女性

キッチンリフォームの費用を格安・激安にするには?

キッチンリフォームの費用の格安・激安について

女性

キッチンのリフォームを格安・激安でするにしても、まずはリフォームのどこにお金がかかっているのか把握しましょう。把握することでどこを格安でして激安でキッチンリフォームができたか実感しやすいです。

格安の前にキッチンのリフォームの費用の内訳を知ろう

キッチンのリフォームには「本体価格」と「施工費用」に分けられます。それぞれの価格や費用は相場というものがありますが、本体価格の相場にはグレードによって異なります。グレードとは、オプションで付ける装備のことでレンジフートやビルトイン食洗機、センサー水洗などが挙げられます。また、施工費用は、キッチンの型で費用に差が開きます。壁付きI型キッチンとアイランドキッチンでは、換気扇ダクトの配管の長さが違うため費用が高くなったりします。また、給排水管も同じで配管の延長工事が発生します。

キッチン交換の費用の相場

本体価格:約500,000円〜1,600,000円

施工費用の内訳


解体工事費用:約30,000円
撤去処分費用:約70,000円
キッチン取り付け費用:約100,000円
給排水管接続費用:約3,000円
電気配線費用:約5,000円
ガス配管費用:約5,000円
換気ダクト接続費用:約3,000円



合計:約216,000円


キッチンリフォームを安い費用の格安・激安にするには?

キッチに立つ女性

安い費用でキッチンリフォームをするには2つの方法がございます。それぞれをご紹介していきたいと思います。

キッチンリフォームの費用を激安でするには?①

費用を抑えるには?

キッチンのリフォームを激安で費用を抑えたい場合は、キッチンの位置を変えないことです。キッチンを位置を動かすことで配管の延長が必要となり費用が高額になります。施工費用だけでも安くする為に、もともとの位置のままでリフォームすることです。

本体価格を抑えるには?

キッチンの本体価格を抑えるには、グレードを落とすことです。グレードとは、キッチンにもともと備わっている設備が普及タイプ・中級タイプ・高級タイプに分かれています。本体価格を抑えるには普及タイプを選びましょう。普及タイプと高級タイプでは約500,000円〜1,000,000円の差があります。

キッチンリフォームの費用を格安でするには?②

キッチンのリフォームを格安でするには本体だけを安くで購入して安い費用の別業者に設置してもらいましょう。必ずしも施工のみをしてくれる業者は全てではないです。ですが、ネットで検索をかければ何社かは見つかるので、そこから無料見積もりを上げてもらい比較しましょう。以下に「本体を格安にする方法」「施工費用を安くする方法」をご紹介します。

本体を格安で入手する方法

・ホームセンター、ニトリで本体のみを購入する
・水回り専門店でアウトレットセール中に相場より安ければ購入
・ショールームで展示されている新古品を設備業者に予約しておく
格安で購入できないお店

各メーカーや工務店、リフォーム会社のこの3社は全て3割〜4割上乗せしているので本体価格が高額となります。また、3社で本体価格が安い場合もありますが、施工と本体でのセット価格となっており安く手に入れることはないです。

施工費用を安くする方法

・町の水回り専門に施工依頼する
・直接、町の設備業者に施工依頼する
・原状回復業者に施工依頼する
安い費用でしてもらえない業者

各メーカーや工務店、リフォーム会社のこの3社は全て1割〜4割上乗せしているので施工費用が高額となります。また、3社で施工費用が安い場合も注意が必要です。施工業者に渡す施工代を安くで受けさせていることがあり業者は手抜き作業することがほとんどです。



激安システムキッチンアウトレットはいつ頃やる? 

激安システムキッチンアウトレットはいつ頃やるのかは業者でない限り誰にもわかりませんが、わかる方法として地元の工務店でメーカーさんとやり取りしている会社と知り合いになるしかないです。工務店であれば、新しいシステムキッチンが入ると同時にアウトレット期間も分かったりもします。

工務店と知り合うには?

工務店と知り合うと言っても、地元にある工務店ならすぐに知り合えます。ですが、どんな工務店でも言い訳ではないです。メーカーと繋がりがある工務店が重要です。それを探すには、まずは、メーカーのショールームに行きましょう。そこで受付の方に工務店の紹介依頼をします。そすればTOTOのショールームならTOTOと提携している工務店を紹介してくれます。これはメーカーのホームページでも受けつけています。



格安・激安でするにはキッチン・風呂・トイレを3点同時がお得

ユニットバス

先程ご紹介した方法で業者が見つからない、本体価格が格安商品が見つからない場合、こちらの方法もございます。

施工費用が安くなる!?

水回りのリフォームをするのに費用がかさむと思い1カ月置きに1点ずつするよりも3・4点ぐらい一気にするとトータル費用が約100,000円〜500,000円程変わってくる場合があります。理由として一緒に風呂・キッチン・トイレをすることで本体価格の仕入れ価格と業者の人工代の施工費用が削減されるからです。

水回りのセットパック価格

戸建て住宅の価格相場
3点セットパックの工事費込み:約700,000円〜1,500,000円
マンションの価格相場
3点セットパックの工事費込み:約600,000円〜1,000,000円

こちらの別記事でも水回りのリフォームセットの2点・3点・4点パックの費用と価格の相場をご紹介しています。

10万でできるキッチンリフォーム

10万でできるキッチンリフォームは換気扇の交換のリフォームとなります。新設、後付けとなれば配管などの工事が必要となるため10万では難しいですが、交換のみであれば10万円でパナソニック最新のおそうじラクラク採用のレンジフートを交換することが可能です。レンジフートを交換するだけでもキッチン周りの雰囲気や空気も変わるのでおすすめです。

キッチンの換気扇・レンジフードの交換する費用と価格の相場は?
10万・20万・30万円以下でできるキッチンのリフォームの費用と価格の相場


DIYのダイノックシートでキッチンをリフォームして費用を安く抑えるのはどのくらい?

DIYする女性

キッチン扉にダイノックシートを貼るのをDIYでできるならやりたい方も多いと思いますが、DIYをするにしても、まずは、ホームセンター等で道具を揃えないといけません。しかし、実際は道具やダイノックシートを購入した金額とプロのダイノックシートを貼る金額との差はどのくらいあるのかも知りたいですよね。まずは、道具を揃える金額はいくらになるかを見ていきましょう。

DIYでダイノックシートを貼る為の道具の費用

ダイノックシートを貼る為の道具は個別に買うよりもセット一式の物を購入した方が安いです。実際にネットで売っているものがあります。

カッティングシート施工道具

ダイノックシートの施工道4点セット

価格:約1,000円

ダイノックシートのシート材の費用

ホームセンター等で売っている床材の価格をご紹介します。

例)
扉6枚にダイノックシートを張る費用=約4,000円〜5,000円
扉8枚にダイノックシートを張る費用=約5,500円〜6,500円
扉10枚にダイノックシートを張る費用=約7,000円〜8,000円
扉12枚にダイノックシートを張る費用=約8,000円〜9,000円
扉14枚にダイノックシートを張る費用=約9,500円〜10,500円

DIYの総額費用

扉6枚〜14枚の扉をDIYで貼ると、道具の費用が約1,000円でダイノックシートのシート材が約4,000円〜10,500円の間で購入ができます。

参考費用:施工道具+ダイノックシートのシート材=約5,000円〜11,500円

DIYとプロの費用を比較

参考費用を見ると枚数が多くなる程、差額が出てきます。枚数が少ない場合、16,000円の差額でした。多い場合ですと51,500円の差額です。

参考費用:
DIYで張替えた場合の費用=約5,000円〜11,500円
プロが張替えた場合の費用=約21,000円〜63,000円

『全てがわかる!』
キッチンのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG