屋根・瓦の葺き替え

屋根の瓦の葺き替えする費用と価格の相場は?

屋根の瓦の葺き替えする費用と相場

OL

本体価格+施工費用=
11,000円〜23,300円/㎡

屋根の瓦の葺き替えする費用の相場ですが、瓦の葺き替え工事にはタイプがあり「張り替え」「カバー工法(重ね張り)」の2つの種類があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



屋根の瓦の葺き替え工事について

屋根・瓦の葺き替え

屋根の瓦の葺き替え工事をする前にまずは、瓦の施工方法と瓦の種類、屋根葺き替えの補助金をご覧ください。

屋根や瓦の葺き替え工事の2つの施工方法とは?

屋根や瓦の葺き替え工事の施工方法には「張り替え」「カバー工法(重ね張り)」の2つがあります。

張り替え

張り替えとは、既存の屋根を取り外すし新しい屋根に取り替えます。張り替えの場合、屋根を取り外す分の費用がでてカバー工法に比べると1.3倍〜1.5倍と高額の費用となります。また、工期もカバー工法に比べると長くなります。

カバー工法(重ね張り)

カバー工法とは、既存の屋根の上から新しい屋根を重ねて張り合わせます。カバー工法の場合、既存の屋根の上から重ねて張り合わせる分、屋根が重くなり家全体に負担をかけてしまいます。また、カバー工法では日本瓦とセメント瓦には適用されません。そして、部分改修ができないため火災保険を使うことができません。

屋根の種類のメリット・デメリット

屋根の種類には「日本瓦」「スレート瓦」「ガルバリウム」「セメント瓦」の4つがあります。それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

日本瓦

日本瓦

日本瓦は、和風住宅によく使われるている瓦で、粘土を焼いて作られています。また、「素焼き瓦」と「釉薬瓦」の2種類があります。「素焼き瓦」とは、粘土をそのまま焼いた瓦、「釉薬瓦」とは、表面に釉薬を塗った瓦です。

メリット

日本瓦のメリットは、強度も耐久も高く約50年〜100年は持つと言われています。

デメリット

日本瓦のデメリットは、瓦が重たいので耐震性能にかけます。また、漆喰部分は定期的にメンテナンスが必要で葺き替えないといけない場合は費用が高額となります。

スレート瓦

スレート瓦は、洋風住宅でよく使われるている瓦で、「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれています。

メリット

ストレート瓦のメリットは、日本瓦に比べると軽く耐震性に優れています。また、色も豊富で葺き替え費用が安いです。

デメリット

ストレート瓦のデメリットは、断熱性と強度が低く定期的に約7〜10年に1度メンテナンスが必要となりコストがかかります。

ガルバリウム金属瓦

ガルバリウム瓦

ガルバリウムとは、モダンな住宅によく使われている屋根素材で、金属板に特殊なメッキ加工を施した素材です。

メリット

ガルバリウムのメリットは、ストレート瓦よりも軽く耐震性、耐久性に優れていて色も豊富です。

デメリット

ガルバリウムのデメリットは、ガルバリウム鋼板は薄い金属板でできているため衝撃で凹んだりします。また、葺き替え費用には他のに比べると断熱性や防音性が備わっていない分、高額となります。

屋根の葺き替え費用の瓦ガルバリウムの価格と相場は?

セメント瓦

モルタル瓦

セメント瓦とは、セメントを型に入れて成型したものに塗装を施した瓦です。

メリット

セメント瓦のメリットは、日本瓦に比べ衝撃での強度があります。また割れにくいです。

デメリット

セメント瓦のデメリットは、表面に塗装を施しているので経年劣化で剥がれてきます。また、塗装が剥がれた隙間に衝撃が加わると割れることもあります。また、耐久年数は日本瓦の約80年と比べるとセメント瓦は約20年程と差はひらきます。少しでも長く持たすには、約5年区間で塗装メンテナンスを行えば約30年は持つと言われています。

セメント瓦の葺き替え工事の費用と価格の相場は?

屋根の葺き替え日数

屋根の葺き替え日数は、カバー工法か張替えかによって異なりますが張替えの場合は、約7日間〜10日間みとくといいです。カバー工法は約5日間〜7日間となります。

【参考日数】約5日間〜10日間

屋根葺き替えの補助金

屋根葺き替えの補助金がでるか気になるところだと思います。そもそも補助金とはどういうものがあるのかというと、介護リフォームや耐震補強などがあります。スレート屋根の葺き替えの場合は、耐震補強をする定で申請します。

補助金を利用する条件

居住するための家のリフォーム
断熱改修のリフォーム
税金を納付している
暴力団員でない、もしくは暴力団および暴力団員と密接な関係を有していない

上記は補助金を受給する基本的な条件として掲げられています。

補助金額

一般的に補助金の相場が3万円から10万円程です。



屋根の瓦の葺き替えする費用

女性

屋根の瓦の葺き替えする費用では、「張替え」「カバー工法」の施工方法があります。また、瓦の素材によって価格が異なります。まずは、瓦自体の費用をご覧ください。

【参考価格】屋根の瓦の価格:約4,000円〜15,000円/㎡

スレート: 約6,000円/㎡
ガルバリウム:約7,000円/㎡
日本瓦:約9,000円/㎡
セメント瓦:約7,000円/㎡
テラコッタ瓦:約15,000円/㎡
トタン:約4,000円/㎡

瓦撤去費用

屋根の葺き替えの費用は上記のように素材によって異なります。また、屋根は高所作業となるため足場設置が必須となります。屋根の面積が約50㎡〜150㎡として足場の費用が約100,000円〜150,000円が相場となります。それと葺き替えとなると屋根の撤去も必要となります。既存の屋根を撤去する費用が約2,000円〜3,000円/㎡となります。それでは、屋根の葺き替えを種類ごとにご紹介していきます。

【参考費用】
瓦撤去費用:約2,000円〜3,000円/㎡
足場設置費用:約100,000円〜150,000円

屋根の瓦の張替えの費用

屋根の瓦の張替えの費用は平米単価となります。また瓦には焼き方や模様によってグレードがあります。それらの費用相場が約4,000円〜15,000円/㎡となります。瓦を葺き替えする屋根の面積が約50㎡〜150㎡として総額費用は、足場設置・屋根の撤去・葺き替えで約400,000円〜2,850,000円となります。

【参考費用】屋根の瓦の張替えの費用:約400,000円〜2,850,000円

屋根の瓦のカバー工法の費用

屋根の瓦のカバー工法の費用は平米単価となります。また、張替えとの違いは撤去費用がかからないことです。また瓦には焼き方や模様によってグレードがあります。それらの費用相場が約4,000円〜15,000円/㎡となります。瓦を葺き替えする屋根の面積が約50㎡〜150㎡として総額費用は、足場設置・葺き替えで約400,000円〜2,400,000円となります。

【参考費用】屋根の瓦のカバー工法の費用:約300,000円〜2,400,000円

『全てがわかる!』
屋根のリフォームの費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
屋根のリフォーム工事の費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG