ローコスト住宅の頭金

ローコスト住宅の低年収で頭金なしでも大丈夫?頭金の費用の相場や月々の返済額は?

ローコスト住宅の住宅ローンの頭金の費用の相場

OL

物件価格の
1割〜2割

ローコスト住宅の住宅ローンの頭金の費用の相場ですが、「ローコスト住宅の費用」「土地の費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細を載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用は建設会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


低年収でローコスト住宅を建てる際に頭金なしで住宅ローンをかけるのに後悔はあるのか?

ローコスト住宅の頭金

ローコスト住宅の低年収で住宅ローンを組む場合、頭金なしでも可能なのか?また、頭金なしでも問題はないのか気になる方は多いと思いますが、ここからは、頭金なしでのメリットやデメリットをご紹介します。

ローコスト住宅費用の頭金とは?

ローコスト住宅費用の頭金とは、ローコスト住宅するときにローンをして最初に払うお金のことを指します。

頭金がなくても住宅ローンは組める?

頭金がなくても住宅ローンは組めるのか気になるところですが、フルローンにするか部分ローンにするかで利子率が代わり、頭金に関しては個々の自由です。目安として2000万円以下なら頭金なしでも月々の費用は家賃費用とあまり変わりませんので2000万円の場合はおすすめです。それ以上の金額となると月々の支払いがしんどくなりますので、おすすめを目安として考えてみてはいかがでしょうか?以下で頭金なしの場合のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

頭気なしのメリットは、現金で残しておくことで気持ちに余裕ができます。また、資金がない場合は頭金なしで即購入ができます。利率で頭金を貯めて購入をお考えの場合は、貯めている間に利率は変化するので損する場合はあります。

デメリット

頭金なしのデメリットは、借入金が大きくなるほど返済期間が長期化することもあります。また、住宅ローンの審査のハードルが上がります。また、住宅ローンの金利の優遇が受けられません。



頭金はキャッシュで用意しよう!

頭金を用意して払う場合の注意点ですが、必ずキャッシュで用意して支払うようにしましょう。まず、住宅ローンから一緒に支払うことはできません。住宅ローンは、住宅が完成してから借り入れできるお金となります。また、カードローンなどで借り入れすると住宅ローンの審査が通らなくなる場合があります。ですので、家族や親戚に借りて頭金を支払うようにしましょう。



住宅ローンで「頭金なし」「諸費用なし」でも大丈夫!?

先程、述べた通り住宅ローン会社によって頭金はなしの0円で可能ですが、諸経費なしでもローコスト住宅を購入できるのでしょうか?

諸費用とは?

諸費用とは、住宅の登記する際にかかる申請料や火災保険料などの費用を指します。

また、住宅ローンと一緒に借り入れできる諸費用には限りがあり、以下の通りとなります。

・登記に関する費用(登録免許税、司法書士手数料)
・火災保険料(新規・追加契約を行う場合)
・借り換えの場合の既存ローンに対する経過利息・違約金
・ご購入の場合の仲介手数料
・お取り扱い手数料

予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


ローコスト住宅の住宅ローンの頭金の費用

女性

ローコスト住宅の住宅ローンの頭金の費用では、一般的に物件価格の1割〜2割と言われています。

【参考費用】ローコスト住宅の頭金の費用:物件価格の1割〜2割

1000万円のローコスト住宅の頭金の費用:約100万円〜200万円
2000万円のローコスト住宅の頭金の費用:約200万円〜400万円
3000万円のローコスト住宅の頭金の費用:約300万円〜600万円
4000万円のローコスト住宅の頭金の費用:約400万円〜800万円
5000万円のローコスト住宅の頭金の費用:約500万円〜1000万円


ローコスト住宅の月々の返済額のシミュレーション早見表

ローコスト住宅の住宅ローンの月々の返済額の早見表をご紹介します。(※返済比率35%、返済期間35年、金利1.2%)

借入額月々返済額返済総額
500万円1.5 万円/月613 万円
600万円1.8 万円/月736 万円
700万円2.1 万円/月858 万円
800万円2.4 万円/月981 万円
900万円2.7 万円/月1,103 万円
1000万円3 万円/月1,226 万円
1100万円3.3 万円/月1,348 万円
1200万円3.6 万円/月1,471 万円
1300万円3.8 万円/月1,593 万円
1400万円4.1 万円/月1,716 万円
1500万円4.4 万円/月1,838 万円
1600万円4.7 万円/月1,961 万円
1700万円5 万円/月2,083 万円
1800万円5.3 万円/月2,206 万円
19000万円5.6 万円/月2,328 万円
2000万円5.9 万円/月2,451 万円
2100万円6.2 万円/月2,573 万円
2200万円6.5 万円/月2,696 万円
2300万円6.8 万円/月2,818 万円
2400万円7.1 万円/月2,941 万円
2500万円7.3 万円/月3,063 万円
2600万円7.6 万円/月3,186 万円
2700万円7.9 万円/月3,308 万円
2800万円8.2 万円/月3,431 万円
29000万円8.5 万円/月3,553 万円
3000万円8.8 万円/月3,676 万円
3100万円9.1 万円/月3,798 万円
3200万円9.4 万円/月3,921 万円
3300万円9.7 万円/月4,043 万円
3400万円10 万円/月4,166 万円
3500万円10.3 万円/月4,289 万円
3600万円10.6 万円/月4,411 万円
3700万円10.8 万円/月4,534 万円
3800万円11.1 万円/月4,656 万円
39000万円11.4 万円/月4,779 万円
4000万円11.7 万円/月4,901 万円
4100万円12 万円/月5,024 万円
4200万円12.3 万円/月5,146 万円
4300万円12.6 万円/月5,269 万円
4400万円12.9 万円/月5,391 万円
4500万円13.2 万円/月5,514 万円
4600万円13.5 万円/月5,636 万円
4700万円13.8 万円/月5,759 万円
4800万円14.1 万円/月5,881 万円
49000万円14.3 万円/月6,004 万円
5000万円14.6 万円/月6,126 万円
5100万円14.9 万円/月6,249 万円
5200万円15.2 万円/月6,371 万円
5300万円15.5 万円/月6,494 万円
5400万円15.8 万円/月6,616 万円
5500万円16.1 万円/月6,739 万円
5600万円16.4 万円/月6,861 万円
5700万円16.7 万円/月6,984 万円
5800万円17 万円/月7,106 万円
59000万円17.3 万円/月7,229 万円
6000万円17.6 万円/月7,351 万円
6100万円17.8 万円/月7,474 万円
6200万円18.1 万円/月7,596 万円
6300万円18.4 万円/月7,719 万円
6400万円18.7 万円/月7,841 万円
6500万円19 万円/月7,964 万円
6600万円19.3 万円/月8,086 万円
6700万円19.6 万円/月8,209 万円
6800万円19.9 万円/月8,331 万円
69000万円20.2 万円/月8,454 万円
7000万円20.5 万円/月8,577 万円
7100万円20.8 万円/月8,699 万円
7200万円21.1 万円/月8,822 万円
7300万円21.3 万円/月8,944 万円
7400万円21.6 万円/月9,067 万円
7500万円21.9 万円/月9,189 万円
7600万円22.2 万円/月9,312 万円
7700万円22.5 万円/月9,434 万円
7800万円22.8 万円/月9,557 万円
79000万円23.1 万円/月9,679 万円
8000万円23.4 万円/月9,802 万円

住宅ローンの全てがわかる!


ローコスト住宅のローンの審査を通りやすいようにするには?

住宅ローンの審査を通りやすいようにする

ローコスト住宅のローンの審査を通りやすいようにする方法には、「事前審査」「本審査」があります。

事前審査を通りやすいようにするには?

事前審査を通りやすいようにするポイントは2つあります。

・頭金を出来る限り用意する
・返済期間や返済額を短くする

本審査を通りやすいようにするには?

本審査を通りやすいようにするポイントは2つあります。

・事前審査と申告内容と相違がないか確認する
・担保評価が低くないか調べる
【参考】ローコスト住宅のローン審査について

予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


ローコスト住宅の見積もりを予算オーバーしないように激安にするには?

激安・格安

ローコスト住宅の見積もりで予算オーバーしないように激安にするには、相見積もりを取り、ハウスメーカーや工務店の見積もりを比較することです。

ローコスト住宅を依頼できる会社は、ハウスメーカー・工務店など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

ローコスト住宅を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用でローコスト住宅を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安くローコスト住宅をできる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、ローコスト住宅を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い業者に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
ローコスト住宅の費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:ローコスト住宅の費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG