中古住宅のリフォーム

中古住宅のリフォームの費用と価格の相場は?

中古住宅のリフォームの費用と価格の相場

OL

材料費用+施工費用=
200,000円〜3,000,000円

中古住宅のリフォームの費用の相場ですが、リフォームの費用には、「中古住宅の水回りリフォームの費用」「中古住宅リフォーム配管の費用」「中古住宅のオール電化リフォーム費用」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



中古住宅のリフォームについて

中古住宅のリフォーム

中古住宅のリフォームをする前に失敗しない為にもまずは、ローンや補助金についてご覧ください。



中古住宅の購入とリフォーム費用のローンについて

中古住宅を住宅ローンで借入して購入した後にリフォームローンでリフォームしようとお考えの場合、住宅ローンで一緒にリフォームのローンを組んだ方が金利が安く審査も容易に済むのでおすすめです。

こちらの別記事でもリフォームローンの金利の相場をご紹介しています。



中古住宅の補助金について

中古住宅の補助金は「長期優良化リフォーム推進事業」があります。

長期優良化リフォーム推進事業とは?

長期優良化リフォーム推進事業とは、既存住宅の長寿命化や性能向上に資するリフォームを支援する制度となります。

補助金額

補助金額は、「評価基準型」「認定長期優良住宅型」「高度省エネルギー型」で区分されています。また、評価基準認定基準の審査があり、性能項目には、劣化対策・耐震性・省エネ性・維持管理があります。

評価基準型…劣化対策・耐震性・省エネ性・維持管理の中で一つでも評価基準に適合されると1戸あたり約100万〜150万円の補助金が出ます。

認定長期優良住宅型…劣化対策・耐震性・省エネ性・維持管理の全てが認定基準に適合されると1戸あたり約200万〜250万円の補助金が出ます。

高度省エネルギー型…劣化対策・耐震性・省エネ性・維持管理の全てが認定基準に適合され、1次エネルギー消費量が省エネ基準比20%削減されるものなら1戸あたり約250万〜300万円の補助金が出ます。



中古住宅を購入してリフォームする費用は?

中古物件を購入してリフォームする費用はどのくらいかかるのか気になりますよね。中古物件の平均購入費用が約2500万円〜3000万円だと言われています。それからリフォームにかける費用が約450万円〜1500万円ですので合計で約2950万円〜4500万円かかります。

リフォームの費用を抑える方法は?

リフォームを施工する会社は、「工務店」「リフォーム会社」「大手リフォーム会社」とありますが、この3社でどこを選ぶと安く費用を抑えれるのか気になりますよね。結論から言うと工務店になります。工務店と大手のリフォームの坪単価は約1.5倍〜2倍となります。その差額は大手だけに広告料や営業費、保証手当サービス等が費用として入る為、変わってくるものです。工務店が安いのはわかったけども、安くて心配な点はないのか気になりますよね。そこで以下に各3社のメリットとデメリットをまとめてみましたので参考にして見て下さい。

リフォーム会社のメリット・デメリット

工務店

工務店のメリットは、広告費や営業費にお金を掛けてない分、リフォームの費用を安く抑えれることです。それと、営業マンがいないので社長が営業、監督、大工と一環して全てをこなすので仕事のミスや伝達ミスが無いです。そして、直接受けてる分、工務店はサービス精神旺盛で気前がいい方が多く、仕事にポリシーをもって仕上がりも良くしてくれます。ですが、デメリットは、少人数でやっている分、仕事に時間がかかってしまいます。見積もりが遅かったり、引き渡し納期に間に合わなかったりします。また、デザイン担当もいないのでセンスがない工務店が多いです。

リフォーム会社

リフォーム会社のメリットは、専任の営業担当やデザイナー担当がいるのでこだわりを持ったデザインのリフォームをしてくれます。ですがデメリットは、専任担当者がいる分、工務店に比べると費用が少し高くなります。また、営業担当者によりますがしっかり管理していない場合は伝達ミスも起きることもあります。

大手リフォーム会社

大手リフォーム会社のメリットは、ネームバリューの安心感、全ての分野に専任担当がいるので仕事がスムーズに進みます。ですが、デメリットは費用が高く、工務店に安く下請けに出すため工事の手抜き作業になってしまう可能性が高いです。



中古住宅リフォーム費用の相場

女性

中古住宅リフォーム費用の相場では、「中古住宅の水回りリフォームの費用」「中古住宅リフォーム配管の費用」「中古住宅のオール電化リフォーム費用」があります。



中古住宅の水回りリフォームの費用

中古住宅の水回りリフォームの費用では、キッチン・バス・洗面台・トイレの4点で約1,000,000円〜2,500,000円が相場となります。

【参考費用】中古住宅の水回りリフォームの費用:約1,000,000円〜2,500,000円

水回りリフォーム費用と価格の相場は?



中古住宅リフォーム配管の費用

中古住宅リフォーム配管の費用では、給水管・排水管で約350,000円〜450,000円が相場となります。

【参考費用】中古住宅リフォーム配管の費用:約350,000円〜450,000円

水回りの配管工事のリフォームする費用と価格の相場は?



中古住宅のオール電化リフォーム費用

中古住宅のオール電化リフォームの費用では、水回りのオール電化や太陽光などの設置がありますが、約200,000円〜3,000,000円が相場となります。

【参考費用】中古住宅のオール電化リフォーム費用:約200,000円〜3,000,000円

オール電化のリフォームの費用と価格の相場は?


『全てがわかる!』
リフォームの費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
リフォームの費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG