タンクレストイレ

タンクレストイレの費用と価格の相場は?

タンクレストイレにリフォームする費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
340,000円〜750,000円

タンクレストイレにリフォームする費用の相場ですが、タンクレストイレの費用では、「タンクレストイレの交換の費用」「タンクレストイレの手洗いの費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



タンクレストイレのリフォームについて

タイル壁のトイレ

タンクレストイレにリフォームする前に後悔しない為にもまずは、タンクレストイレの特徴やメリット・デメリットをご覧ください。

タンクレストイレとは?

タンクレストイレとは、背面にタンクがなく、水道直結で電気で水が流れる仕組みとなってます。また、標準装備で温水洗浄便座(ウォシュレット)が付いているのも特徴です。スタイリッシュな見た目な上にトイレの空間が広く感じられるのが特徴で、現在ではトイレリフォームの中ではタンクレストイレトイレが一番売れてる状況です。

タンクレストイレとタンクありトイレとの比較

タンクレストイレについて知るには、タンクありのトイレと比較してみるのが一番わかります。そのメリットとデメリットをご紹介します。

タンクレストイレのメリット

まるでインテリアにように、洗練された形が魅力的な、タンクレストイレ。
そのムダのない構造のおかげで、外観も機能もプラスになることがたくさんあります。すっきりとした見た目やお手入れのしやすさから、近年のトイレリフォームでは、多くの現場でタンクレストイレが採用されています。

おしゃれなデザイン

タンクレストイレはスタイリッシュでなデザインで、背面に貯水タンクが無い分、空間が広くとれます。和式トイレの狭い場所でもタンクレストイレなら設置できる優れものです。

全ての箇所がお掃除しやすい

タンクレストイレは背面に貯水タンクが無い分、便器の裏もお掃除の手が届くので衛生面にも良く、お掃除時間も短縮できます。

トイレ室内が広くなる

タンクレストイレは、トイレ室内が広くなり、背面にタンクの分の面積がないだけで、空間にかなりのゆとりを生み出します。トイレ本体もローシルエットで、閉塞感もありません。実際、タンクがあるトイレと比べて、高さは30cm前後、奥行は10cm前後もトイレ空間に広がりを与えます。

連続流水することができる

タンクレストイレは水道直結なので水を連続で流せます。タンクに水が溜まるのを待つ必要がないです。タンクありのトイレの場合、水圧や商品によって差はありますが、タンクに水を溜めるまでの時間は1分前後です。家族が連続で入る場合など、朝の忙しい時間にはありがたいかもしれません。


タンクレストイレのデメリット

タンクレストイレのメリットだけを見れば、スゴく魅力的ですが、デメリットもいくつかあるのでご紹介します。

手洗いが別途

タンクレストイレでは、貯水タンクがないので手洗いがついていません。
手洗い付きのタンク式トイレを利用してきたユーザー様は、不便に感じると思います。手洗い場を設置するならば別途費用が必要となります。

高層階では水圧が合わない

水圧が低くなりがちな高層階では、電気の力だけで洗浄するタンクレストイレは、使用が制限されることがるので、必ず設置時の水圧条件を確認し、必要に応じて水圧強化部材も購入して下さい。一般的にマンションの高層階などでは水圧不足のため、利用が出来ません。

停電時には使えない

タンクレストイレは、電気を使って水を流す仕組みになっており、手動レバーや電池式操作など、各機種によって停電時に水を流すための対策はされているので、断水にならない限り使用することは可能です。ただし基本的に、停電時にはバケツなどに水を溜めて流さなくてはならないので、タンク付きのトイレに比べると不便に感じます。

ウォシュレット便座の交換ができない

タンクレストイレは、ウォシュレットが一体型のデザインです。
新型のウォシュレットが出ても、ウォシュレット部分だけを交換できないという欠点があります。温水便座部分だけが故障したとき、便座だけをすぐに購入して交換することができないのでメーカーへ修理依頼しなくてはなりません。

タンクレストイレ設置で気をつける点

設置する際は、必ず水圧条件や配管位置の確認を行いましょう。床工事や電源の新設など、付随工事が多く発生するのが和式トイレからの交換リフォームです。

壁からの排水か床から排水の確認

タンクレストイレは排水位置に2つの制限があり、壁から出てる排水か床から出てる排水かを確認し商品を選ばなくていけません。

手洗い場があるか確認

タンクレストイレにする場合、手洗い場が付いていないので、別途で手洗い場を購入しなくてはなりません。現在、使用している手洗い場があるのならば、既存のまま使うのも一つの手です。

和式トイレからのリフォームは寸法を確認

タンクレストイレがトイレ内に入りきらないこともあるため、必ず寸法をチェックしましょう。



タンクレストイレのリフォームの費用

トイレ、業者

タンクレストイレのリフォームの費用では、約340,000円〜750,000円が相場となります。この費用には、「タンクレストイレの交換の費用」「タンクレストイレの手洗いの費用」の平均費用となります。

【参考費用】タンクレストイレのリフォームの費用:約340,000円〜750,000円


タンクレストイレの交換の費用

タンクレストイレの交換の費用では、様式や手洗い場やアクセサリーパーツで費用が大きく異なってきます。

タンクレストイレにする既存のトイレで交換の費用が異なる

タンクレストイレにする既存のトイレで交換の費用が異なるというのは、既存の使用中のトイレが和式か洋式かによって、タンクレストイレへの交換の費用は変わってきます。和式の場合、洋式トイレが入る広さの確保や、電源の新設、段差を無くすなどの大変な工事を行います。

洋式トイレからタンクレストイレへ交換する費用

洋式トイレからタンクレストイレへ交換する費用では、まず既存のトイレを解体したら配管設置と電気接続をします。そして、タンクレストイレ本体を取り付けます。費用が約125,000円が相場となります。

【内訳】
既存トイレ解体処分費用:約30,000円
トイレ設置費用:約50,000円
配管費用:約30,000円
電気工事費用:約15,000円

合計:約125,000円

和式トイレからタンクレストイレへ交換する費用

和式トイレからタンクレストイレへ交換する費用では、まず既存のトイレ解体と段差をなくす工事をしたら配管設置と電気接続をします。そして、壁と床の内装工事後、タンクレストイレ本体を取り付けます。既存の洋式トイレに比べると段差の解消工事と内装工事費用が多く費用が高くなります。費用が約235,000円~280,000円が相場となります。

【内訳】
既存トイレ解体処分費用:約20,000円
段差解消工事費用:約60,000円
壁工事費用:約60,000円
トイレ設置費用:約50,000円
配管費用:約30,000円~50,000円
電気工事費用:約15,000円~40,000円


合計:約235,000円~280,000円



タンクレストイレの手洗いの費用

タンクレストイレの手洗いの費用とは、別途で手洗い場を設けてあげないと手が洗えません。1番安くても本体価格が約60,000円からとなります。デザイン・グレードによって価格が異なります。

【内訳】
部材代(カウンターや洗面ボウルなど):約60,000円~100,000円
設置費用:約20,000円~50,000円
配管工事費用:約15,000円~30,000円


合計:約95,000円~180,000円

トイレに手洗い器を取り付け交換リフォームの工事費用と価格の相場は?

手洗いのアクセサリーパーツの費用

手洗いのアクセサリーパーツの費用には、ロールホルダー・タオル掛けなど、小さな部材でも全て揃えると、約10,000円~50,000円の追加費用が発生します。少しでも費用を抑えるには、まだ使えそうな現在使用しているパーツや、ホームセンターで購入できるパーツなどがあれば、業者と打ち合わせながら揃えましょう。

【参考費用】手洗いのアクセサリーパーツの費用:約10,000円~50,000円

『全てがわかる!』
トイレのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
トイレのリフォームする費用と価格の相場は?


>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

以下をクリックするとホームへ移動します。そこから一括見積もり依頼へお進み下さい。

CTR IMG