分の毎月の一定額は下がります。



トランクルーム経営の初期費用

費用

トランクルーム経営の初期費用では、「事業用定期借地方式」「リースバック方式」「業務委託方式」があります。

事業用定期借地方式の初期費用

事業用定期借地方式の初期費用では、土地を業者に貸すだけなので初期費用がかかりません。

リースバック方式の初期費用

リースバック方式の初期費用では、トランクルームの設置費用がかかり約2,000,000円〜5,000,000円が相場となります。

【参考費用】リースバック方式の初期費用:約2,000,000円〜5,000,000円

業務委託方式の初期費用

業務委託方式の初期費用では、トランクルームの設置費用がかかり約2,000,000円〜5,000,000円が相場となります。

【参考費用】業務委託方式の初期費用:約2,000,000円〜5,000,000円

『全てがわかる!』
土地活用に関する記事を
全てまとめましたので
ご覧下さい。
↓↓↓
参考:土地活用の一覧

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG