床下

床下の湿気対策のリフォームする費用と価格の相場は?

床下の湿気対策のリフォームする費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
220,000円〜500,000円

床下の湿気対策のリフォームする費用の相場ですが、床下の湿気対策にはタイプがあり「換気扇の設置」「防水シートの設置」の2つの種類があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



湿気とは?

湿気

湿気とは、土や基礎等に水を多く含んでいることです。

湿気は家と人間に悪影響

湿気が溜まると、壁紙クロスにカビが生えたり、そのカビを餌にするダニが繁殖したり、人間の足には水虫ができたり、リウマチや神経痛を引き起こしたりするとされています。



床下の湿気が出る原因は?

床下

敷地の土地が周りと比べて低い

敷地の土地が周りと低いと、高い敷地から流れてくる雨水が低いところ溜まりやすいので湿気が出やすくなります。

床下の地面から基礎までの高さが低い

床下の土地面から基礎までが40cmがない場合は、湿気が出やすくなります。

特に昔ながらの家は床下が土張りとなっている為にどうしても湿気は出てしまいます。

床下の基礎の立ち上げに通気孔がない

床下の基礎の立ち上げに通気孔がない場合、どうしても風通しが悪いので湿気が溜まりやすいです。

床下に水が流入している

床下に水が流入して濡れた状態が続くと湿気が溜まりやすいです。



自分でできる湿気対策は?

除湿機

湿気対策は、空気の入れ替えが一番良いとされています。自分でできる湿気対策としては、換気扇、扇風機、エアコンを使って空気を流す方法です。一番、良いとされているのは、除湿機を使うことです。除湿機は、温度設定や空気清浄機も付いているので、湿気対策には最適です。



床下の湿気対策のリフォームする費用

女性とパソコン

床下の湿気対策のリフォームには、「換気扇の設置」「防水シートの設置」の2種類があります。それぞれの費用をご紹介します。

換気扇の設置

床下の専用換気扇は3個設置します。床下の費用には、商品代+施工費となります。

参考費用:
本体価格:約50,000円〜80,000円
取り付け費用:約50,000円〜90,000円
電気工事費用:約30,000円〜50,000円


合計:約130,000円〜220,000円

防水シートの設置

防水シートの設置の下処理に砂利を引いてから防水シートを張るか、もしくは、コンクリートを引いてから防水シートを張るリフォーム施工があります。

砂利を引いてから防水シートを張る場合の費用

参考費用:
砂利敷詰め費用:約120,000円
防水シート費用:約100,000円

合計:約220,000円

コンクリートを引いてから防水シートを張る場合の費用

参考費用:
コンクリートの費用:約200,000円〜400,000円
防水シート費用:約100,000円

合計:約300,000円〜500,000円


DIYで炭を敷き詰め湿気対策する費用

炭

DIYで湿気対策するお手軽な方法は炭を床下に敷き詰める方法があります。炭には、調湿機能があり半永久的に持続します。また、床下の天敵の害虫、シロアリ被害を防ぎ、カビの繁殖まで防ぎます。更に、湿気を防止してくれるので結露も出にくくなります。

床下に敷き詰める炭の量

床下に敷き詰める炭の量は、仮に15坪(49.5㎡)の床下面積とすれば1坪(3.3㎡)の面積に2袋づつ置くイメージで50kg(20袋分)を敷き詰めることで効果が発揮します。

炭の費用

炭の費用は、50kgで約11,000円となります。


『全てがわかる!』
床の張替えリフォームの
費用に関する記事を全てまと
めましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
床の張替えリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG