壁付I型のキッチン

キッチンの壁付けI型のリフォームする費用と価格の相場は?

壁付けI型のキッチンリフォームする費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
1,200,000円〜2,200,000円

キッチンの壁付けI型のリフォームする費用の相場ですが、約1,200,000円〜2,200,000円となります。壁付けI型キッチンのリフォームでは、「壁付けI型キッチンの設置の費用」「壁付けI型キッチンの交換の費用」「内装や間取りの変更などを行う場合」「キッチンの位置変更の場合」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



壁付けI型キッチンのリフォームについて

キッチンとダイニング

壁付けI型キッチンのリフォームをする前にまずは、メリット・デメリットをご覧ください。

壁付けI型キッチンとは?

壁付けI型キッチンとは、壁面に沿ってキッチンがおいてあり、壁面に向かって作業するタイプのキッチンです。日本の昔ながらのキッチンスタイルです。

壁付けI型キッチンのメリットは?

壁付けI型キッチンのメリットは、スペースを広く使えることです。料理を出す時にキッチンの後ろにダイニングが来る配置が多いので、配膳しやすいことです。それと、後ろにダイニングテーブルがあるこで、調理台代わりにもできます。それに、キッチンの壁に窓を設置すると、景色を眺めながら料理をしたり、換気扇では追いつかない臭いを窓を開けることで空気の入れ替えもすることができ、窓枠には調味料等を置いたりして、その人の個性が現れて癒やしの調理場ともなります。

壁付けI型キッチンのデメリットは?

壁付けI型キッチンのデメリットは、家電製品や食器棚をどこに置くのか悩みます。キッチンの横に比較的、冷蔵庫、食器棚と置くご家庭が多いと思いますが、横に広がりすぎると移動が面倒になります。それと、壁付けI型キッチンの場合、洗い場が丸見えになってしまいます。その為、毎回、整頓しとかないといけないプレッシャーもでてきます。



壁付けキッチンI型を設置する費用は?

キッチに立つ女性

壁付けI型キッチンの「壁付けI型キッチンの設置の費用」「壁付けI型キッチンの交換の費用」「内装や間取りの変更などを行う場合」「キッチンの位置変更の場合」のそれぞれの費用をご紹介します。



壁付けI型キッチンの設置の費用

壁付けI型キッチンの設置の費用では、本体価格に約130,000円~1,000,000円が相場となります。また、設置する施工の費用には、約189,000円〜250,000円かかります。総額の費用は、約319,000円〜1,250,000円となります。

【参考費用】壁付けI型キッチンの設置の費用:約319,000円〜1,250,000円


壁付けI型キッチンの交換の費用

【参考費用】壁付けI型キッチンの交換の費用:約500,000円〜1,000,000円

内装や間取りの変更などを行う場合

【参考費用】内装や間取りの変更などを行う場合:約300,000円〜約800,000円

キッチンの位置変更の場合の配管工事等の費用

キッチンの位置を変更する場合、新設でダクト、配管等の工事が必要となります。

【参考費用】キッチンの位置変更の場合の配管工事等の費用:約400,000円


キッチンリフォーム後に不便と感じない為にするポイント4つ

悩む女性

キッチンリフォーム後にこれを一緒にリフォームしとけばと後で後悔しない最低限のポイントを4つご紹介します。

キッチンの高さのポイント

システムキッチンの高さは、使い手の身長によって異なります。キッチンが低いと猫背になりやすく、高いと肩が上がって肩こりの原因にもなります。

実はシステムキッチン既製品には、80cm、85cm、90cmの高さのサイズがあり、自分に適したキッチンを選ぶことができます

キッチンの高さを選ぶのにサイズを出す計算方法があります。

『身長÷2+5cm』で、自分に適した目安の数字がでます。

例)160cm÷2+5cm=85cm

※室内で底の高いスリッパ等を履く方はそれも踏まえて計算に入れてください。

後、体感したい場合は、メーカーのショールームにいけばできます。

通路幅の広さのポイント

キッチンの通路に人が通る場合の最適なサイズがあります。

1人の場合は、90cm、2人は120cmが適していると言われています。

2人のサイズにしとけば間違いないですが、部屋のバランスもあるので、それも踏まえて考えるましょう。

コンセント設置のポイント

キッチンでは、家電製品が多いためコンセントは必須ですが、いざ、挿そうとすると、コンセント口が足りない、線が届かないといった事が多々あります。

見た目の悪い、危険な、タコ線、延長コードといった、リフォーム後のキッチンに使わないようにする為に最初のプランニング時にコンセント口数をいくつ設置するかイメージしときましょう。

ゴミ箱のスペースのポイント

キッチンをイメージする時は、家電製品や食器棚、収納棚の配置をイメージしがちですが、案外、大事なゴミ箱の位置のイメージを忘れがちとされます。

ゴミ箱ほど、見た目を気にしたいと思うのですが、食器棚の下にゴミ箱専用の収納スペースを設けるなど、最初のプランニング時に業者さんに伝えるのを忘れないようにしましょう。


『全てがわかる!』
キッチンのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?


>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG