会社を探さなくていい!メールのみで完結!
壁のコンセントの費用と価格の相場は?-リフォらん
壁のコンセントの電源工事

壁のコンセントの費用と価格の相場は?

壁のコンセントの費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
10,000円〜25,000円/個

壁のコンセントの費用の相場ですが、電源工事には「壁のコンセントの交換の費用」「壁のコンセントの修理の費用」「壁のコンセントの増設の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細を載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。


床・壁リフォームはどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりを依頼する


大手ハウスメーカーのみはこちら

壁のコンセントの電源工事について

壁のコンセントの電源工事

新築時の数少ない部屋にあるコンセントが足りなくてタコ線にしている方も多いですが、それらによる火災が起こる確率が高くなります。未然に防ぐにはコンセントを増設する必要がございます。

コンセントを増設する工事の2種類の方法について

コンセントを増設する工事の方法には「分技」「直繋ぎ」の2種類があり、まずは分技する場合をご紹介します。コンセントに指す電化製品には、100vか200v以上の電力をつかうものがありますが、v数によって施工方法が変わってきます。100v未満のパソコン、換気扇、照明器具、電話機などの使用目的の増設は現在使用中のコンセントから配線を分技してコンセントを新たに設置することができます。一方、エアコンやキッチンなどで使用する電化製品は、冷蔵庫、電子レンジなどの電力が大きい200v以上の場合は、分電盤から直繋ぎで電気配線を新設しなければなりません。

新築時にはエアコンがある前提で200vの配線も設置しよう

新築時に各部屋に1つ200v以上のエアコンがある前提で引くようにしましょう。あとで電気配線を引くと壁の内をたどらすため費用が高くつきます。特にキッチン周りの家電製品は200v以上の配線が必要となるため新築時にいくつ必要か事前確認をとっておきましょう。

賃貸・マンションもコンセントの増設工事は可能か?

賃貸のマンションにお住いの方は、コンセントの差し込み口を増やしたい場合、勝手に工事をすることができませんので、まずは管理会社に連絡をし事前確認をしましょう。


床・壁リフォームはどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりを依頼する


大手ハウスメーカーのみはこちら

壁のコンセントの費用

女性

壁のコンセントの費用では、約が相場となります。

この費用には、「壁のコンセントの交換の費用」「壁のコンセントの修理の費用」「壁のコンセントの増設の費用」があります。

以下で詳細の内訳をご紹介します。


床・壁リフォームはどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりを依頼する


大手ハウスメーカーのみはこちら

壁のコンセントの交換の費用

壁のコンセントの交換の費用では、約5,000円〜25,000円が相場となります。

この費用では、コンセントの本体と配線の交換の費用が約20,000円〜25,000円となり、コンセント本体のみだけの交換の費用が約5,000円〜8,000円が相場となります。

また、業者によってコンセント交換の数によって出張費が追加別途される場合がありますので+約5,000円多く予算で見ておきましょう。

【参考費用】壁のコンセントの交換の費用:約5,000円〜25,000円/本・個

コンセントの本体と配線の交換の費用:約20,000円〜25,000円
コンセント本体のみだけの交換の費用:約5,000円〜8,000円

コンセントをアース付きに変える費用

コンセント交換の際にアース付きにする場合、既設のコンセントがアース処理されている場合は、上記の交換の費用で可能ですが、処理が必要な場合は約13,000円〜15,000円が必要となります。

【参考費用】コンセントをアース付きに変える費用:約13,000円〜15,000円

壁のコンセントの修理の費用

コンセントカバーが溶けた・割れた修理の交換の費用

壁のコンセントの修理の費用では、コンセントプレート・コンセントカーバーが溶けた、割れた場合の交換に約2,000円〜3,000円が相場となります。

【参考費用】コンセントが溶けた修理の費用:約2,000円〜3,000円

コンセントが陥没した修理の費用

また、コンセントが陥没して設置し直す場合は、金具調整などが必要となり約8,000円〜10,000円が相場となります。

【参考費用】コンセントが陥没した修理の費用:約8,000円〜10,000円

また、上記の費用では、業者によってコンセント交換の数によって出張費が追加別途される場合がありますので+約5,000円多く予算で見ておきましょう。


床・壁リフォームはどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりを依頼する


大手ハウスメーカーのみはこちら

壁のコンセントの新設・増設の費用

ここからは、コンセントを新設・増設する費用をご紹介します。コンセントの増設方法の分技と直繋ぎの2点がありますのでそれぞれ分けて順番にみていきましょう。

増設をスイッチや既存コンセントから分技する費用

増設をスイッチや既存コンセントから分技する場合、作業も非常にスムーズに行えて作業時間は約1時間程で完了します。施工費用は約15,000円〜20,000円です。

参考費用:約15,000円〜20,000円

また、2、3本と増設したい場合は、プラス約3,000円/本が施工費用に追加されます。

コンセントの増設を分電盤から配線を引く費用

コンセントの増設を分電盤から配線を引く場合は、分技するより時間がかかるため少し費用が過さみます。施工費用は約20,000円〜25,000円となります。

参考費用:約20,000円〜25,000円

また、こちらの参考費用は、1本の施工費用としてご紹介してますが、2、3本と必要な場合、プラス5,000円と上乗せされる場合が多いです。材料費の配線でも1本、約3,000円はかかります。

コンセントを増設する費用と価格の相場は?

エアコンのコンセントを1階や2階に増設・移設で設置する費用

エアコンのコンセントを1階や2階に増設・移設で設置する費用では、200Vで取り付けることとなりますので、1階の場合は、費用が約30,000円〜40,000円となり、2階に場合は配線延長が必要となるため費用が約40,000円〜50,000円が相場となります。

【参考費用】エアコンのコンセントを1階や2階に増設・移設で設置する費用:約30,000円〜50,000円

コンセントの200vから100vに切り替える費用

コンセントの200vから100vに切り替える費用では、約8,000円〜15,000円が相場となります。

【参考費用】コンセントの200vから100vに切り替える費用:約8,000円〜15,000円

床・壁リフォームはどこに頼めばいいの?
\ 5分に1人申込み!依頼は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりを依頼する


大手ハウスメーカーのみはこちら

DIY・自分でコンセントを増設する費用はどのくらい?

DIYする女性

コンセントの増設をDIYでできるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で道具や材料を揃えないといけません。しかし、実際は道具と施工材料を購入した金額とプロのコンセントの増設の金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。今回の検証は、分技と分電盤から引く場合の平均費用を出しています。まずは、道具と材料を揃える金額からいくらになるかを見ていきましょう。

DIYするには電気工事士の資格が必要?

DIYでコンセントを増設するには電気工事士の資格が必要となります。ですので、持っていない場合は電気屋さんに施工依頼するのが良いです。

DIYでコンセントを増設する為の道具と材料の費用

コンセントを増設するのに材料は2点のコンセントとケーブルです。道具は電気工事専用道具をセットで購入します。

コンセント

商品名:パナソニック コスモワイド埋込ダブルコンセント

価格:約500円

ケーブル

商品名:VVFケーブル

価格:約1,200円

電気工具

商品名:電気工事工具セット

価格:約10,000円

DIYの総額費用

コンセントを増設すると、道具が約10,000円で材料の費用が約1,700円で購入ができます。

参考費用:コンセント増設の道具+施工材料=約11,700円

DIYとプロの費用を比較

施工業者が高くなる程、差額が出てきます。安い業者の場合、3,300円の差額でした。高い業者ですと13,300円の差額です。

参考費用:
DIYでコンセントを増設した場合の費用=約11,700円
プロがコンセントを増設した場合の費用=約15,000円〜25,000円

DIYの施工材料と道具を購入する

コンセントの交換・修理の費用を激安・格安でするには?

激安・格安

コンセントの交換・修理の費用を激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。


全てのリフォームに適用!リフォームを激安・格安にする方法は?

コンセントの交換・修理を依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

コンセントの交換・修理を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが難しく最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用でコンセントの交換・修理を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用しましょう。

一括見積もり無料サービスで安くコンセントのコンセントの交換・修理をできる優良業者を探す!

一括見積もり無料サービスとは、コンセントの交換・修理を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。


一括見積もりで費用を比較

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 小さな修理工事から一括見積り依頼が無料でできる!


✔ 各会社にお断りの連絡は自分でしなくていい!
✔ 見積もり金額や会社が気に入らなければ『全キャンセル』も無料で可能!
✔ メールで全て完結してお悩みは解決!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 自分で探さなくても各県の優良会社と見積りが簡単に手に入る!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 厳しく審査された”優良会社”やハウスメーカーのみの見積もりが請求できる!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!



完全無料一括見積りを依頼する

『全てがわかる!』
壁リフォームの費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
壁のリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG