ネオレスト

トイレの費用と価格の相場は?

トイレのリフォームする費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
200,000円〜800,000円

トイレのリフォームの費用の相場ですが、トイレの費用には、「トイレの交換の費用」「トイレの新設の費用」「トイレの移動の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



トイレのリフォームについて

トイレのTOTOのネオレスト

マンションのトイレリフォームについて

マンションのトイレリフォームの管理規約が厳しい?

マンションのトイレリフォームだけでなく全てのリフォームをする際は、管理規約を確認し管理組合にリフォームをすることを申し出て許可を取らなくてはいけません。それに専有部と共用部がありできないリフォームもあります。

リフォームするのが難しいのは?

移動のリフォーム

配管を延長したりするのは可能ですが、床下スペースが狭く勾配がつけれないと水が流れていかない為、断念せざる終えない状況となります。ですが、もともとある水回りの近くに少しズラす程度の移動なら設置は可能です。

こちらの別記事にトイレの位置を変更する移動リフォームの費用と価格の相場をご紹介してます。

移動したい場合は?

トイレをどうしても移動したい場合があると思いますが、その場合はリノベーションのスケルトンリフォームをして骨組だけにして1から構造を変える方法があります。そうすれば配管の勾配に縛られずに風呂を移動することが可能です。

こちらの別記事でもマンションのスケルトンリフォーム費用と価格の相場をご紹介しています。

増設のリフォーム

増設のリフォームも移動と同じで配管の延長をうまく行えるなら可能です。また、もともとある水回りの近くに増設なら設置は容易とされます。

こちらの別記事で1階か2階にトイレの増設・増築で設置するリフォームの費用と価格の相場をご紹介してます。

トイレの寿命の時期は?

トイレの寿命は約15年〜25年の間と言われています。使い方次第で約25年以上持ちますが、トイレの設備本体内には、各金属機器がついており部分的にメンテナンスを行わないと約10年程で劣化が見られます。メンテナンス方法として部分的にメンテナンスを行う時期は約5年〜8年の間でパッキンやコマを交換・修理したり、配管は約10年ぐらいを目安に変えます。

こちらの別記事でもトイレの水漏れ修理する費用と価格の相場をご紹介しています。

賃貸・団地のマンションはリフォームできる?

賃貸や団地のキッチンをリフォームするのは勝手にはできません。するとなれば管理規約に沿って大家さんか管理会社に連絡をとって確認しましょう。

トイレの種類とメリット・デメリット

トイレには「組み合わせ便器」「一体型トイレ」「タンクレストイレ」「システムトイレ」の4種類があり、特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

組み合わせ便器

組み合わせ型トイレ

組み合わせ便器は、便器、便座、タンクが全て別売りされていいて、組み合わせて自分の好みでデザインを選べます。

メリットはお手頃価格で買えることです。また便座が故障した場合は、便座のみ交換ができます。一方、デメリットは、タンクに水が貯まるまで水が流せないことです。また、接続部が多いので隙間に汚れが入り衛生的に問題があります。

一体型トイレ

一体型トイレ

便器、タンク、便座が一体型で売られているトイレです。

メリットは、接続部が少ないのでお掃除がしやすいです。また、見た目がシャープです。一方、デメリットは何かが壊れるとトイレごと交換しなければならないです。また、タンクに水が貯まるまで流せないです。

タンクレストイレ

タンクレストイレ

タンクがないトイレが特徴で見た目がスタイリッシュで人気の高いトイレです。

メリットは、見た目がコンパクトなので広い空間になります。また、接続部が少ないのでお掃除がしやすいです。それと、水を連続で流す事ができます。一方、デメリットは何かが壊れるとトイレごと交換しなければならないです。また、値段が他のトイレに比べると高いです。それと、タンクがないのでお手洗いは別途で設置しなければならないです。水圧が弱いご自宅ではタンクレストイレは設置できないです。

システムトイレ

システムトイレ

システムトイレは、トイレだけではなく、手洗い場、収納など組み合わせれるトイレです。

メリットは、小物がスッキリ整理できます。また、セット商品なのでカタログのイメージ通りになります。一方、デメリットはトイレが狭いと設置できないです。また、工事が普通のトイレに比べると期間が長いです。



トイレリフォームの費用

totoのトイレ

トイレリフォームの費用では、「トイレの交換の費用」「トイレの新設の費用」「トイレの移動の費用」があります。まずは、トイレの本体価格からご紹介します。

トイレのグレード別の本体価格

メーカーのトイレの価格相場は以下の通りです。

シンプルグレードハイグレード
約20万〜30万円約40万〜60万円


トイレの交換の費用

トイレの交換の費用には、設置するだけでなく様々な工事が伴い、各それぞれの費用を知る必要がございます。

取付け費用約50,000円
撤去処分費用約40,000円
給排水管接続費用約10,000円
内装工事約30,000円
合計約130,000円

トイレのリフォームの期間

トイレのリフォームを解体工事から始め下地補強から設置までの期間は約5日間となります。また、トイレ室内の壁紙や床の内装工事をする場合は、さらに約1日間かかります。

約5日間〜

トイレの交換の費用と価格の相場は?



トイレの新設の費用

トイレの新設の費用では、約700,000円〜900,000円が相場となります。この費用には、トイレの本体価格と設置費用だけでなく、壁の解体・設置、壁紙クロス・床の張替え、照明器具の設置、電気や排水管の配線工事、廃材処分費などの費用が含まれます。

【参考費用】トイレの新設の費用:約700,000円〜900,000円

1階か2階にトイレの増設・増築の費用と価格の相場は?



トイレの移動の費用

リフォームでトイレの移動の費用では、約290,000円〜405,000円かかります。既存のトイレ内の機材等を使用するとしても新たに購入する場合でも、以下のようなものが含まれます。

【参考費用】トイレの移動の費用:約300,000円〜400,000円

トイレの移動の費用と価格の相場は?

トイレの移動する期間

工期の目安は約2日~5日間、トイレの位置を変える場合かかります。



トイレの部分リフォームの施工費用のみの相場と内訳

トイレのTOTOのネオレスト

以下の価格は施工費用のみを表示しています。費用は以下の通りです。

トイレの便座のみを交換する場合のリフォーム

トイレの便座のみを交換する費用は便座の撤去費用に約20,000円と交換費用に約30,000円となります。

便座撤去費用約20,000円
便座交換費用約30,000円
合計約50,000円

こちらの別記事で便座を交換するトイレリフォームする費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

トイレの便器を交換するリフォーム

トイレの便器を交換する費用にはトイレの撤去費用が約40,000円と取り付け費用と給排水管工事費用に約60,000円となります。

トイレ撤去費用約40,000円
トイレ取り付け費用約50,000円
給排水管工事費用約10,000円
合計約100,000円

こちらの別記事でトイレの便器の交換するリフォームの費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

トイレまるごとリフォーム(便座・便器の交換+内装リフォーム)

トイレ撤去費用約40,000円
トイレ取り付け費用約50,000円
給排水管工事費用約10,000円
壁クロス張替え費用約60,000円
床クロス張替え費用約50,000円
合計約200,000円


トイレリフォームのその他の工事の内訳

グレークロスのトイレ

和式から洋式へのリフォームの費用

和式から洋式へリフォームする費用には、洋式トイレ本体価格がグレードによって大きく異なります。

トイレ本体価格約200,000円〜600,000円
トイレ撤去費用約40,000円
トイレ取り付け費用約50,000円
給排水管工事費用約10,000円
壁クロス張替え費用約60,000円
床クロス張替え費用約50,000円
床段差解消工事費用約20,000円
合計約約400,000円〜800,000円

和式のトイレ内に電気コンセントがない場合、電源新設工事をしなければなりません。その場合の費用が別途で約20,000円が必要となります。

こちらの別記事で和式トイレから洋式トイレへリフォームする費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

ぼっとん便所から水洗トイレへリフォームする費用

ぼっとん便所を水洗トイレへリフォームするには、ぼっとん便所を解体撤去して土に便槽が埋まっているので掘り起こしてからトイレの設置となります。また、この作業工程の間に浄化槽設置の工事が発生します。浄化槽設置の配管の長さで費用が異なります。

トイレ本体価格約200,000円〜600,000円
トイレ・便槽撤去約60,000円
浄化槽の設置の費用約500,000円〜800,000円
トイレ取り付け費用約50,000円
給排水管工事費用約20,000円
壁クロス張替え費用約60,000円
床クロス張替え費用約50,000円
電源新設工事費用約20,000円
合計約960,000円〜1,660,000円

こちらの別記事で汲み取り式トイレのぼっとん便所から水洗にするリフォーム費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

タンクレストイレへリフォームする費用

タンクレストイレの費用は和式と洋式で異なる

現在、使用中のトイレが和式か洋式かによって、タンクレストイレへのリフォームの工事費用は変わってきます。和式の場合、洋式トイレが入る広さの確保や、電源の新設、段差を無くすなどの大変な工事を行います。

洋式トイレをタンクレストイレへリフォームする工事費用

洋式トイレの工事工程は、既存のトイレを解体したら配管設置と電気接続をします。そして、タンクレストイレ本体を取り付けます。以下が工事費用の相場となります。

既存トイレ解体処分費用約30,000円
トイレ設置費用約50,000円
トイレ配管工事の費用約30,000円
電気工事費用約15,000円
合計約125,000円

和式トイレをタンクレストイレへリフォームする工事費用

和式トイレの工事工程は、既存のトイレ解体と段差をなくす工事をしたら配管設置と電気接続をします。そして、壁と床の内装工事後、タンクレストイレ本体を取り付けます。既存の洋式トイレに比べると段差の解消工事と内装工事費用が多く費用が高くなります。以下が工事費用の相場となります。

既存トイレ解体処分費用約20,000円
段差解消工事費用約60,000円
壁工事費用約60,000円
トイレ設置費用約50,000円
トイレ配管工事の費用約30,000円~50,000円
電気工事費用約15,000円~40,000円
合計約235,000円~280,000円

タンクレストイレにリフォームする費用と価格の相場は?

トイレを増設するリフォーム費用

トイレを増設する費用の内訳は以下の通りです。

トイレ本体価格約200,000円〜600,000円
トイレ取り付け費用約50,000円
給排水管工事費用約20,000円
壁クロス張替え費用約60,000円
床クロス張替え費用約50,000円
電源新設工事費用約20,000円
壁解体増設費用約200,000円
合計約600,000円〜1,000,000円

こちらの別記事で1階か2階にトイレの増設・増築で設置するリフォームの費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

押入れやクローゼットにトイレを増設する

押入れやクローゼットのスペースを使ってトイレを増設することが可能です。ただし1㎡(0.4坪)確保できないと増設は難しいです。その場合は壁の延長工事が必要となります。

押入れをトイレにするリフォームの費用と価格の相場は?

トイレ移動する・位置を変えるリフォーム費用

トイレ移動に使用するトイレは既存のトイレとします。ですので、以下のリフォーム費用にはトイレの本体価格は含まれておりません。

トイレ取り付け費用約50,000円
排気用ダクト設置工事約50,000円
給排水管工事費用約20,000円
壁クロス張替え費用約60,000円
床クロス張替え費用約50,000円
電源新設工事費用約20,000円
壁解体増設費用約200,000円
合計約450,000円

また、トイレの移動にはキャビネット・棚がある場合は費用が約40,000円~150,000円別途となります。

こちらの別記事でトイレの位置を変更する移動リフォームの費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

手洗い器を設置するリフォーム

タンクレストイレへ交換した場合は、手洗い器が後付で必要となります。交換の費用ではなく後付けの費用をご紹介します。

手洗い器の本体価格約70,000円〜140,000円
取り付け費用約50,000円〜60,000円
合計約120,000円〜200,000円

こちらの別記事でトイレに手洗い器を取り付け交換リフォームの工事費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

トイレ配管工事の費用

トイレ配管工事が必要となる原因がトイレットペーパーの詰まりや配管に勾配が無くなり流れなくなってしまった場合は外部に繋がっている配管を土を掘り返して交換もしくは高圧洗浄で清掃をしなくてはなりません。トイレ配管工事の費用は以下の通りです。

配管交換工事約15,000円〜/m
配管高圧洗浄約25,000円〜30,000円

トイレの換気扇の費用

換気扇を交換する費用

換気扇の交換費用は約20,000円〜40,000円で、本体価格は機能なしであれば約3,000円程であります。

参考価格:約23,000円〜43,000円

トイレの換気扇の交換の取り替えるリフォームする費用と価格の相場は?

換気扇を新設する費用

換気扇を取り付ける費用は、大工工事、電気工事、処分費、諸経費が含まれます。費用は約40,000円〜60,000円となります。また、トイレにコンセントがない場合は約15,000円〜20,000円で増設をしなくてはいけません。本体価格は約3,000円程であります。

参考費用:約43,000円〜63,000円


トイレの内装リフォームの費用

トイレの内装工事リフォームの費用では、「床」「壁紙」の2つの費用があります。

トイレの床のリフォーム費用

トイレの床のリフォーム費用には、材料費用と施工費用が含まれます。また、参考費用の差はトイレの広さの0.4坪(約1.3㎡)、0.5坪(約1.7㎡)、0.75坪(約2.3㎡)で異なります。

参考費用:約20,000円〜100,000円

こちらの別記事でトイレの床張替えのリフォームする費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

トイレの壁紙のリフォーム費用

トイレの壁紙のリフォーム費用には、材料費用と施工費用が含まれます。また、参考費用の差はトイレの広さで壁の面積費用が異なります。

参考費用:約2,500円〜30,000円

こちらの別記事でトイレの壁紙・クロスの張替えのリフォームの費用と価格の相場をより詳しくご紹介しています。

トイレの収納のリフォーム費用

トイレの収納には「吊り戸棚」「キャビネット」と2種類あります。それぞれ費用が異なります。

参考費用:約30,000円〜300,000円

トイレに収納を設置するリフォームの費用と価格の相場は?

トイレの便器を脱着する費用相場

トイレの便器を脱着する費用が気になる方は、DIYで脱着だけができなくて脱着だけしてほしいなど挙げられますが、トイレを脱着するのみでしたら約30,000円〜40,000円で可能です。作業時間は、取り外し、取り付けに1時間程で完了します。費用の相場をみると脱着のみで結構な金額のイメージがありますが、1日以内で脱着の作業なら約15,000円〜20,000円となりますが、2日間かかるような1日目に取り外して別の2日目に取り付けるというような作業の場合は、約30,000円〜40,000円となります。

参考費用:約15,000円〜40,000円

トイレの便器を処分する費用

トイレを取り外して処分もしてほしい場合の費用は、約20,000円〜40,000円となります。

参考費用:約20,000円〜40,000円

トイレの水漏れ修理する費用

トイレの水漏れの原因はさまざま異なり修理方法も費用が違います。まずは、業者に頼む前に自分で的確な判断してから依頼しましょう。以下に費用を表示していますが、トイレの水漏れ費用は業者によって様々異なりますがそれほどの大差がないです。異る費用の箇所として最低売上設定をしているかしてないかで価格が変わってきます。最低売上設定が約3,000円〜4,000円が平均費用ですが、無い所もあるのでネット等で探してみるのもいいでしょう。

参考費用:約1,000円〜200,000円

トイレの水漏れ修理する費用と価格の相場は?

トイレの換気扇の交換の取り替えリフォームの費用

トイレに換気扇を交換の取り替えるリフォームの費用の相場ですが、換気扇にはグレードがあり「スイッチを入れると稼働するタイプのシンプルな換気扇」と「照明スイッチと連動する換気扇」、「トイレに入ると自動的に作動し始めるタイプの換気扇」の3つの種類があります。それらの総合した平均の費用となります。

参考費用:10,000円〜100,000円

トイレの換気扇の交換の取り替えるリフォームする費用と価格の相場は?



格安でトイレリフォームをするには?

格安でトイレのリフォームをするには?

費用を抑えるには?

トイレを激安で費用を抑えたいリフォームをする場合は、トイレの位置を変えないことです。トイレを位置を動かすことで配管の延長が必要となり費用が高額になります。施工費用だけでも安くする為に、もともとの位置のままでリフォームすることです。

本体価格を抑えるには?

トイレの本体価格を抑えるには、グレードを落とすことです。グレードとは、トイレにもともと備わっている設備が普及タイプ・中級タイプ・高級タイプに分かれています。本体価格を抑えるには普及タイプを選びましょう。普及タイプと高級タイプでは約200,000円〜400,000円の差があります。

格安・激安でトイレのリフォームするには?

おすすめリフォームのキッチン・風呂・トイレを3点同時で費用がお得

リフォームでキッチンや風呂・トイレを格安の費用でするにはどうしたらいいのでしょうか?水回りのリフォームをするのに費用がかさむと思い1カ月置きに1点ずつするよりも3・4点ぐらい一気にするとトータル費用が約100,000円〜500,000円程変わってくる場合があります。一緒に風呂・キッチン・トイレをすることで本体価格の仕入れ価格と業者の人工代の施工費用が削減されるからです。

水回りのセットパック価格

戸建て住宅の価格相場
3点セットパックの工事費込み:約700,000円〜1,500,000円
マンションの価格相場
3点セットパックの工事費込み:約600,000円〜1,000,000円

こちらの別記事でも水回りのリフォームセットの2点・3点・4点パックの費用と価格の相場をご紹介しています。

メーカーの参考価格って安くなるの?

表示されている参考価格は、メーカーの相場の価格となります。リフォーム会社や工務店はメーカーから卸す為40%〜60%掛けて卸されます。ですので、メーカー価格が1,000,000円の商品であれば、リフォーム会社や工務店を通すと40%の場合「400,000円」、50%の場合「500,000円」、60%の場合「600,000円」となります。

TOTOのトイレは割引率が高い

TOTOは、水回りの設備機器の製造メーカーで”水栓金具”に特化した商品を開発している会社です。それぞれのメーカーの中で一番掛け率がいいと言われています。TOTO以外は、だいたい40%がせいぜいです。

最大割引率:50%〜60%


トイレリフォームは補助金が使える?

補助金

トイレリフォームは補助金がでるのか気になりますよね。住宅をバリアフリー化するケースや省エネ性能が高い仕様にリフォームする場合などで国や自治体などから補助金が出ます。トイレのリフォームもそれにあたる場合は補助金が期待できます。補助金の内容は自治体によって大きく異なるので、どういった制度が当該物件で提供されているのか調べてみましょう。

こちらに介護トイレにバリアフリーリフォームする費用と価格の相場をご紹介しています。

リフォーム会社やシステムバスのメーカーなどの担当者に相談しても良いでしょう。良く知られたものに長期優良リフォーム補助制度があります。住宅の劣化対策や省エネ化によって今ある住宅の長寿化を図るものです。リフォーム費用の3分の1までを1戸当たり最大で200万円まで国からの補助金が交付されます。 

リフォームでの補助金というと、耐震リフォームや介護保険を活用したリフォーム補助金が知られていますが、こういった特例的なリフォームでなくても、条件を満たせば補助金の対象となることがあります。 

支援方法としては補助金という形だけではなく、利子補給や融資、専門家の派遣など、様々な方法で採られます。自治体の補助金制度を利用する際には、地元の業者に依頼する場合に限るというケースが多いので注意しましょう。 

地元経済の活性化を図るという目的で交付されるものは額はあまり大きくありませんが、他の補助金制度と併せて使えることが多いです。



DIY(自分で)トイレの内装リフォームの費用はどのくらい?

DIYする女性

今、流行りのDIY(自分)でトイレの内装リフォームの壁や床を張替える費用をプロの費用と比較してどのくら安く済むのか検証してみたいと思います。まずは床のDIYとプロの費用比較をご紹介します。

DIYでトイレの床のクッションフロアを張替える為の道具の費用

クッションフロアを張り替える為の道具は個別に買うよりもセット一式の物を購入した方が安いです。実際にネットで売っているものがあります。

クッションフロアの施工道5点セット

価格:約6,000円

クッションフロアの床材の費用

ホームセンター等で売っている床材の価格をご紹介します。

例)
4畳半(約8㎡)のクッションフロアの床材の費用の場合:約4,000円〜5,600円
6畳(約10㎡)のクッションフロアの床材の費用の場合:約5,000円〜7,000円

DIYの総額費用

4畳半〜6畳の床をDIYで張替えすると、道具の費用が約6,000円でクッションフロアの床材が約4,000円〜7,000円の間で購入ができます。

参考費用:施工道具+クッションフロアの床材=約10,000円〜13,000円

DIYとプロの費用を比較

参考費用を見ると範囲が広くなる程、差額が出てきます。狭い範囲の場合、8,000円の差額でした。広い範囲ですと15,000円の差額です。

参考費用:
DIYで張替えた場合の費用=約10,000円〜13,000円
プロが張替えた場合の費用=約18,400円〜28,000円

DIYの施工材料と道具を購入する

DIYでトイレの壁紙・クロスを張替える為の道具の費用

壁紙・クロスを張り替える為の道具は個別に買うよりもセット一式の物を購入した方が安いです。実際にネットで売っているものがあります。

壁紙クロスの張り替え道具セット

壁紙・クロスの施工道7点セット

価格:約3,000円

DIY用の壁紙・クロスのり付き材の費用

ホームセンター等で売っている壁紙・クロス材の価格をご紹介します。

例)
0.4坪(約2.5㎡)の壁紙・クロスのり付き材の費用:約900円
0.5坪(約3.5㎡)の壁紙・クロスのり付き材の費用:約1,200円
0.75坪(約5㎡)の壁紙・クロスのり付き材の費用:約1,500円

DIYの総額費用

0.4坪〜0.75坪の壁をDIYで張替えすると、道具の費用が約3,000円で壁紙・クロスのり付き材が約900円〜1,500円の間で購入ができます。

参考費用:施工道具+壁紙・クロスのり付き材=約3,900円〜4,500円

DIYとプロの費用を比較

参考費用を見ると範囲が広くなる程、差額が出てきます。狭い範囲の場合、DIYの方が高額となり1,400円の差額でした。広い範囲ですとプロの方が高額となり1,500円の差額です。

参考費用:
DIYで張替えた場合の費用=約3900円〜4,500円
プロが張替えた場合の費用=約2,500円〜6,000円

DIYの施工材料と道具を購入する


『全てがわかる!』
リフォームの費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
リフォームの費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

以下をクリックするとホームへ移動します。そこから一括見積もり依頼へお進み下さい。

CTR IMG