瓦修理

火災保険で屋根工事や修理はできる?

火災保険で屋根工事や修理について

瓦修理

台風の際に屋根が割れたり、飛んでしまって費用がかかり屋根を火災保険を使って修理ができるのか気になる方は多いと思います。火災保険が適用されると屋根の修理金額を無料の実質0円でできます。ですが、それには、いくつかの条件が必要となります。


火災保険で修理・修繕ができる?
\ 一級建築士が無料で診断 /

無料で診断はこちら


屋根修理の火災保険の自然災害のみ適用される

火災保険の適用は自然災害のみとされています。以下の災害のみ適用されます。

火災…落雷、噴火などによる災害
風災…台風や突風などによる災害
雹災…雹(ひょう)による災害
雪災…豪雪による災害
水害…台風、豪雨などでの洪水・高潮・土砂崩れによる災害



屋根修理の火災保険を利用できる事例

屋根修理の火災保険を利用できる事例をいくつかご紹介します。

瓦屋根が強風で飛んでしまった事例

火災保険が適用される風災では、最大瞬間風速20m/秒以上の風とされています。

他所からの飛来物より屋根の損傷の事例

以下のような事態(自然災害・人災)で、屋根が傷んでしまった場合も火災保険が使えます。必ず証拠となる写真や物品を残しておきましょう。

自然災害による補償

風災(台風や突風)、火災(落雷や噴火)、雹災(ひょう)、雪災(豪雪)等により、瓦や木、看板などが飛んできて自宅の屋根が損害を受けた場合。また、これ以外の自然現象による災害の場合についても同様となります。

人災による補償

飛行船や飛行機、ヘリコプターなどの乗り物、近隣ビルやマンションなどからの飛来物があって被害を受けた場合。また、近隣からの火災などのガス爆発などで爆風を受けて、ご自宅が被害を受けた場合。また、これ以外にも人災と認められる事例が発生した時。

屋根にかかわる部材がずれたりしている事例

台風や突風、豪雪などで、屋根の下にある土が劣化する、屋根内部の結露により屋根材と土が剥離するなどで、屋根にかかわる部材がずれることがあり、瓦屋根などは、隙間のない構造になっており雨漏りを防ぐ仕組みになっています。この場合も火災保険の対象になりますので、写真等に納めておきましょう。



屋根の修理を火災保険で認められるには?

保険員

屋根の修理を火災保険で認められるにはいくつかの条件をクリアしなくてはいけません。

1.屋根修理が必要になってから3年以内
2.屋根修理かかる金額が20万円以上
3.代行ではなくあなた自身で申請する

上記の3つで1と2はクリアできそうですが、2の修理費用の金額には20万円もかかるのでしょうか?屋根の部分的に修理する費用相場は約10万円以内となります。ですが、屋根となれば高い高所作業となるので足場設置が不可欠となりますので、足場設置費用は少なくとも約15万円かかりますのでクリアできることとなります。


火災保険で修理・修繕ができる?
\ 一級建築士が無料で診断 /

無料で診断はこちら


屋根を火災保険の保険金で修理・リフォームをする流れ

火災保険が対象とする事由によって建物や家財に被害が生じた場合、次のような流れで保険金を申請します。

1.被害写真と工事見積書を用意する

保険金を申請する場合、原則として被害状況の証拠写真は必須の添付書類となります。また、工事業者からの工事見積書も必要です。

2.保険会社に保険金支払い申請書の送付を依頼する

契約している保険会社に電話を入れ、被害の概略を説明するとともに、保険金の支払い申請に必要な書類一式を送付してもらいます。

3.書類に必要事項を記入のうえ保険会社に返送する

保険会社から送付されてきた書類に必要事項を記入のうえ、工事見積書と証拠写真を添付して保険会社に返送します。

4.鑑定人が被害状況を確認に来訪する

被害が軽微であれば、返送した書類のみで保険金の額が決まります。ただし、保険金の額が大きくなる可能性のある被害を受けた場合は、保険会社の鑑定人が被害状況の確認のため、自宅に来訪することがあります。

5.保険金の額が確定する

支払われる保険金の額が確定したら、保険会社から金額を知らせる電話が入ります。

6.保険金が振り込まれる

保険金の額の連絡が入ってから、おおむね1週間前後で、指定の口座に保険金が振り込まれます。

以上が、火災保険の保険金を申請する手順となります。これら手順を経て支払われた保険金を使い、修理・リフォーム費用の一部、または全部に充てることとなります。なお、被害状況の証拠写真さえあれば、修理・リフォーム完了後や、工事費用の支払い後でも保険金の支払い申請をすることが可能です。



火災保険の屋根の修理のトラブルの事例について

悩む男女

火災保険のリフォームで高齢者を狙った訪問販売でトラブルが起きます。手口が0円でリフォームができますと言いながら屋根を調査し始め、悪い箇所がなくても破損を偽作して代行申請で保険を降りるようにします。お客様には修理が0円でできたとお得に感じさせ、実際には修理代金以上に水増ししたお金が保険会社からおりています。これらは、詐欺集団の手口で最近ニュースにも上がっています。特に災害があった後によく訪問販売しています。

代行申請会社は詐欺会社なの?

上記だけのお話ですと保険代行申請自体は詐欺の手口となりますが実際に代行申請を行う会社が存在します。災害保険代行申請会社とは、災害保険に入っているのに全然使うタイミングがなく保険料を支払うだけで損をしている場合がありそれらを無料で見直してくれる会社となります。代行申請への支払い報酬は保険会社からお金がおりた場合のみ、成果報酬となり安心して依頼できます。もちろん保険会社からお金がおりない場合は、未成果となり報酬を支払わなくて良いです。以下に安心・おすすめの一般社団法人の代行会社をご紹介しておきます。

一般社団法人の全国建物診断サービスを利用すれば全ての手続きを行ってくれます。

災害保険で損をしていないか見直しをしたい

災害保険で損をしていないか見直しをしたくても何処に頼めばいいか分からないですよね。加入している保険会社にいっても調査費用にお金が数十万かかったりしてしまいますよね。実際に保険のことで相談できる一般社団法人の建物診断サービスというものがあります。こちらは先程にお伝えした保険代行申請もしてくれる優良な会社となります。

一般社団法人の全国建物診断サービスを利用すれば全ての手続きを行ってくれます。


『全てがわかる!』
火災保険のリフォームに関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
火災保険でリフォームができる?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG