アイランドキッチン

アイランドキッチンの費用と価格の相場は?

アイランドキッチンのリフォームする費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
1,550,000円〜2,200,000円

アイランドキッチンのリフォームする費用の相場ですが、約1,550,000円〜2,200,000円となります。総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



アイランドキッチンのリフォームについて

アイランドキッチン

アイランドキッチンのリフォームをする前にまずは、アイランドキッチンのメリット・デメリットをご覧ください。

アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンとは、新築や注文住宅で人気のダイニング、リビング等の部屋の真ん中に存在する壁のないおしゃれなキッチンのことです。名前の通り一つの島のように存在してるキッチンという意味です。回りに壁等が何も無い分、広々としていて、家事を効率良く作業ができるきっちんです。以下にアイランドキッチンのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

アイランドキッチンのメリットは、開放感があるので全体を見渡せることができ、移動も楽です。また、壁が無いためコミュニケーションを取りやすいです。

デメリット

アイランドキッチンのデメリットは、開放感が裏目に出て料理の臭いが広がります。また、壁が無いため油の飛び散りで床が汚れます。

アイランドキッチンに工事する際に気をつけなければいけないこと

一般的に壁付けI型キッチンと仮定して、そこからアイランドキッチンにリフォームする場合、排水管、換気扇ダクトの移動工事が必要となります。アイランドキッチンの特徴として、シンク、カウンター、コンロのいずれかを独立させることができます。その際、カウンターは問題ないのですが、シンクかコンロ、どちらかを選んでしますと気をつけなければいけないことがあります。

シンクとコンロを独立させる場合は条件がある

コンロを独立させる場合、天井に新設で換気扇ダクトを設置するのですが、設置する場所に梁があると大掛かりな工事、もしくはできない場合があります。シンクも同様に配管を触れるかどうかで作業ができない場合があるので、必ず、業者さんに確認してもらいましょう。



リフォームでアイランドキッチンにする費用

キッチに立つ女性

リフォームでアイランドキッチンにする費用では、本体価格と施工費用がかかってきます。れそぞれを分けてご紹介したいと思いますが、施工費用はどんな工事があるか把握しといたほうが良いため内訳も一緒にご紹介します。まずは、アイランドキッチンの本体価格からご紹介します。

アイランドキッチンの本体価格の相場

アイランドキッチンの本体価格は比較的高額となります。約1,200,000円〜1,800,000円となります。なぜこんなに高いのかとお思いと思いますが、まず天板が大きいことで高額となります。それ以外にアイランドキッチンはどの方向からも見えるため全てにデザイン代がかかってきます。何よりも1番にセンターフードの換気扇が高額となります。アイランドキッチンは周りに壁が無いためできるだけ強力な換気扇を設置しなければ臭いがずっと残ってしまいます。センターフードは吸引力も普通のレンジフードの2倍はあります。これが高額となる理由です。

参考価格:約1,200,000円〜1,800,000円

アイランドキッチンの施工費用と内訳

まずはアイランドキッチンの施工の工程を把握しましょう。最初に既存のキッチンを解体します。次に壁の補修と排水工事と電気系工事をします。そして、センターフードとアイランドキッチンを取り付けます。それでは、以下に各費用の相場をご紹介します。

参考価格:
解体工事費用:約50,000円〜100,000円
キッチン取り付け費用:約150,000円〜
壁のクロス張替え:約50,000円〜
給排水管工事:約50,000円〜
電気系統工事:約50,000円〜

合計:約350,000円〜400,000円


キッチンリフォーム後に不便と感じない為にするポイント4つ

悩む女性

キッチンリフォーム後にこれを一緒にリフォームしとけばと後で後悔しない最低限のポイントを4つご紹介します。

キッチンの高さのポイント

システムキッチンの高さは、使い手の身長によって異なります。キッチンが低いと猫背になりやすく、高いと肩が上がって肩こりの原因にもなります。

実はシステムキッチン既製品には、80cm、85cm、90cmの高さのサイズがあり、自分に適したキッチンを選ぶことができます。

キッチンの高さを選ぶのにサイズを出す計算方法があります。

『身長÷2+5cm』で、自分に適した目安の数字がでます

例)160cm÷2+5cm=85cm

※室内で底の高いスリッパ等を履く方はそれも踏まえて計算に入れてください。

後、体感したい場合は、メーカーのショールームにいけばできます。

通路幅の広さのポイント

キッチンの通路に人が通る場合の最適なサイズがあります。

1人の場合は、90cm、2人は120cmが適していると言われています。

2人のサイズにしとけば間違いないですが、部屋のバランスもあるので、それも踏まえて考えるましょう。

コンセント設置のポイント

キッチンでは、家電製品が多いためコンセントは必須ですが、いざ、挿そうとすると、コンセント口が足りない、線が届かないといった事が多々あります。

見た目の悪い、危険な、タコ線、延長コードといった、リフォーム後のキッチンに使わないようにする為に最初のプランニング時にコンセント口数をいくつ設置するかイメージしときましょう。

ゴミ箱のスペースのポイント

キッチンをイメージする時は、家電製品や食器棚、収納棚の配置をイメージしがちですが、案外、大事なゴミ箱の位置のイメージを忘れがちとされます。

ゴミ箱ほど、見た目を気にしたいと思うのですが、食器棚の下にゴミ箱専用の収納スペースを設けるなど、最初のプランニング時に業者さんに伝えるのを忘れないようにしましょう。


『全てがわかる!』
キッチンのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG