建売住宅の相場

建売住宅の相場!値段や平均価格と諸費用の内訳は?

建売住宅の値段や平均価格の相場

OL

土地価格+建築価格=
30,000,000円〜35,000,000円

建売住宅の値段・平均価格の相場ですが、「土地価格」「建築価格」があります。それらの総合した平均価格となります。下の方に内訳詳細を載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な価格はハウスメーカー・工務店・パワービルダーに概算見積もりを出してもらいましょう。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら

無料で未公開物件の取り寄せができる
\ 物件紹介依頼は1分で完了! /

無料で物件紹介の依頼はこちら


土地付き建売住宅の相場!平均価格は地域によって大きく異なる!?

建売住宅の相場

土地付きの建売住宅は、地域によって平均価格が大きくことなり全体的に約2,700万円〜3,700万円となります。

特に首都圏は、相場が高く約3,600万円〜3,700万円となり、近畿圏は約3,300万円〜3,400万円、東海圏は約2,900万円〜3,000万円、その他の地域は約2,700万円〜2,800万円となります。

建売住宅は会社によって価格が異なる

建売住宅には、「ハウスメーカー」「工務店」「パワービルダー」と3つの会社から購入することができます。

3つの会社の特徴には、サービスによって価格が大きく異なります。

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーは、オリジナルブランド部材を自社工場で加工して現場に搬入して組み立てるのが特徴となります。

また、工事などは工務店へ下請けに出すのが基本で、依頼する中間マージンが発生します。

それ以外に、アフターメンテナンスがしっかりされるのも特徴とされます。その分に住宅価格が工務店やパワービルダーに比べ比較的に高くなりがちです。

工務店の特徴

工務店は、自社施工となり、ハウスメーカーと違い中間マージンが発生しません。

また、アフターメンテナンスに関してはあったりなかったりとハウスメーカーに比べ劣ることが大半です。ですが、住宅価格はハウスメーカーに比べ1割〜4割程、安いです。

パワービルダーの特徴

パワービルダーは、基本的に工務店となりますが、工務店との違いは、年間着工数によって分かれるのですが、数百棟以上の場合、パワービルダーとなりません。

パワービルダーはニッチな建築の変形地や狭小地なども施工しコストカットを追求したローコスト住宅をハウスメーカーや工務店には到底敵わない価格で提供してくれるのが特徴となります。

ローコスト住宅で提供できる分、間取りや素材をカットされたり、保証内容が少なかったりと、その点ではハウスメーカーや工務店に比べると劣ることとなります。



建売住宅の諸費用の内訳の相場は?

女性

建売住宅には、住宅価格以外に諸費用が必要となります。

手付金から始まり登記費用がかかり、これらの費用の相場は物件価格の約6%〜13%が相場となります。

【参考費用】建売住宅の費用:物件価格の約6%〜13%

手付金

手付金とは、売買契約をする際に手付金を支払います。

また、手付金は購入後に返金されますが、契約をキャンセルした場合は戻ってきません。

【参考費用】手付金の相場:住宅価格の5%〜10%
建売住宅の手付金の相場は?手付金の注意点もご紹介します。

印紙税

印紙税とは、契約した際にかかる税金を印紙を貼って支払います。

【参考費用】印紙税の相場:1万円〜2万円

仲介手数料

仲介手数料とは、住宅を購入する際に不動産屋に紹介してもらうと発生する費用となり、直接、ハウスメーカーや工務店、パワービルダーで購入すると仲介手数料は必要ではありません。

【参考費用】仲介手数料の相場:「物件価格×3%+6万円+消費税」
建売住宅の仲介手数料の相場!値引きや計算方法もご紹介します。

登録免許税

登録免許税とは、所有権移転登記の際にかかる税金となります。

【参考費用】登録免許税の相場:物件価格の1%

司法書士費用

司法書士費用とは、上記でご紹介した登記などを司法書士に依頼する際にかかる費用となります。

【参考費用】司法書士費用の相場:約20万円

ローン保証料・団体信用生命保険料

ローン保証料・団体信用生命保険料とは、ローンを支払えなくなった場合のリスクの回避で保証料を払う費用となります。

【参考費用】ローン保証料・団体信用生命保険料:ローンの金利含まれるので各自に支払う必要なし

火災保険料・地震保険料

火災保険料・地震保険料とは、住宅ローンを組む際に加入が義務となり保険の費用となります。

【参考費用】火災保険料・地震保険料:約20万〜50万円


建売住宅のオプションの相場は?

建売住宅では、オプションを付けるのが一般的となり、カーテンや照明、シャッター、網戸、アンテナがほぼ必須のアイテムとなります。

オプションは他にもありますが、上記が平均的に取り付けるものとなり価格の相場は以下となります。

【参考費用】建売住宅のオプションの相場:約50万〜150万円
建売住宅のオプション工事の費用の相場!おすすめのオプションもご紹介します。

予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら

無料で未公開物件の取り寄せができる
\ 物件紹介依頼は1分で完了! /

無料で物件紹介の依頼はこちら


建売住宅の頭金の相場はどのくらい必要?

建売住宅を購入する際に頭金を支払うのが一般的ですが、必ずしも支払う必要もないです。

頭金はあくまで後のローンの負担を軽減する為に支払うものです。

【参考相場】建売住宅の頭金の相場:約1割〜
建売住宅の頭金の相場は?頭金なしについてもご紹介します。


建売住宅の値引きの相場やタイミングは?

建売住宅の値引きのタイミングは決まっており、建売住宅が完成直後となり、販売開始してからに比べると売れ行きが分からない為、比較的に安く購入することができます。

【参考相場】建売住宅の値引きの相場:約1割〜
建売住宅の値引きの相場は?値引きの限界やタイミングもご紹介します。


建売住宅を格安・激安で購入する方法!

激安・格安

建売住宅を格安・激安で購入するには、相見積もりを取り、不動産会社等の見積もりを比較することです。

建売住宅探しを依頼できる会社は、不動産会社など各県に数多く存在します。理想のプランや価格で対応してくれる会社を探すには、複数の不動産会社を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格を比較検討することを意味します。

建売住宅を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い価格で購入することになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安く建売住宅が購入ができる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い不動産会社に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
新築の費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:新築の費用の全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG