注文住宅の費用や価格を予算内にコストを抑える

注文住宅の費用や価格を予算内にコストを抑えるには?

注文住宅の費用や価格を抑えるのを知る前に!

注文住宅の費用や価格を予算内にコストを抑える

注文住宅の費用や価格を抑えるのを実現させるには、工務店やハウスメーカーがどこで利益を上げているのか知っておく必要があります。

工務店やハウスメーカーが利益を上げている箇所は?

ハウスメーカーが利益を上げる為にしていることは、「①設備や材料の10%〜40%の上乗せ」、「②諸経費の帳尻費用」です。この2点で各会社・業者の値段が異なってきます。

①設備や材料の10%〜40%の上乗せとは?

設備や材料の10%〜40%の上乗せとは、文字通りキッチンの設備や壁紙の材料に値段を上乗せするということで、会社の規模によってパーセンテージが異なります。

②諸経費の帳尻費用とは?

諸経費は、表向きでは交通費用や現場監督費と言われていますが、実際には丼勘定でそこまでの費用がかからず、売上を諸経費で調整している場合が大半です。

ハウスメーカー・工務店の中間マージン発生率は?

ハウスメーカーや工務店に依頼すると必ず中間マージンが発生します。上記でご説明した、「①設備や材料の10%〜40%の上乗せ」、「②諸経費の帳尻費用」が中間マージンの部分にあたります。この中間マージン率で値段が大きく異なります。

ハウスメーカーとは?中間マージン率は?

ハウスメーカーとは、家づくりを専門に営業の業務を行う会社で、インテリアデザイナーや建築士といった資格所有者が在籍し職人はいません。ですのでハウスメーカー自体は家づくりができず、工務店に全下請けを出し工事を行います。

【参考】全下請けと出しますので中間マージン発生率が約20%〜40%

工務店とは?中間マージン率は?

工務店とは、元大工が工務店を開業し内装、設備、電気などの職人と協力しあって家づくりを行ってくれます。工務店は、大工をメインで抱えているので、それ以外の業者・職人は下請けへと出します。

【参考】大工以外は、下請けへと出しますので中間マージン発生率が約10%〜20%

目的別で依頼会社を選ぶ!

メリット・デメリット

目的別で依頼する会社を選べるように各メリット・デメリットをご紹介します。

ハウスメーカーのメリット・デメリット

ハウスメーカーを依頼するメリットは、アフターフォローや瑕疵保険がしっかりしています。建築後に定期的なメンテンナンスを行ってくれ安心です。

ハウスメーカーに依頼するデメリットは、保険やアフターフォローがあるので中間マージン率、工務店や個人業者に比べ高くなります。

工務店のメリット・デメリット

工務店に依頼するメリットは、ハウスメーカーに比べ、中間マージン率が低く安い費用で建築工事を行うことが可能です。

工務店に依頼するデメリットは、アフターフォローをしてくれない場合が多く、瑕疵保険に入ってない工務店も少なくありません。

瑕疵保険とは?

建築工事中に建物内にある物を壊してしまった場合に利用できる保険です。

上記のことから、中間マージン率が高いほど安心工事やサービスを得ることができますが、費用が高額となります。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


注文住宅の削れるところは?

注文住宅の削れるところは、家の構造で木造工法の坪単価が、他と比べると約30万円〜60万円の違いがでます。実際に鉄筋コンクリート造で建てたい方は、耐震のことを気にして建て替えると思いますが、実際は昔と建築基準法が違い木造住宅も耐震性能が上がっています。ですが、鉄骨・鉄筋コンクリート工法の方が優れているのは事実です。

外壁面積を少なくする

外壁面積を少なくするすると坪単価も下がります。1階・2階ともに同じ床面積にすると正方形の家ができますが、外壁面積が少なくなります。

屋根面積を少なくする

屋根面積を少なくすることで坪単価が下がり、屋根の形状を片流れが良いです。面積が少なく雨樋など建材が少なく済みます。



注文住宅のコストを抑える(自分で出来ることは?)

リフォームの格安・激安

自分で出来ることは、設備機器の費用を抑える方法です。各個人業者に依頼して、無理を聞いてもらう事となりますが、設備機器をネットなどで自分で購入して設置だけしてもらう方法です。

ホームセンターやコーナンで設備機器を格安で購入する

ホームセンターやコーナンはチラシを見ても分かる通り比較的に安いです。ですが、安くできるのは、ノーブランド品の設備機器のみとなります。安くできる理由は、在庫を一括購入して店舗に確保してあるからです。ホームセンターによって設置費用が異なりますが、個人業者と設置費用は変わりありませんので自分でネット検索し安い業者を探すと良いです。

型落ちアウトレット商品の探し方は?

型落ちアウトレット商品は、いつ頃やるのかは業者でない限り誰にもわかりませんが、わかる方法として地元の工務店でメーカーさんとやり取りしている会社と知り合いになるしかないです。工務店であれば、新しい窓・サッシが入ると同時にアウトレット期間も分かったりもします。

工務店と知り合うには?

工務店と知り合うと言っても、地元にある工務店ならすぐに知り合えます。ですが、どんな工務店でも言い訳ではないです。メーカーと繋がりがある工務店が重要です。それを探すには、まずは、メーカーのショールームに行きましょう。そこで受付の方に工務店の紹介依頼をします。そすればLIXILのショールームならLIXILと提携している工務店を紹介してくれます。これはメーカーのホームページでも受けつけています。



注文住宅の見積もりが予算オーバーしないようにするには?

激安・格安

注文住宅の見積もりが予算オーバーしないようにするには、相見積もりを取り、メーカーや工務店の費用を比較することです。

注文住宅を依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・建築事務所など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

注文住宅を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で注文住宅を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安く注文住宅をできる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、注文住宅を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い業者に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
注文住宅の費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:注文住宅の費用の相場の全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG