屋根の融雪装置

屋根の融雪の費用と価格の相場は?

屋根の融雪の費用の比較の相場

OL

本体価格+施工費用=
80,000円〜4,000,000円

屋根の融雪の費用の比較の相場ですが、「埋設型融雪機の費用」「移動式融雪機の費用」「屋根融雪電気ヒーターの費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細を載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。


この工事どこに頼めばいいの?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりはこちら


屋根の融雪装置の設置について

屋根の融雪装置

屋根の融雪装置を設置する前にまずは、屋根の融雪装置の種類とメリット・デメリットをご覧ください。



屋根の融雪装置の比較と種類

屋根の融雪装置の種類には、「自然落下式」「耐雪方式」「融雪屋根方式」「井戸水方式」「消雪パイプ方式」の5つがあります。

自然落下式

自然落下式とは、屋根を急勾配のものし自然と雪を落下させます。

メリット

自然落下式のメリットは、ランニングコストがまったくかかりません。

デメリット

自然落下式のデメリットは、雪の落下スペースがなければ採用できません。また、雪の塊が落下する場合もあり危険です。

耐雪方式

耐雪方式とは、雪が積もっても破損しない強度に強い屋根を設置し、屋根の上で雪を積もらせたままにしておきます。

メリット

耐雪方式のメリットは、雪下ろしの処理をしなくていいです。

デメリット

耐雪方式のデメリットは、屋根の設置が高額費用となります。

融雪屋根方式

融雪屋根方式とは、装置で加熱した不凍液をパイプを通して屋根を熱で融雪します。

メリット

融雪屋根方式のメリットは、ムラがなく溶かすことが可能です。

デメリット

融雪屋根方式のデメリットは、パイプの敷設に時間とコストが掛かります。

井戸水方式

井戸水方式とは、装置で汲み上げた際に出る井戸水の温度の熱で雪を溶かします。

メリット

井戸水方式のメリットは、井戸水なので節水が可能で、装置も省エネとなります。

デメリット

井戸水方式のデメリットは、水源が深いと設置工事費用が高く付く場合があります。

消雪パイプ方式

消雪パイプ方式とは、井戸水で雪に直接散布して溶かす方法です。

メリット

消雪パイプ方式のメリットは、ムラがなく溶かすことが可能です。

デメリット

消雪パイプ方式のデメリットは、水源が深いと設置工事費用が高く付く場合があります。



屋根の融雪装置の費用

女性

屋根の融雪装置の費用では、「埋設型融雪機の費用」「移動式融雪機の費用」「屋根融雪電気ヒーターの費用」があります。


この工事どこに頼めばいいの?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりはこちら


埋設型融雪機の費用

埋設型融雪機の費用では、一般的な住宅の屋根の場合は、本体価格と設置費用に約700,000円〜4,000,000円が相場となります。また、足場設置が必要となる場合は、約700円〜1,200円が必要となります。

【参考費用】埋設型融雪機の費用:約700,000円〜4,000,000円


移動式融雪機の費用

移動式融雪機の費用では、一般的な住宅の屋根の場合は、本体価格と設置費用に約300,000円〜600,000円が相場となります。また、足場設置が必要となる場合は、約700円〜1,200円が必要となります。

【参考費用】移動式融雪機の費用:約300,000円〜600,000円


屋根融雪電気ヒーター(電熱線)の費用

屋根融雪電気ヒーター(電熱線)の費用では、一般的な住宅の屋根の場合は、本体価格と設置費用に約80,000円〜100,000円が相場となります。また、足場設置が必要となる場合は、約700円〜1,200円が必要となります。

【参考費用】屋根融雪電気ヒーター(電熱線)の費用:約80,000円〜100,000円

この工事どこに頼めばいいの?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で優良工事店のご紹介
一括見積もりはこちら


屋根面積と足場面積の早見表

屋根の修理をする際は足場を設置しなくてはいけない場合は、足場費用に約700円〜1,200円/㎡かかります。以下で土地面積の㎡と坪数で屋根面積と足場面積が分かります。

坪数(平米数)屋根面積(㎡)足場面積(㎡)
20坪(66.2㎡)の場合→100~109145~159
25坪(82.8㎡)の場合→110~119160~174
30坪(99.3㎡)の場合→120~129175~189
35坪(115.9㎡)の場合→130~139190~204
40坪(132.4㎡)の場合→140~149205~219
45坪(149.0㎡)の場合→150~164220~234
50坪(165.5㎡)の場合→165~180235~249


屋根の融雪の設置を激安・格安でするには?

激安・格安

屋根の融雪の設置を激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。


【悪用厳禁】全てのリフォームに適用!本当に安くする方法はこちら

屋根の融雪の設置を依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

屋根の融雪の設置を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で屋根の融雪の設置を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安く屋根の融雪の設置をできる優良業者を探す!

一括見積もり無料サービスとは、屋根の融雪の設置を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い業者に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
屋根のリフォームの費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
屋根のリフォーム工事の費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG