後悔ばかりの大失敗

注文住宅の後悔ばかりの大失敗ランキングをご紹介します。

注文住宅の後悔ばかりの大失敗ランキング

後悔ばかりの大失敗

1位.収納スペースの失敗

収納スペースを部屋に合わせて奥行きのことを考えないで設置すると、デッドスペースができたり洋服が収納できない場合があります。

部屋に合わせるのではなく、何を収納するかイメージしてから設置を検討するようにしましょう。

また、部屋の広さを重視しすぎて収納スペースやクローゼットを設置できないことがあります。

広さを重視してその用途にあった生活をずっと続けていく場合は問題ないですが、利用内容が変わる場合が少しでもある場合は、収納を設置することをオススメします。

2位.リビングやダイニングの広さの失敗

リビングやダイニングは、家族の食卓や団らんする場所となりますが、その他に親戚や友人などを招く場所でもあります。

よくお客様を招く場合は、広めのリビングやダイニングは最適な空間となりますが、家族だけになると無駄に広く淋しげな空間となります。

出入りの頻度を考えて広さを決めるのが重要となります。

3位.部屋の数の失敗

現在3人家族で住む住宅の場合は、3部屋とリビングで十分ですが、後に家族が増えた場合、部屋数が足りず、不便を感じることがあります。

また、逆に将来を見越し過ぎて部屋数を余計に設置し、物置スペースになったり無駄に1部屋掃除箇所が増えたりと大変です。

将来を見越して想定範囲の部屋数を設置しましょう。

4位.窓のサイズの失敗

窓を一般サイズよりも大きくするのはオシャレで理想の家のモデルハウスでよく見ますが、実際に設置すると、開放的すぎて外部からのプライバシーの確保ができず、また、西日が入って眩しかったりと不便を感じることがあります。

これらの対策として、目隠しフェンスや、遮光カーテンとありますが、これらもそこそこの費用がかかったりと不満を感じることもあります。

5位.トイレの数の失敗

トイレの設置箇所で不便を感じる場合がいくつかあります。2階建て住宅の場合は、夜中にトイレに用を足しに1階に降りなくても2階にあれば便利です。

また、暗い中を移動するのは危険な場合もあり、実際に高齢者が2階から1階に行く際に足元が薄暗く転倒して怪我した事例もあります。

その他にトイレの動線の失敗で家族だけが利用する分には問題ありませんが、お客様が使用する場合、トイレが1つの部屋をまたいで辿り着く動線の場合プラベートが丸見えになってしまいます。

できるだけ玄関付近にトイレを設置するようにしましょう。

6位.コンセントの位置と数の失敗

住宅購入する際は、水回りデザインに目が言ってコンセントはスルーしてしまうものです。特にキッチン周りでは、家電製品が多くコンセントが少ないことがあり、この点は必ずシミュレーションをして確認しときたいところです。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


注文住宅の業者選びで後悔や失敗しない為には?

女性

注文住宅の業者選びで最も後悔してしまう注意点を幾つかご紹介します。

業者とのコミュニケーションはしっかり取ろう!

注文住宅は数ヶ月のやり取りの中、着工に取り掛かりますが、このやり取りが途中でしんどくなり妥協して業者の言う通りに打ち合わせを進めてしまうことがあります。

そうなると、後に「これ、何!?」「こんなの知らない、聞いてない」などとトラブルが起きてしまいます。

こういう事が起きないためにも事前に注文住宅の知識をつけて自分で判断できるようになっておきましょう。

業者担当との相性

業者はプロと言えども一人の人間なので相性が合う合わないがあります。

自分好みの注文住宅を業者に伝えたが、出来上がったら全然違ったりと良くあります。

上記の話ではないですが、コミュニケーションをしっかり取ると話の噛合いが良い業者とそうでない業者がいますので、気に入らなければ担当を変えてもらいましょう。

業者の特徴の違いを把握

業者には、工務店やハウスメーカーがありますが、これらは、家づくりの考え方や費用が大きくことなります。

工務店は、基本的に家を建てるだけでアフターフォローがないのが大半です。

一方、ハウスメーカーは、工務店に下請けに出して家を建てアフターフォローはしっかりしていますが、費用が工務店に比べ1割〜4割増しとなります。

このことから、費用を抑えて建てたい場合は工務店となり、長い目で住宅を維持していきたい場合はハウスメーカーとなります。

この点を理解し選ぶ事が大事です。



注文住宅の業者選びに失敗しないで格安に抑える方法は?

激安・格安

注文住宅の業者選びに失敗しないで格安に抑えるには、相見積もりを取り、ハウスメーカーや工務店の費用を比較することです。

注文住宅を依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

注文住宅を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で注文住宅を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安く注文住宅をできる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、注文住宅を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い業者に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
注文住宅の費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:注文住宅の費用の相場の全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG