断熱

断熱のリフォームの費用と価格の相場は?

家の断熱のリフォームの費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
3,000円〜13,500円/㎡

家の木造でよくみられる断熱のリフォームの費用の相場ですが、断熱材・吹き付けの費用には、「床下の断熱リフォームの費用」「部屋の壁の断熱リフォームの費用」「窓の断熱リフォームの費用」「外壁の断熱リフォームの費用」「ダブル断熱の費用」「マンションリフォームの断熱の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



中古住宅の断熱のリフォームについて

断熱

中古住宅の断熱のリフォームをする前にまずは、断熱のメリット・デメリットと種類をご覧ください。

断熱リフォームとは?

断熱リフォームとは、熱を移動させないために行うリフォームのことです。

メリット

断熱リフォームのメリットは、夏場は、エアコンの節電になります。また、熱が伝わりやすい屋根裏部屋やロフトのような屋根裏付近の部屋でも過ごせるようになります。

デメリット

断熱リフォームのデメリットは、断熱のリフォームを生活の用途に誤った工事をすると、日当たりが悪い部屋に遮熱リフォームをすると余計に日差しが悪くなったりします。また、断熱リフォームだけを行うと温度上昇だけが行われた状態となります。



断熱リフォームの種類(床下・部屋の室内壁)

床下断熱リフォームには3種類あります。それぞれ施工方法もメリット・デメリットも異なりますのでご紹介します。まずは、高機能グラスウールボードから御覧ください。

高機能グラスウールボード

高機能グラスウールボード

高機能グラスウールボードは、床下に潜り、骨組みの間にグラスウールボードをはめ込む施工方法です。

メリット

高機能グラスウールボードは他の断熱材に比べ安い費用ででき、耐久性、耐火性があります。

デメリット

高機能グラスウールボードは水に弱く、複雑な配管が通っている場所では、綺麗に施工はできない。

ポリスチレンフォーム

ポリスチレンフォーム

ポリスチレンフォームは、床を捲り、骨組みの間にポリスチレンフォームをはめ込む施工方法です。

メリット

ポリスチレンフォームは、湿気に強く劣化がしにくい素材で、費用は安くできます。

デメリット

ポリスチレンフォームは、熱に弱いです。

発泡ウレタンフォーム(吹き付け断熱)

発泡ウレタンフォーム

発泡ウレタンフォームは、泡状のウレタンフォームを吹付けて固める施工方法です。

メリット

発泡ウレタンフォーム(吹き付け断熱)のメリットは、隙間なく施工できます。

デメリット

発泡ウレタンフォーム(吹き付け断熱)のデメリットは、経年劣化が起きやすくシロアリが侵入しやすいです。



外壁の断熱の種類(外張り)

外張り断熱リフォームとは、家の柱と外壁の間に断熱材を埋め込む方法です。よくある充填断熱工法は、柱と柱の隙間に断熱材を埋め込み壁を取り付ける方法ですが、その外壁の方に断熱材を入れ込みます。

メリット

外張り断熱のメリットは、外張り断熱は外部から断熱を家全体を包み込むので内部には断熱によっての影響がなく、また、外から断熱材の状況確認ができます。また、家全体を包み込んでいますので気密性も高く、冬に結露がしにくく外壁の劣化のサビなども抑えてくれます。

デメリット

外張り断熱のデメリットは、断熱材を巻くことで家の面積が大きくなります。また、後付けリフォームでは面積が足りない場合は断念せざる終えません。それと、夏場は断熱が入っていることで外壁が暑くなり室内温度が上昇します。



窓の断熱の種類

窓の断熱には、「ペアガラスにする」「内窓を設置する」の2つの種類があります。

ペアガラス

普通の窓ガラスは1枚ガラスの構成で造られています。ペアガラスの場合は、2枚のガラス構造となっています。

内窓・二重サッシ・二重窓

内窓・二重サッシ・二重窓とは、サッシの内側にもう一つのサッシを設置する窓のことです。



断熱リフォームで費用対効果を考えるなら

断熱リフォームで費用対効果を重視する場合、全ての部屋を断熱リフォームする方がいいですが、部分的に1部屋するだけでも効果はでるのでおすすめです。



断熱のリフォームの費用

女性

断熱のリフォームの費用では、約3,000円〜8,000円/㎡が相場はとなります。この費用は、「床下の断熱リフォームの費用」「壁の断熱リフォームの費用」「窓の断熱リフォームの費用」「外壁の断熱リフォームの費用」「マンションの断熱リフォームの費用」の平均相場となります。



床下の断熱リフォームの費用

床下の断熱リフォームの費用では、一般的に平米単価となり約3,000円〜5,500円が相場はとなります。この費用の大差は「高機能グラスウールボード」「ポリスチレンフォーム」「発泡ウレタンフォーム」で異なるものです。

【参考費用】床下の断熱リフォームの費用:約3,000円〜5,500円/㎡

床下断熱のリフォームする費用と価格の相場は?



壁の断熱リフォームの費用

壁の断熱リフォームの費用では、一般的に平米単価となり約3,000円〜5,500円が相場はとなります。この費用の大差は「高機能グラスウールボード」「ポリスチレンフォーム」「発泡ウレタンフォーム」で異なるものです。

【参考費用】壁の断熱リフォームの費用:約3,000円〜5,500円/㎡

壁の断熱の費用と価格の相場は?



窓の断熱リフォームの費用

窓の断熱リフォームの費用では、1箇所あたり約70,000円〜200,000円が相場はとなります。この費用の大差は、「カバー工法」「ハツリ工法」かで費用が大きく異なります。

【参考費用】窓の断熱リフォームの費用:約70,000円〜200,000円/箇

断熱の窓の交換リフォームする費用と価格の相場は?



外壁の断熱リフォームの費用

外壁の外張り断熱リフォーム工法にかかる費用には、まず既存の壁を撤去しなくてはいけません。それにかかる費用が壁材の撤去費用に約800円〜1,000円/㎡となります。そして外張り断熱工法にかかる費用が平米単価となり約5,000円〜6,000円となります。150㎡の面積ですと約750,000円〜900,000円となります。また、足場設置が必須となりますので、約700円〜1,000円/㎡がかかってきます。ここまでで総額が約6,500円〜8,000円/㎡となります。あくまでこれは外張り断熱リフォームをするまでの費用となります。

【参考費用】外張り断熱のリフォームの費用:約6,500円〜8,000円/㎡

外壁の外張り断熱リフォームする費用と価格の相場は?



ダブル断熱の費用

ダブル断熱の費用では、内断熱と外断熱を同時に施工しますが一般に平米単価となり約9,000円〜13,500円が相場となります。

【参考費用】ダブル断熱の費用:約9,000円〜13,500円/㎡


マンションリフォームの断熱の費用

マンションリフォームの断熱の費用では、1室あたり約1,000,000円〜5,000,00円が相場はとなります。また、マンションは共有部の断熱リフォームができないため、室内の床、壁、天井、内窓のみとなります。

【参考費用】マンションリフォームの断熱の費用:約1,000,000円〜5,000,00円/室

マンションの断熱の費用と価格の相場は?


『全てがわかる!』
リフォームの費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
リフォームの費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG