不動産登記

建て替えの不動産登記の費用の相場は?

建て替えの不動産登記の費用の相場

OL

土地家屋調査し・司法書士の代理申請代=
30,000円〜80,000円/棟

建て替えの不動産登記の費用の相場ですが、不動産登記の費用には、「建物減失登記の費用」「建物表題登記の費用」「所有権保存登記の費用」「抵当権設定登記の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はな建設会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



建て替えの不動産登記について

不動産登記

建て替えの不動産登記をする前にまずは、不動産登記の種類をご覧ください。

不動産登記の種類

建て替えの不動産登記には、「建物減失登記」「建物表題登記」「所有権保存登記」「抵当権設定登記」の4つの種類があります。

建物減失登記

建物減失登記とは、住宅を解体で取り壊しした場合に登録する、抹消した証の登記となります。また、解体後、1ヶ月以内に登記を行わなければいけません。

建物表題登記

建物表題登記とは、住宅を建てて設備等の設置後で住める状態になれば登録が行なえます。これは、初めての登記となります。

所有権保存登記

所有権保存登記とは、社会に住宅の所有者を分かってもらうようにする登記となります。

抵当権設定登記

抵当権設定登記とは、新築住宅を購入の際に住宅ローンの担保として、金融機関によって抵当権がつけられます。この際に行われるのが抵当権設定登記です。



建て替えの不動産登記の費用

女性

建て替えの不動産登記の費用には、「建物減失登記の費用」「建物表題登記の費用」「所有権保存登記の費用」「抵当権設定登記の費用」の4つがあります。



建物減失登記の費用

建物減失登記の費用では、土地家屋調査士に依頼し1棟辺り約30,000円〜50,000円の報酬が相場となります。

【参考費用】建物減失登記の費用:約30,000円〜50,000円/棟


建物表題登記の費用

建物表題登記の費用では、土地家屋調査士に依頼し1棟辺り延床面積にもよりますが約50,000円〜150,000円の報酬が相場となります。

【参考費用】建物表題登記の費用:約50,000円〜150,000円/棟


所有権保存登記の費用

所有権保存登記の費用では、司法書士に代理申請し住宅用家屋証明書がある場合は、約40,000円〜60,000円となり、証明書がない場合は新規発行代含め約60,000円〜80,000円が相場となります。

【参考費用】所有権保存登記の費用:約40,000円〜80,000円


抵当権設定登記の費用

抵当権設定登記の費用では、司法書士に代理申請し登記官認定価格の0.4%の報酬が相場となります。例として住宅が約2,000万円の場合、0.4掛けで80,000円となります。

【参考費用】抵当権設定登記の費用:登記官認定価格の0.4%

『全てがわかる!』
建て替えの費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:家の建て替えの費用の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

以下をクリックするとホームへ移動します。そこから一括見積もり依頼へお進み下さい。

CTR IMG