マンションの収納

マンションの収納リフォームにかかる費用と価格の相場は?

マンションの収納リフォームにかかる費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
30,000円〜1,400,000円

マンションの収納リフォームにかかる費用の相場ですが、収納の費用には、「本体価格の費用」「施工の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



マンションの収納のリフォームについて

マンションの収納

マンションの収納リフォームの管理規約が厳しい?

マンションの収納リフォームだけでなく全てのリフォームをする際は、管理規約を確認し管理組合にリフォームをすることを申し出て許可を取らなくてはいけません。それに専有部と共用部がありできないリフォームもあります。

賃貸・団地のマンションはリフォームできる?

賃貸や団地の収納をリフォームするのは勝手にはできません。するとなれば管理規約に沿って大家さんか管理会社に連絡をとって確認しましょう。

マンションの収納リフォームで人気の3つは?

収納リフォームの中でも人気なリフォームが3つあります。

クローゼット

クローゼット

クローゼットとは、壁付けで設置し内部にはハンガーパイプが取り付けられており洋服をハンガーで掛けれる収納です。

参考費用:約35,000円〜800,000円

クローゼットをリフォームする費用と価格の相場は?

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットとは、クローゼットと違い奥行きがあるため内部に入って洋服やカバン、靴などを収納できます。

参考費用:約750,000円〜1,3000,000円

ウォークインクローゼットにリフォームする費用と価格の相場は?

壁面収納

壁面収納

壁面収納とは、部屋ののデッドスペースを活用して収納を増やすことができます。

参考費用:約50,000円〜300,000円

壁面収納のリフォームする費用と価格の相場は?

屋根裏収納

屋根裏収納

屋根裏収納とは、屋根裏のデッドスペースを活用して収納部屋を造作した場所のことです。

参考費用:約300,000円〜1,400,000円

屋根裏収納のリフォームにかかる費用と価格の相場は?



マンションの収納リフォームの費用相場

女性

マンションのキッチンの収納リフォームの費用相場

食器棚

吊り戸棚の取り付け・後付けリフォーム費用と選び方

吊り戸棚を取り付けする際は、まず設置できるデッドスペースがあるか確認しスペース幅を確認しましょう。

吊り戸棚には4つのサイズがあり「ショート(幅30cm×高さ50cm)」「セミミドル(幅45cm×高さ60cm)」「ミドル(幅75cm×高さ70cm)」「ロング(幅90cm×高さ90cm)」とタイプが分かれています。

選ぶポイントとしては、高さが重要です。手が届かない収納は使えないので自分にあった高さを選んで下さい。

参考費用:
ショートタイプの取り付け費用=約30,000円〜35,000円
セミミドルタイプの取り付け費用=約35,000円〜40,000円
ミドルタイプの取り付け費用=約40,000円〜45,000円
ロングタイプの取り付け費用=約45,000円〜50,000円

背面収納(カップボード)の費用

背面収納(カップボード)は様々な型があります。腰の高さの収納から天井の高さの収納まであり用途によって選ばなくてはいけません。背面収納は型とサイズで費用に大差がでます。

参考費用:約200,000円〜500,000円
安価で背面収納を設置する方法は?

背面の収納を安く設置する方法として、定番の商品だけをネットかニトリで商品を購入して施工だけを業者に依頼するという方法があります。ですが、業者によってそれを行ってないところもあるので事前に確認してから商品を購入しましょう。

背面収納カウンターのみの費用

背面収納のカウンターのみの吊り戸棚の収納がない場合の費用は以下の通りです。

参考費用:約50,000円〜100,000円

カウンターの収納付きの費用

カウンターの収納は、ネットやホームセンターに売っている既製品のものが置けるなら約8,000円〜10,000円程で購入できます。しかし、既製品では出っ張りが出てしまったり周りの色と合わない場合は業者に家具家か建具屋にオーダーしなくてはいけません。業者にオーダーした場合の費用です。

参考費用:約40,000円〜

ゴミ箱収納の費用

ゴミ箱収納は、ネットやホームセンターで背面収納の横に設置できるタイプが売られていたりします。そちらの価格が約6,000円〜8,000円程で売られています。ですが、やはりこちらもカウンター収納と同じでもともとある収納と統一感を出したい場合は、背面収納一式を替える必要があります。業者に頼んで背面収納を一式替える費用をご紹介します。

参考費用:約200,000円〜500,000円

床下収納の費用

床下収納はご家庭に1つは必ずある必須収納です。施工は大工さん1人で設置してくれて人工と材料費用で取り付けてくれます。

参考費用:約30,000円

棚の収納の費用

天井のデッドスペースに設置する棚の収納ですが、高さにスペースがある場合は段数を増やして収納スペースを拡大することも可能です。

参考費用:約10,000円〜30,000円

例)
1段の壁の収納棚の費用の場合:約10,000円〜11,000円
2段の壁の収納棚の費用の場合:約15,000円〜17,000円
3段の壁の収納棚の費用の場合:約21,000円〜23,000円
4段の壁の収納棚の費用の場合:約23,000円〜27,000円
5段の壁の収納棚の費用の場合:約26,000円〜30,000円

キッチン・台所の収納リフォームする費用と価格の相場は?

マンションのトイレの収納リフォームの費用相場

トイレ収納のリフォーム費用

トイレに収納設備には、「吊り戸棚」「キャビネット」がありますが、それぞれの仕様タイプが異なり費用も高額なものまであります。

シンプルの吊り戸棚

シンプルの吊り戸棚は、約3万〜4万の価格ですが、吊り戸棚はデッドスペースに活用ができトイレ棚の中でもおすすめです。

参考費用:約30,000円~40,000円

キャビネット

キャビネット収納は、シンプルタイプ、トイレットペーバーホルバーとセット、トイレと一体化したものまであり価格も様々です。トイレの面積によって取り付けることができない場合もありますので、施工会社に確認してからリフォームしましょう。

シンプルな壁設置タイプ

シンプルな壁設置タイプは、少量の掃除道具(ブラシと洗剤)とトイレットペーパーが収納できる小さいタイプとなります。価格は安いもので約30,000円のものからとなります。

参考費用:約30,000円~40,000円
トイレットペーパーホルダーとセット

トイレットペーパーホルダーとセットのタイプはカウンターが付いており、収納BOXには少量の掃除道具(ブラシと洗剤)とトイレットペーパーを収納できます。安いもので約50,000円からとなります。

参考費用:約50,000円~60,000円
トイレと一体化

トイレと一体化したタイプは、掃除道具、タオル、トイレットペーパーを収納でき安いものでも約230,000円からとなります。

参考費用:約230,000円~300,000円

トイレに収納を設置するリフォームの費用と価格の相場は?

マンションのリビングの収納リフォームの費用相場

壁面収納

リビングの壁面収納のリフォーム費用相場

リビングの壁面収納のリフォームの費用を、先程はディノス家具の商品をご紹介しましたが、その他にもオーダー製のものまであります。どうしてもリビングの雰囲気や色・サイズに合わなかったりします。そういう時は工務店や建具屋にオーダー依頼しましょう。それでは、取り付け設置の費用からご紹介します。

作り付け・組み立て式の壁面収納設置の費用

業者に作り付けや組み立て式を住宅内で組み立てて貰う費用です。

参考費用:約20,000円〜30,000円
オーダー壁面収納のリフォーム費用

オーダーで壁面収納をリフォームする費用には、本体価格と設置費用が含まれます。また、壁面収納に扉がついているか付いていないかで価格が約50,000円程の差が開きます。壁面収納のサイズにもよりますが一般的に幅150×奥行45×高さ180cmで約250,000円からとなります。扉がない場合、約200,000円となります。また、オーダー製の場合はプランニングから始まりますので期間も約5日〜と納期期間が長めです。

参考価格:約200,000円〜250,000円
オーダー製の造作の種類別の費用

オーダー製で造作してもらう場合の種類別の費用をご紹介します。また、扉「あり」「なし」で費用も異なりますので両方ともご覧下さい。

壁面収納キャビネット
参考費用:
扉ありの費用:約80,000円〜100,000円
扉なし:約50,000円〜80,000円
壁面収納シェルフ
参考費用:
扉ありの費用:約150,000円〜200,000円
扉なし:約100,000円〜150,000円
壁面収納テレビラック付き
参考費用:
扉ありの費用:約250,000円〜300,000円
扉なし:約200,000円〜250,000円

クローゼットを設置するリフォーム費用

クローゼットの費用には、本体の材料価格と施工費用が含まれますが、本体の材料価格には扉のタイプで費用が異なります。まずは、本体の材料の費用をご紹介していきます。

本体材料価格の扉のタイプ別の価格の相場

参考費用:
折れ戸(フリータイプ):約30,000円~
開き戸(両開きタイプ):約30,000円~
開き戸(片開きタイプ):約20,000円~
引き戸(片引き戸タイプ):約40,000円~
引き戸(引き違いタイプ):約50,000円~

施工費用の相場

施工費用は、1枚折れ戸の費用とします。

参考費用:約150,000円〜200,000円

壁埋め込収納棚の費用の相場

約10万円の費用で、2m×1mの埋め込み収納棚が造作できます。どんどん、おおきくになるにつれ費用も大きくなります。

参考費用:約100,000円〜600,000円
廊下に壁埋め込まない収納棚の費用の相場
参考費用:約10,000円〜30,000円

例)
1段の壁の収納棚の費用の場合:約10,000円〜11,000円
2段の壁の収納棚の費用の場合:約15,000円〜17,000円
3段の壁の収納棚の費用の場合:約21,000円〜23,000円
4段の壁の収納棚の費用の場合:約23,000円〜27,000円
5段の壁の収納棚の費用の場合:約26,000円〜30,000円

リビングの収納のリフォーム費用や価格の相場は?

マンションの和室の収納リフォームの費用相場

和室

和室の押入れをクローゼットへ変更する費用の相場の事例

和室の押入れを折れ戸式のクローゼットへ変更するリフォームにかかる費用には約150,000円です。

参考費用の相場:約120,000円〜180,000円

和室全体を使ってウォークインクローゼットへ変更する費用の相場の事例

和室の一角(4畳分)をウォークインクローゼットへ変更するリフォームにかかる費用には約1,000,000円です。

参考費用の相場:約750,000円〜1,000,000円

和室の押入れをクローゼットにリフォームする費用と価格の相場は?

マンションの玄関の収納リフォームの費用相場

玄関ウォークイン

ウォークインシューズクロークの費用の相場

ウォークインシューズクロークの新設費用には、既存の下駄箱撤去、壁の造作、壁紙クロスの張替え、床張替え、シューズクローク設置、処分費、諸経費が含まれます。面積は5㎡の床と仮定します。

参考費用:約500,000円〜700,000円

ウォークスルーシューズクロークの費用の相場

ウォークスルーシューズクロークの新設費用には、既存の下駄箱撤去、壁の造作、壁紙クロスの張替え、土間替え、シューズクローク設置、処分費、諸経費が含まれます。面積は5㎡の床と仮定します。

参考費用:約550,000円〜750,000円

玄関の収納をリフォームする費用と価格の相場は?

カウンタータイプの玄関の下駄箱収納

カウンタータイプの玄関収納

カウンタータイプは、カウンターの上に物が置ける収納となります。また、高さが低いので圧迫感が出ないので狭い玄関に最適です。

費用相場:約60,000円〜130,000円

壁面収納タイプの玄関の下駄箱収納

壁面収納タイプの玄関収納

壁面収納は、天井から床までの長さがある収納です。高さがある分、収納がたくさんできるのですが、少し圧迫感があります。

費用相場:約150,000円〜500,000円

フロートタイプの玄関の下駄箱収納

フロートタイプの玄関収納

フロートタイプは、壁面収納タイプと似ていますが、異なるところが、床と収納の間に隙間が空いており、間接照明で演出が施されております。

費用相場:約150,000円〜600,000円

カウンター+吊り戸棚タイプの玄関の下駄箱収納

カウンター+吊り戸棚タイプ

カウンター+吊り戸棚は、カウンター収納には靴などを収納し、吊り戸棚には靴のお掃除道具などを収納するようになっています。

参考費用:約150,000円〜300,000円

土間収納タイプ(シューズクローク)の玄関の下駄箱収納

シューズインクローゼット

シューズクロークは、玄関すぐ横にスペースを設け収納場所を設置したものです。普通の収納棚と違い広いもので自転車をおいたりもできる土間収納があります。

参考費用:約300,000円〜1,000,000円

玄関の下駄箱をリフォームする費用と価格の相場は?



DIY(自分で)収納リフォームできることは?

DIY

DIY(自分で)収納リフォームができるなら費用を抑えることができるのでしたいですよね。比較的に簡単にできる収納リフォームDIYをご紹介します。

DIYでウォークインクローゼットの壁に棚を設置する方法と費用①

階段下収納の壁棚

DIYでウォークインクローゼットのデッドスペースに収納棚を設置するには、まず、必要なのが「下地探し」「ロイヤルチャンネルサポート」「ブラケット」「化粧棚板」「ドライバー」「鉛筆」が必要となります。

収納棚の造作方法

収納棚の造作方法ですが、設置したい壁に鉛筆でロイヤルチャンネルサポートを設置する箇所をマーカーして下さい。それから、ネジを打ち込む箇所に下地を探しロイヤルチャンネルサポートを沿わしてネジを打ち込みます。設置後、ブラケットを取り付け化粧棚板を乗せれば完成です。

収納棚の造作の費用

参考費用:横幅60cmの壁棚の費用とします。
下地探し:約900円〜1,000円
ロイヤルチャンネルサポート:約300円〜400円/本
ブラケット:約600円〜800円/本
化粧棚板:約900円〜1000円/枚

DIYの施工材料と道具を購入する

DIYでウォークインクローゼット内の収納の造作方法と費用は?②

ウォークインクローゼットのハンガーパイプ

DIYでウォークインクローゼット内を自分の使い勝手の良い収納にできたら良いですよね。ウォークインクローゼットは収納に便利なイメージはありますが、使い方によってはデッドスペースがでたりして、あまり収納が出来なかったりもします。そういう時に自分でウォークインクローゼット内に収納を作ってあげれば、収納を100%使えることになります。

ウォークインクローゼット内に収納を作る

ハンガーパイプ

商品名:ハンガーパイプ

価格:約3,000円

壁掛け収納式

商品名:吊り下げ収納

価格:約2,000円

ウォークインクローゼット内に必須なのがハンガーパイプです。長さ85cmタイプを設置することで、洋服を40着は吊ることができます。また、吊り下げ収納をハンガーパイプに吊り下げることで様々なアイテムも収納することができます。今回、ご紹介した商品は、比較的高めですが100円均一ショップでいろいろな収納ボックスが売られているので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

DIYの施工材料と道具を購入する


『全てがわかる!』
リフォームの費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
リフォームの費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG