ウォシュレット

トイレのウォシュレットの費用と価格の相場は?

トイレのウォシュレットの費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
20,000円〜120,000円

トイレのウォシュレットの費用の相場ですが、ウォシュレットにはタイプがあり「貯湯式」「瞬間式」の2つの種類があり、費用では「トイレのウォシュレットを交換する費用」「トイレのウォシュレットを取り付ける費用」「トイレのウォシュレットを修理する費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



トイレのウォシュレットの交換・後付けの取り付け・修理について

ウォシュレット

トイレのウォシュレットを交換・後付けの取り付け・修理する前にまずは、ウォシュレットの種類や寿命、交換タイミングをご覧ください。

ウォシュレットの寿命は5年が目安?

ウォシュレットの寿命は、約5年〜10年と言われています。どこか故障した場合、「修理」か「買い替え時期」なのか、タイミングって分からないですよね。5年目でどこかの不具合が出た場合は、交換のおすすめをします。電化製品は、一つ故障すると、電気で連結されてる部分が多いため連鎖的に故障がドンドンでてきます。それに、ウォシュレットの保証期間は長くても5年保証なので、それが、ウォシュレットの潰れ時期と思ってくれてもいいかもしれません。

ウォシュレット便座の交換タイミングは?

ウォシュレットが暖かくならない…
ウォシュレットからノズル・水が出ない…
ウォシュレットのボタン操作ができない…
ウォシュレットの自動消臭が動かない…
ウォシュレットの蓋の自動開閉が動かない…

などが挙げられます。上記の不具合が出た場合は交換タイミングだと思いましょう。

ウォシュレット便座の種類は2つある

ウォシュレットに2種類あり「貯湯式」「瞬間式」のタイプがあります。以下に2種類のメリットとデメリットをご紹介します。

ウォシュレットの貯湯式とは?

ウォシュレットの貯湯式とは、お湯をタンクに貯めて放水するタイプです。メリットは、本体価格がお手頃に買える価格設定となっています。一方、デメリットはタンクの保温されたお湯がなくなると放水されなくなり、保温時間で電気代が過さみます。

ウォシュレットの瞬間式とは?

ウォシュレットの瞬間式とは、ヒーターで瞬間的に水を温めて放水されるタイプです。メリットは、お湯切れの心配がないです。一方、デメリットは本体価格が比較的に高いです。

ウォシュレットのリモコンの種類

ウォシュレットのリモコンには2種類あり、「袖リモコン」「壁リモコン」があります。貯湯式では2種類どちらも選択可能ですが、瞬間式はタンクがないため壁リモコン一択となります。

ウォシュレットの水はどこの水?

ウォシュレットの温水の水はどこの水なのか気になる方が多く見られます。理由としては、タンクの中はカビで繁殖してる場合が多く不衛生の場合が多いからです。「貯湯式」「瞬間式」も直接、水道管から出ているので清潔です。因みに、手洗いも水道管から出てます。

ウォシュレットの購入する前に確認する点

ウォシュレットを購入する際に気をつける点をご紹介します。

電源コンセントが室内にあるか?

電気コンセントがあるか、アースがあるか確認をしないといけません。その際に、消費電力も大丈夫か確認しましょう。

サイズを確認

ウォシュレットをつけるには、便器の型番を確認しなければなりません。確認方法は、便器の背面にシールが貼られてるので確認して下さい。その他に、採寸する方法があります。便座の取り付け穴からタンクまで、便座の取り付け穴から便器先端までの縦方向、便座取り付け穴同士の間隔、そして便座開口部の大きさ、の4つを測ればいいです。

色の確認

ウォシュレットの色には色番号があり、便器の背面かタンクの背面にシールが貼られています。そこに(#・・・・ホワイト)という風に表示シールが貼られているので確認しましょう。



トイレのウォシュレットの費用

トイレ、業者

トイレのウォシュレットの費用では、約20,000円〜120,000円が相場となります。この費用は、「トイレのウォシュレットを交換する費用」「トイレのウォシュレットを取り付ける費用」「トイレのウォシュレットを修理する費用」の平均費用となります。



トイレのウォシュレットを交換する費用

トイレのウォシュレットを交換する費用には、本体価格と施工費用があり約17,000円〜110,000円が相場となります。以下で内訳をご紹介します。

【参考費用】トイレのウォシュレットを交換する費用:約17,000円〜110,000円

ウォシュレットの工事費込みの価格

ウォシュレットの本体価格は安いもので約10,000円から高いもので約100,000円のものまであります。平均的に売れてるウォシュレットは約50,000円のものとなります。また、ウォシュレットの取り付けには、安い業者さんなら約7,000円で高ければ約10,000円となっています。取り付けの平均費用は、約8,000円となります。

【参考費用】ウォシュレットの工事費込みの価格:約17,000円〜110,000円

機器本体の価格:約10,000円〜100,000円
取り付け施工費:約7,000円〜10,000円

室内に電源コンセントが無い場合は新たにコンセントを約20,000円で増設しなければなりません。



トイレのウォシュレットを取り付ける費用

トイレのウォシュレットを後付けで取り付ける費用では、まずは既存の便座を撤去します。次に水栓工事と電源コンセントが室内にない場合は増設を行います。そして、ウォシュレットを取り付けます。これらにかかる費用は、約25,000円〜30,000円となります。また、本体価格が約10,000円〜100,000円となりますので総額が約35,000円〜130,000円が相場となります。

【参考費用】トイレのウォシュレットを取り付ける費用:約35,000円〜130,000円


トイレのウォシュレットの修理する費用

トイレのウォシュレットの修理する費用では、約15,000円〜50,000円が相場となります。この費用は、ウォシュレットが「便座が冷たい時の修理」「動かない時の修理」「水漏れする時の修理」「水が出ない時の修理」「温水が出ない時の修理」、ノズルが「出てこない・戻らない時の修理」「水が止まらない時の修理」、リモコンを「押しても反応しない時の修理」の平均費用となります。以下で内訳をご紹介します。

【参考費用】トイレのウォシュレットの修理する費用:約15,000円〜50,000円

便座が冷たい時の修理する費用

ウォシュレットの便座が冷たい時の修理する費用には、まず、便座が温かくならない場合は、便座の故障の可能性が大きいです。修理の費用は、約15,000円〜50,000円となります。「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。

【参考費用】ウォシュレットの便座が冷たい時の修理する費用:約15,000円〜50,000円

動かない時の修理する費用

ウォシュレットが動かない時の修理する費用には、まず、便座が動かない場合は、電装基盤や人感センサーの故障の可能性が大きいです。修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。

【参考費用】ウォシュレットが動かない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円

水漏れする時の修理する費用

ウォシュレットから水漏れする時の修理する費用には、まず、ウォシュレットから水漏れする場合は、温水タンク(給水フィルター付水抜栓)や洗浄バルブ(給水管や分岐金具)の故障の可能性が大きいです。修理の費用は、約15,000円〜25,000円となります。「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。

【参考費用】ウォシュレットから水漏れする時の修理する費用:約15,000円〜25,000円

水が出ない時の修理する費用

ウォシュレットから水が出ない時の修理する費用には、まず、ウォシュレットから水が出ない場合は、人感センサーの故障の可能性が大きいです。修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。

【参考費用】ウォシュレットから水が出ない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円

温水が出ない時の修理する費用

ウォシュレットから温水が出ない時の修理する費用には、まず、ウォシュレットから温水が出ない場合は、貯湯式ウォシュレットの場合は温水タンク、瞬間式ウォシュレットの場合はサーモスタットの故障の可能性が大きいです。修理の費用は、約20,000円〜30,000円となります。「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。

【参考費用】ウォシュレットから温水が出ない時の修理する費用:約20,000円〜30,000円

ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用

ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用には、まず、ノズルが動かない場合は、ノズルユニットの故障の可能性が大きいです。修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。

【参考費用】ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円

ノズルから水が止まらない時の修理する費用

ノズルから水が止まらない時の修理する費用には、まず、ノズルから水が止まらない場合は、メインバルブユニットの故障の可能性が大きいです。修理の費用は、約15,000円〜20,000円となります。「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。

【参考費用】ノズルから水が止まらない時の修理する費用:約15,000円〜20,000円

リモコンが反応しない時の修理する費用

リモコンが反応しない時の修理する費用には、まず、リモコンが反応しない場合は、リモコンの故障の可能性が大きいです。修理の費用は、約15,000円〜25,000円となります。「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。

【参考費用】リモコンが反応しない時の修理する費用:約15,000円〜25,000円

『全てがわかる!』
トイレのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
トイレのリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG