バルコニーの雨漏り修理

バルコニーの雨漏り修理の費用と価格の相場は?

バルコニーの雨漏り修理の費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
3,000円〜7,000円/㎡

バルコニーの雨漏り修理の費用の相場ですが、バルコニーの雨漏りの修理には「塩化ビニールシートの費用」「防水ゴムシートの費用」「FRP防水塗装の費用」「ウレタン防水塗装の費用」の4つの費用があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



バルコニーの雨漏りの修理について

バルコニーの雨漏り修理

バルコニーで雨漏りで修理を必要とする原因は防水塗装の劣化やシートのひび割れからの浸水となります。また、ひび割れを放置しておくと2階の場合ですと天井や軒下から雨漏れが発生したりします。その他に排水口の詰まりで水が溢れかえってる可能性もございます。

雨漏りの調査の費用

まずは、工事業者に現場調査をしてもらい原因箇所を突き止めましょう。雨漏り調査の費用は、約0円〜30,000円となります。工事業者によっては無料で現場調査を行ってくれますので事前確認をしておきましょう。

【参考費用】雨漏りの調査の費用:約0円〜30,000円

マンションのバルコニーは雨漏り修理ができる?

マンションのバルコニーを雨漏り修理ができるという疑問ですが、マンションのバルコニーは共有スペースの面積となりますのでリフォームができるのは専有面積のみとなります。もし、破損や劣化の場合は、マンション管理組合に訪ねて修繕・修理をしてもらいましょう。

バルコニーの雨漏り修理には4つの種類がある

バルコニーの防水工事の塗装には、「FRP防水塗装」「ウレタン防水塗装」の2つがあり、防水シートには、「塩化ビニールシート」「ゴムシート」の2つがあります。それぞれの用途や耐久・寿命年数が異なり、また、メリット・デメリットも違います。まずは、塗装から以下でご紹介します。

バルコニーのFRP防水塗装

FRP防水塗装

バルコニーのFRP防水塗装とは、塗料が繊維強化プラスチックでできた塗料です。

メリット

バルコニーのFRP防水のメリットは、ざっくり言うと、耐水性・成型性・耐食性・耐熱性に優れています。また、耐衝撃性・耐久性・耐摩耗性もあります。

デメリット

バルコニーのFRP防水のデメリットは、劣化速度が早いです。FRP塗料は、速乾性があるのですが、早く乾くことで下地との食いつきが悪く下地が動くとひび割れを起こしたりします。

FRP防水塗装の寿命年数

バルコニーのFRP防水塗装の寿命年数は比較的一番長く約10年〜12年と持ちます。

耐久年数:10年~12年

バルコニーのウレタン防水塗装

ウレタン防水塗装

バルコニーのウレタン防水塗装とは、ウレタン樹脂の塗料で膜を張って防水します。

メリット

バルコニーのウレタン防水は、液体状なのでどんな形状にでも対応ができ低予算で塗装ができます。

デメリット

バルコニーのウレタン防水のデメリットは、乾くのが遅く塗装後、1日は地面が踏めません。

ウレタン防水塗装の寿命年数

バルコニーのウレタン防水塗装の寿命年数は約5年を目処にメンテナンスを行えば長持ちします。

耐久年数:5年~10年

バルコニー防水塗装工事の日数と手順は?

バルコニー防水塗装の工事日数は、FRP防水塗装とウレタン防水塗装では工事日数が異なります。FRP防水塗装は比較的に乾くのが早く塗った次の日には乾きます。ですので約1日の工事日数となりますが、ウレタン防水塗装の場合は乾くのが遅く工事は約1日で約2日間は踏めないと思っておきましょう。


塩化ビニールシート

塩化ビニールシート

塩化ビニールシートとは、塩化ビニールでできた素材のシートです。また、塩ビや塩化ビニルとも呼ばれています。

メリット

塩化ビニールシートのメリットは、紫外線に強く耐摩耗性が高くバルコニーに適したシートであります。紫外線に強いことでバルコニーの床が紫外線で変色もしませんし、また、耐摩耗性があるので鳥などの糞でシートに穴が空くこともないです。

デメリット

塩化ビニールのデメリットは、劣化時期がくると一気にシートの表面がボロボロになっていくのでリフォーム取替時期を早めに見越しておかなくてはいけません。

塩化ビニールシートの寿命年数

バルコニーの塩化ビニールシートの寿命年数は約5年を目処にメンテナンスを行えば長持ちします。

耐久年数:10年~15年

防水ゴムシート

ゴムシート

防水ゴムシートとは、ゴムを活用された伸縮性のあるシートです。

メリット

防水ゴムシートのメリットは、ゴムならではの伸縮性で劣化時にひび割れが起こりにくいです。また、熱にも強く変形がしないです。

デメリット

防水ゴムシートのデメリットは、紫外線に弱くシートの表面にトップコートを必ず施工しなくてはいけません。この工程を定期的にメンテナンスとしてするので費用が過さみます。

防水ゴムシートの寿命年数

バルコニーの防水ゴムシートの寿命年数は約5年を目処にメンテナンスを行えば長持ちします。

耐久年数:10年~15年

バルコニー防水シート工事の日数と手順は?

バルコニー防水シート工事日数は、塩化ビニールシートと防水ゴムシートは工事日数がほぼ同じになります。工事は約1日で直ぐに踏めます。



バルコニーの雨漏り修理の費用

女性

バルコニーの修理の費用には、「雨漏りを防水塗装で修理する費用」「雨漏りを防水シート張替えで修理する費用」に分けてご紹介します。

雨漏りを防水塗装で修理する費用

雨漏りを防水塗装で修理する費用では、「FRP防水塗装の費用」「ウレタン防水塗装の費用」の2つの費用があります。

FRP防水塗装の費用

バルコニーのFRP防水塗装の費用は、平米単価が一般的で約4,000〜7,000円/㎡と工事業者によって費用に差があります。

【参考費用】FRP防水塗装の費用:4,000円~7,000円/㎡

例)仮に一般的なバルコニーの広さの10㎡の費用とします。
広さ10㎡×FRP防水塗装代4,000円~7,000円/㎡=約40,000円〜70,000円

ウレタン防水塗装の費用

バルコニーのウレタン防水塗装も同様に費用は、平米単価が一般的で約3,000〜6,000円/㎡と工事業者によって費用に差があります。

【参考費用】ウレタン防水塗装の費用:3,000円~6,000円/㎡

例)仮に一般的なバルコニーの広さの10㎡の費用とします。
広さ10㎡×ウレタン防水塗装代3,000円~6,000円/㎡=約30,000円〜60,000円

雨漏りを防水シート張替えで修理する費用

雨漏りを防水シート張替えで修理する費用では、「塩化ビニールシートの費用」「防水ゴムシートの費用」の2つの費用があります。

塩化ビニールシートの費用

塩化ビニールシートの費用は、平米単価が一般的で約4,000〜7,000円/㎡と工事業者によって費用に差があります。

【参考費用】塩化ビニールシートの費用:4,000円~7,000円/㎡

例)仮に一般的なバルコニーの広さの10㎡の費用とします。
広さ10㎡×塩化ビニールシート代4,000円~7,000円/㎡=約40,000円〜70,000円

防水ゴムシートの費用

バルコニーの防水ゴムシートも同様に費用は、平米単価が一般的で約3,000〜6,000円/㎡と工事業者によって費用に差があります。

【参考費用】防水ゴムシートの費用:3,000円~6,000円/㎡

例)仮に一般的なバルコニーの広さの10㎡の費用とします。
広さ10㎡×防水ゴムシート代3,000円~6,000円/㎡=約30,000円〜60,000円

室外機などがある場合は別途費用

バルコニーに室外機などの取り外して荷物移動がある場合は約5,000円〜10,000円ほどの追加料金が発生します。

室外機の取り外し移動の費用:約5,000円〜10,000円

バルコニーの手すりからの雨漏りの修理費用

バルコニーの手すりの付け根が劣化してひび割れしているところから雨漏りしている場合は、コーキング剤を充填して補修します。費用は、約3,000円〜5,000円となります。

参考費用:約3,000円〜5,000円


バルコニーの雨漏りの火災保険での修理について

バルコニーの修理

台風の際にバルコニーの屋根が破損したり、バルコニーに亀裂が入り雨漏りすると費用がかかりバルコニーを火災保険を使って修理や修繕ができるのか気になる方は多いと思います。火災保険が適用されるとバルコニーの修理金額を無料の実質0円でできます。ですが、それには、いくつかの条件が必要となります。

バルコニーの雨漏り修理の火災保険の項目は?

バルコニーの修理ができる火災保険は「風災・雹災・雪災」に当てはまる場合に保険が適用されます。

風災・雹災・雪災とは?

風災・雹災・雪災とは、強風や雪、雹で瓦が割れた、飛んでいった等が挙げられます。

バルコニーの修理を火災保険で認められるには?

バルコニーの修理を火災保険で認められるにはいくつかの条件をクリアしなくてはいけません。

1.バルコニー修理が必要になってから3年以内
2.バルコニー修理かかる金額が20万円以上
3.代行ではなくあなた自身で申請する

上記の3つで1と2はクリアできそうですが、2の修理費用の金額には20万円もかかるのでしょうか?バルコニーの部分的に修理する費用相場は約10万円以内となります。ですが、2階のバルコニーの屋根や壁となれば高い高所作業となるので足場設置が不可欠となりますので、足場設置費用は少なくとも約15万円かかりますのでクリアできることとなります。

バルコニーを火災保険で修理はできる?



バルコニーの雨漏り修理をDIY・自分でする費用はどのくらい?

DIY

バルコニーの雨漏り修理をDIYで自分できるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で道具や材料を揃えないといけません。しかし、実際は道具と施工材料を購入した金額とプロの防水塗装の金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。まずは、材料を揃える金額からいくらになるかを見ていきましょう。因みにプロと比較しやすいようにバルコニーの面積は10㎡で塗料はウレタンとします。

DIYでバルコニーの防水の塗装をする為の材料の費用

バルコニーの防水の塗装をする材料は2点です。

アトムハウスペイント

商品名:アトムハウスペイント 水性防水塗料

価格:約16,000円

ローラーセット

商品名:ローラーセット

価格:約800円

DIYの総額費用

バルコニーの防水塗装をすると、材料の費用が約16,800円で購入ができます。

参考費用:約16,800円

DIYとプロの費用を比較

施工業者が高くなる程、差額が出てきます。安い業者の場合、13,200円の差額でした。高い業者ですと43,200円の差額です。

参考費用:
DIYでバルコニーの防水の塗装をする場合の費用=約16,800円
プロがバルコニーの防水の塗装をする場合の費用=約30,000円〜60,000円


『全てがわかる!』
ベランダ・バルコニーの
リフォームの費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
ベランダ・バルコニーをリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG