トイレの換気扇交換費用

トイレの換気扇の費用と価格の相場は?

トイレの換気扇の費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
10,000円〜100,000円

トイレの換気扇を設置・交換・修理する費用の相場ですが、換気扇にはグレードがあり「スイッチを入れると稼働するタイプのシンプルな換気扇」と「照明スイッチと連動する換気扇」、「トイレに入ると自動的に作動し始めるタイプの換気扇」の3つの種類があり、費用では「トイレの換気扇の交換する費用」「トイレの換気扇の後付けで新設で設置する換気扇の費用」「トイレの換気扇の修理する費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



トイレの換気扇の新設設置・交換・修理について

トイレの換気扇交換費用

トイレの換気扇を新設設置・交換・修理する前にまずは、換気扇の交換する時期やサインをご覧ください。

トイレの換気扇の交換・取り替える時期は?

トイレの換気扇の交換・取り替える時期は何年という目安がありません。10年以上の寿命の換気扇もあれば2年の寿命の換気扇もあります。寿命の目安はないですが、寿命の交換時期のサインはあります。

トイレの換気扇の交換の時期のサイン?

トイレの換気扇はスーッと静かな音を立てて電気モーターが駆動しています。ですが、壊れかてきた換気扇の音には違いがでます。カタカタカタと何かが転がるような音がする場合、劣化の損傷で内部の部品が折れて一緒にモーターと回っている音です。そうなると、間もなくモーターが騒音をたてプロペラの回転が鈍くなり停止します。

トイレの換気扇の寿命を少しでも長くできないの?

トイレの換気扇の寿命を少しでも長くするには、小まめ掃除が重要です。1年に一回の大掃除に積もったホコリを掃除するのはよくありません。その状態でのお掃除は劣化が進行してしまっている状態です。ホコリが積もってしまうと、湿気でホコリが水分を含みモーターの内部へ入り込み、機器の劣化が進行します。ですので、ホコリが積もる前に小まめな掃除を心掛けましょう。



トイレの換気扇の費用

トイレ、業者

トイレの換気扇の費用では「トイレの換気扇の交換する費用」「トイレの換気扇の後付けで新設する換気扇の費用」「トイレの換気扇の修理する費用」があります。



トイレの換気扇の交換する費用

トイレの換気扇の交換する費用は、換気扇の本体代、施工費用、諸経費等がかかります。まずは、換気扇の交換の取り換える費用をご紹介します。

トイレの換気扇の取り替える費用

トイレの換気扇の取り替える費用には、まず既存の換気扇を取り外し撤去します。次に新しい換気扇を電気配線と接続して設置すれば完了です。費用が約20,000円~40,000円となります。

【参考費用】トイレの換気扇の交換の取り替える費用:約20,000円~40,000円

トイレの換気扇の本体価格

トイレの換気扇の本体価格は、機能なしであれば約3,000円程であります。また機能が付いている場合は価格が異なりますので以下でご紹介します。

【参考価格】トイレの換気扇の本体価格:約3,000円〜5,000円

トイレの換気扇のグレード別の本体価格と例

トイレの換気扇にもグレードがあり、費用にも大差が出るので各費用をご紹介します。

スイッチを入れると稼働するタイプのシンプルな換気扇の本体価格

【参考費用】スイッチを入れると稼働するタイプのシンプルな換気扇の本体価格:約10,000円〜30,000円

例)スイッチを入れると稼働するタイプのシンプルな換気扇の本体費用+施工費用=約30,000円〜70,000円

照明スイッチと連動する換気扇の本体価格

グレードによっては、強弱のスイッチがついており、トイレの使用後は強、使用していないときは弱でかけ続けることができます。

【参考費用】照明スイッチと連動する換気扇の本体価格:約10,000円〜40,000円

例)照明スイッチと連動する換気扇の本体費用+施工費用=約30,000円〜80,000円

トイレに入ると自動的に作動し始めるタイプの換気扇の本体価格

人を感知すると弱から強へとモードが切り替わったり、タイマーを設定して、自動で電源を切れるようにできたりといった多機能なものもあります。

【参考費用】トイレに入ると自動的に作動し始めるタイプの換気扇の本体価格:約30,000円〜100,000円

例)トイレに入ると自動的に作動し始めるタイプの換気扇の本体費用+施工費用=約50,000円〜140,000円

換気扇の既存サイズを拡張する穴あけの費用の相場

現在、使用している換気扇よりワンサイズ上げる場合は、開口部を広くしないといけません。開口部を広げる穴あけの費用をご紹介します。

【参考費用】換気扇の既存サイズを拡張する穴あけの費用:約10,000円〜20,000円

例)本体代+施工費用+開口部拡張費用=約30,000円〜60,000円

換気扇の位置を変える費用の相場

現在の位置にある換気扇とは別の場所に、換気扇を設置する場合、まずは、現在の換気扇を取り外し穴を塞がなくてはなりません。換気扇の穴を塞ぐ費用をご紹介します。

【参考費用】換気扇の位置を変える費用:約20,000円〜50,000円

例)本体代+施工費用+換気扇移動に伴う穴を塞ぐ費用=約40,000円〜90,000円


トイレの換気扇の後付けで新設で設置する換気扇の費用

トイレの換気扇の後付けで新設で設置する換気扇の費用では、まず換気扇を取り付ける箇所に穴を空ける大工工事、換気扇のコンセントの電気工事を行います。これらにかかる約40,000円〜60,000円が相場となります。本体価格が約3,000円〜5,000円となりますので総額が約43,000円〜65,000円となります。

【参考費用】トイレの換気扇の後付けで新設する換気扇の費用:約43,000円〜65,000円


トイレの換気扇の修理の費用

トイレの換気扇の修理の費用には、モーターやスイッチの配線、パイプファンが壊れますが、これらは修理ができません。修理となると交換となります。それぞれの部分的に交換する費用をご紹介します。

【参考費用】トイレの換気扇の修理の費用:約15,000円〜30,000円

タイマースイッチ交換の費用:約15,000円〜20,000円
パイプファン交換の費用:約15,000円〜20,000円
モーター交換の費用:約20,000円〜30,000円

参考費用を見てもらうと分かるように部分的に交換する費用が新しい換気扇と交換する費用があまり変わり無いため部分的の交換はおすすめできません。



DIY・自分でトイレの換気扇を交換する費用はどのくらい?

DIYする女性

トイレの換気扇の交換をDIYでできるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で道具を揃えないといけません。しかし、実際は換気扇本体を購入した金額とプロの換気扇の交換の金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。まずは本体価格の金額からいくらになるかを見ていきましょう。

DIYでトイレの換気扇を交換する為の本体の費用

トイレの換気扇の交換をするのに道具はプラス・マイナスドライバーと脚立があれば大丈夫です。この3点は費用に含みません。ですので換気扇の本体価格のみの費用となります。

トイレの換気扇

商品名:パナソニック(Panasonic) パイプファン排気形

価格:約4,000円

DIYの総額費用

トイレの換気扇を交換すると、換気扇の本体が約4,000円の費用がかかります。

参考費用:換気扇の本体価格=約4,000円

DIYとプロの費用を比較

施工業者が高くなる程、差額が出てきます。安い業者の場合、16,000円の差額でした。高い業者ですと36,000円の差額です。

参考費用:
DIYで交換した場合の費用=約4,000円
プロが交換した場合の費用=約20,000円〜40,000円

DIYの施工材料と道具を購入する


『全てがわかる!』
トイレのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
トイレのリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

以下をクリックするとホームへ移動します。そこから一括見積もり依頼へお進み下さい。

CTR IMG