長期優良住宅の坪単価

長期優良住宅の坪単価の価格や費用の相場は?

長期優良住宅の坪単価の価格と相場

OL

材料費用+施工費用=
350,000円〜1,050,000円/坪

長期優良住宅の坪単価の価格と相場ですが、「ローコスト住宅の坪単価」「一般住宅の坪単価」「高級住宅の坪単価」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細を載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用は建設会社・工務店に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


長期優良住宅の坪単価について

長期優良住宅の坪単価

長期優良住宅の坪単価には、「ローコスト住宅メーカー」「一般的なハウスメーカー」「高級住宅メーカー」があります。まずは、坪単価についてご覧下さい。

坪単価とは?

坪単価とは、建築にかかる1坪(3.3㎡)あたりの費用を指します。

坪単価の計算方法

坪単価の計算方法は、「建物本体価格」を「延床面積」を割ると坪単価が出ます。

例)2000万円の建物本体価格÷40坪の延床面積=50万円/坪


長期優良住宅の坪単価の価格

女性

長期優良住宅の坪単価の価格には、「ローコスト住宅」「一般住宅」「高級住宅」の3つに別れます。それぞれ以下でご紹介します。

長期優良住宅のローコスト住宅の坪単価

長期優良住宅のローコスト住宅メーカーとは、一般的な注文住宅に比べ安い予算で建築が行なえます。坪単価が約35万円〜となります。ローコスト住宅メーカーでもオプションを付け加えると35万円以上と高額になることもあるので注意が必要です。

【参考単価】長期優良住宅のローコスト住宅メーカー:約35万円〜55万円/坪

長期優良住宅の一般住宅の坪単価

長期優良住宅の一般的なハウスメーカーとは、輸入住宅を取り扱っているメーカーが多く約45万円〜の坪単価となります。もちろん輸入住宅だけでなく国内住宅も扱っています。

【参考単価】長期優良住宅の一般的なハウスメーカー:約45万円〜75万円/坪

長期優良住宅の高級住宅の坪単価

長期優良住宅の高級住宅メーカーとは、アフターフォローなどが充実している大手企業のことで約75万円〜の坪単価となります。有名所で言えば積水ハウスや大和ハウスとなります。

【参考単価】長期優良住宅の高級住宅メーカー:約75万円〜105万円/坪


長期優良住宅の申請費用の相場

長期優良住宅の認定を受けるには、申請に費用がかかり、自分ですると5万〜6万円、代行申請ですと20万〜30万円かかります。

【参考費用】長期優良住宅の申請費用の相場:約50,000円〜300,000円

予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


長期優良住宅の火災保険の相場

長期優良住宅の火災保険の相場は、決まっておらず補償金額によって相場が異なります。

各保険会社に問い合わせして確認しましょう。



長期優良住宅の費用の相場

長期優良住宅には、建築価格や申請費用、火災保険以外にかかる費用があります。

諸費用・諸経費

諸費用・諸経費は、注文住宅の総費用の10%〜20%占めます。諸費用・諸経費とは、建物以外にかかる費用となります。

登記費用:約160,000円〜170,000円印紙代:約15,000円〜20,000円
住宅ローン手続き費用:約250,000円〜300,000円
火災・地震保険費用:約250,000円〜300,000円
引越し費用:約250,000円〜300,000円
式祭典費用:約30,000円〜50,000円
その他費用:約20,000円〜30,000円

住宅ローンの費用

住宅ローンの費用とは、契約する場合にかかる費用となります。「印紙税」「登記費用」「事務手数料」「保証料」「団体信用生命保険料」「火災保険料」があります。

印紙税

印紙税は、住宅ローンの契約を結ぶ際に印紙税が必要となります。印紙税とは、契約書に貼る切手に似た印紙のことです。また、印紙を貼って印鑑などによる割印で消印することで納税したとみなされる。

住宅ローン額が500万〜1000万以下だと1万、1000万円〜5000万円以下の場合は2万円、5000万円〜1億円以下の場合は3万円となり、税額は借入金額によって異なります。

登記費用

登記費用とは、住宅ローンをする際に土地や建物を抵当権する義務があり、その際に登録する費用となり、代理で登記を依頼する場合は、別途費用がかかり5,000~2万円程です。

事務手数料

事務手数料とは、住宅ローンに借入する際にかかる手数料です。

保証料

保証料とは、保証人を立てる代わりに支払う費用となり、100万円あたり25,000円が相場となります。

団体信用生命保険料

団体信用生命保険料とは、ローンが払えなくなった場合(亡くなる、障害を負う等)、支払い義務が取り消しなる保険です。



長期優良住宅について

長期優良住宅

長期優良住宅には、メリットもあればデメリットもあり、補助金制度などもあります。

長期優良住宅のメリット・デメリット

長期優良住宅とは、所定機関から「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアして認定を受けた家のことをいいます。

メリット

長期優良住宅のメリットは、一般住宅と比べ長期優良住宅は減税や控除額が多いです。それに地震保険料の割引があったり、登録免許税の税率引き下げもあります。何よりも売却するときに付加価値が付き売れやすくなります。

デメリット

長期優良住宅のデメリットは、申請コストがかかり、自分ですると5万〜6万円、代行申請ですと20万〜30万円かかります。

また、標準仕様での長期優良住宅の場合は、認定規準をほぼクリアしていますので、追加コストや建築期間はそれほどかかりませんが、標準仕様でない場合は、追加費用20%〜30%かかることや、期間も約1ヶ月以上要する場合もあります。

長期優良住宅は良好な状態を保つ必要があり、定期点検が必要となりコストがかかります。

長期優良住宅とは?メリット・デメリットもご紹介!

長期優良住宅は税金免除の優遇が受けられる!

税金免除などの優遇を受けるには、長期優良住宅と認定される為に、一定の基準に適合し、各都道府県知事等に申請を行い、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」による基準をクリアした住宅のみとなります。この住宅のみ受けられる優遇制度がたくさんあります。以下でご紹介しているのでご覧下さい。

長期優良住宅は税金免除や補助金の優遇メリットがたくさんある!

長期優良住宅の寿命は?

長期優良住宅の寿命は、耐用年数が約75年〜100年と言われていますが、一般住宅の約25年〜30年と比べると長寿命だということが分かります。


予算に合わせた理想の家ができる?
\ 優良工事店のご紹介は3分で完了! /

無料で間取りプランを作成
一括見積もりはこちら


長期優良住宅の見積もりを予算オーバーしないように格安にするには?

激安・格安

長期優良住宅の見積もりで予算オーバーしないように格安にするには、相見積もりを取り、ハウスメーカーや工務店の見積もりを比較することです。

長期優良住宅を依頼できる会社は、ハウスメーカー・工務店など各県に数多く存在します。理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。

相見積もりとは?

相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。

長期優良住宅を安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用で平屋を行うことになってしまいます。そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。

一括見積もり無料サービスで安く長期優良住宅をできる優良会社を探す!

一括見積もり無料サービスとは、長期優良住宅を得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

一括見積もり無料サービスの良いところは?

✔ 完全無料で一括見積もりを請求できる!


✔ 厳しく審査された”優良会社”のみの見積もりが請求できる!
✔ 見積もりだけでなくプランや間取り図も無料請求できる!
✔ 気になる会社を自由に選んで一括見積もりが無料請求できる!
✔ 相場より費用を1割以上抑えることができる!
✔ 質の高い業者に依頼できるので安心!
✔ メールのみだけでも請求ができる!
✔ 相見積もりと違い業者に気を遣わなくて良い!
✔ 労力を使うのは見積もりを見て検討する時だけ!

完全無料一括見積りを依頼する


『全てがわかる!』
注文住宅の費用に関する
記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:注文住宅の費用の相場の全てがわかる!

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・建設会社・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・新築・注文住宅・土地活用・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG