屋根

屋根の形状の変更する費用と価格の相場は?

屋根の形状の変更する費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
2,000,000円〜6,000,000円

屋根の形状の変更する費用の相場ですが、形状・勾配の変更には「形状の変更の費用」「勾配の変更の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



屋根の形状の変更について

屋根

屋根の形状を変更する前にまずは、確認申請や屋根の形状の種類についてご覧ください。

屋根の形状の変更する確認申請

屋根の形状の変更する確認申請は必要がないです。確認申請が必要な場合は面積が増える場合となります。ですが、屋根の形状の変更のみは確認申請は要らないですが、高さが高くなる場合は必要となります。

確認申請の費用

確認申請の費用には、図面を揃えたり手数料などで約250,000円〜300,000円が相場となります。

【参考費用】確認申請の費用:約250,000円〜300,000円

屋根の形状の種類

一般的に人気な4つの屋根の形状をご紹介します。

切妻屋根

切妻屋根は、三角形の形をした屋根で三角屋根とも呼ばれています。メリットは、左右に傾斜があるため雪・雨に強い屋根です。また、太陽光パネルにむいた屋根です。一方デメリットはデザイン性の乏しいです。

寄棟屋根

寄棟屋根は、四方向に斜傾がある立体的な屋根です。メリットは風に強くデザイン性が強いです。一方デメリットはメンテナンス費用がかかります。

片流れ屋根

片流れ屋根は、一方向のみに傾斜がついている屋根となります。メリットは太陽光パネルの設置に向いています。一方デメリットは雨仕舞をしっかり設計しないと雨漏りがし易いです。

陸屋根

陸屋根は、水平な屋根をしています。また、屋上屋根とも呼ばれています。メリットは屋上としてスペースを活用でき、デザイン性が高いです。一方デメリットは雨水を流せないため定期的な防水工事が必要となりコストがかかります。



屋根の形状の変更する費用

女性

屋根の形状の変更する費用では、まずは足場を設置します。それから屋根の解体作業から開始します。次に骨組みを造作して屋根を設置していきます。これらには屋根の形状によって費用が大きく異なります。切妻屋根の費用は約2,000,000円〜4,000,000円が相場となります。また、寄棟屋根は約3,000,000円〜5,000,000円となります。片流れ屋根は約2,000,000円〜3,000,000円、陸屋根は約2,000,000円〜2,500,000円となります。

【参考費用】屋根の形状の変更する費用:約2,000,000円〜6,000,000円

切妻屋根へ変更する費用:約4,000,000円〜5,000,000円
寄棟屋根へ変更する費用:約5,000,000円〜6,000,000円
片流れ屋根へ変更する費用:約3,000,000円〜5,000,000円
陸屋根へ変更する費用:約3,000,000円〜4,500,000円



屋根の勾配の変更する費用

屋根の勾配の変更する費用では、足場を設置し屋根を解体します。勾配変更をして完了となります。また、屋根の瓦やスレート屋根、ガルバリウム鋼板などの素材によって費用が大きく異なります。相場が約2,000,000円〜6,000,000円となります。

【参考費用】屋根の勾配の変更する費用:約2,000,000円〜6,000,000円

『全てがわかる!』
屋根のリフォームの費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
屋根のリフォーム工事の費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG