注文住宅のイニシャルコストとランニングコスト

注文住宅のイニシャルコストとランニングコストの関係は?維持費用はどのぐらいかかる?

注文住宅のイニシャルコストとランニングコストの関係について

注文住宅のイニシャルコストとランニングコスト

注文住宅のランニングコストとは?

ランニングコストとは、「家での暮らしを維持する」為にかかる維持費のことを指します。

ランニングコストには、家の修繕費の他に電気・水道・ガスなどの光熱費も含まれます。

注文住宅のイニシャルコストとは?

イニシャルコストとは、「家を建てる」為にかかる費用のことを指します。

注文住宅のイニシャルコストとランニングコストの関係

家を建てる費用のイニシャルコストを安く購入した場合、ランニングコストが高くなり、高級住宅になるほど維持費が安くなる傾向があります。

ローコスト住宅の場合、余計な材料を使用せずにコストを安くしますが、安い素材を使用すれば、耐久性年数が短く、メンテンナンス期間が早まり、ランニングコストの維持費が高くなります。

注文住宅の購入はトータルコストが大事

家を購入し約30年の間にメンテンナンスをするのが一般的ですが、費用が約600万円かかると言われています。注文住宅の購入の際は、メンテンナンス費用を安く抑えることができるかでトータルコストが大幅に変わってきます。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら

注文住宅のイニシャルコストがかからない家にするには?

注文住宅のイニシャルコスト(建築費)がかからない家にするには、シンプルの正方形の家にし、屋根は片流れで、部屋数を少なく間仕切り壁を減らし、水回りは配管工事を少なくするために1点に集中させ、オプション追加を極力避けます。

注文住宅のランニングコストがかからない家にするには?

ランニングコストがかからない家にするには、壁や天井、窓、床下、外壁などの断熱性能を上げて光熱費を大幅に削減し、その浮いた費用をメンテンナンス費に回すこととされています。このことから注文住宅の購入をご検討の際は、予算をかけるところと、予算を削るところのバランスが重要となりますので、この点を意識し注文住宅を建てましょう。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら

注文住宅の維持費以外のメンテナンス

女性

注文住宅の維持費以外のメンテナンスには、アフターサービスがあり定期的に家の健康診断をしてくれます。内部の見えない箇所を特殊器具や触診で診断し、細部にわたって住まいの品質をチェックしてくれます。これらはハウスメーカーのオプション仕様によって異なり、メンテナンス保証期間も違ってきます。

アフターサービスのメンテンナンス保証期間

アフターサービスの保証期間は、ハウスメーカーや工務店によって大きく異なり、約20年〜60年となります。約30年程が長期保証期間が一般的となります。

注文住宅ハウスメーカーのアフターサービスのメンテンナンス保証期間の比較ランキング

ハウスメーカー名保証期間
三井ホーム10年間
住友林業10年間
スウェーデンハウス10年間
ヤマダホームズ10年間
一条工務店10年間
タマホーム10年間
アイフルホーム10年間
レオハウス10年間
アイダ設計10年間
セキスイハイム20年間
パナソニックホームズ20年間
積水ハウス30年間
大和ハウス30年間
ヘーベルハウス30年間
ミサワホーム30年間
トヨタホーム30年間

注文住宅のアフターサービスの比較!ハウスメーカーのメンテナンス費用と保証ランキングをご紹介!

注文住宅とは?予算に合せた住宅の種類

注文住宅

注文住宅とは、住宅を自分好みの間取りや予算に合せた家づくりをすること指します。

注文住宅には種類があり「フルオーダー住宅」「セミオーダー住宅」「規格住宅」と3つに分類されます。

また、自由度が高くなるほど、工期や費用が高くなる傾向となります。

フルオーダー住宅とは?

フルオーダー住宅とは、間取りやデザイン、設備など全てを自分好みに家づくりをすることができます。

また、注文住宅の中で最も自由度が高く費用も抑えることが可能です。

セミオーダー住宅とは?

セミオーダー住宅とは、一定の選択肢から選んだ家を建てます。

また、フルオーダー住宅に比べ自由度が低くなり、費用も一定価格からとなります。

規格住宅とは?

規格住宅とは、あらかじめ用意された間取りやデザイン、設備などから好みのものを選んで家を建てます。

また、フルオーダーやセミオーダーに比べ自分で間取りを決めなくていいですが、費用がある程度決まっています。

・規格住宅やセミオーダー、フルオーダーのメリット・デメリットは?
・規格住宅の相場!坪単価や費用の価格・値段は?セミオーダー・フルオーダーの相場やおすすめメーカーもご紹介します。

注文住宅の寿命は?

注文住宅ともに一般住宅の耐久年数や寿命は、構造によって年数が変わり、「木造」「鉄骨」「鉄筋コンクリート」があります。

木造住宅は約25年〜30年、鉄骨住宅は約30年〜50年、鉄筋コンクリート造住宅は、約40年〜60年とされています。これらはメンテナンスで手を加えずに放置した状態での耐用年数で、メンテナンスをすれば、約30年〜50年程の約2倍の年数を伸ばすことが可能です。

【耐用年数】
木造住宅の耐用年数:約25年〜30年
鉄骨住宅の耐用年数:約30年〜50年
鉄筋コンクリート造住宅の耐用年数:約40年〜60年
注文住宅の寿命は?耐久性や耐用年数をご紹介します。

予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら

ランニングコスト(維持費)が少ない注文住宅を激安にするには?

激安・格安

ランニングコスト(維持費)が少ない注文住宅を激安にするには、相見積もりを取り、メーカーや工務店の費用を比較することです。

注文住宅を依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

注文住宅を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で注文住宅を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安く注文住宅をできる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、注文住宅を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い業者に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
注文住宅の費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:注文住宅の費用の相場の全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG