キッチンリフォーム

キッチンリフォームの費用の実例と目安

キッチンリフォームの費用の実例と目安

キッチンリフォーム

キッチンのリフォームの金額別で実例とともに目安をご紹介します。まずは10万円以内でできることからご覧ください。

キッチンのリフォームで10万円以下でできること

キッチン

キッチンのリフォームで10万円以下の費用でできることは換気扇の交換があります。換気扇は、約10年の寿命があり、うまく掃除ができていないと油汚れでモーターの芯が不具合を起こし変な音がなり始めます。その時が交換時期だと思われます。換気扇の交換には、本体価格と施工費用がありますので、約35,000円〜50,000円かかります。本体価格によって値段が異なりますが、業者の施工価格は、約15,000円とほぼ変わりません。

換気扇の交換

本体価格+施工費用=35,000円〜50,000円

キッチンのリフォームで20万円以下でできること

キッチンのリフォームで20万円の費用でできることが、IHクッキングヒーターの交換が挙げられます。IHクッキングヒーターを使っていく内にトッププレートが焦げ付いたり、食器を落として割ってしまったりすることがあると思いますが、交換費用には本体価格と施工費用があり、約80,000円〜170,000円の間で交換が可能となります。こちらの費用の異る差は、本体価格のグレードによるもので安いものですと約50,000円からとなります。

IHクッキングヒーターの交換

本体価格+施工費用=80,000円〜170,000円

キッチンのリフォーム30万円以下でできること

キッチンのリフォームで30万円の費用でできることがが、レンジフードの交換とガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換が可能です。まずは、レンジフートですがレンジフートを使っていく内に壁付けの換気扇と同じでうまく掃除ができていないとモーターに油が入り込みカラカラと音がします。音が鳴り始めるとレンジフートのモーターの交換時期となります。モーターのみの交換ですと約20,000円から30,000円となります。また、スイッチのボタン部分だけが壊れる場合もありますがこちらの交換費用が約10,000円から15,000円となります。レンジフート本体を交換する場合は、施工費用が約40,000円から80,000円とかかります。こちらの費用の差はレンジフートの型が全く異る商品に取り替える場合は、ダクト工事の延長が必要となる場合です。また、レンジフート本体の価格の相場が約100,000円から200,000円となります。

レンジフードの交換

本体価格+施工費用=120,000円〜280,000円

キッチンの換気扇・レンジフードの交換する費用と価格の相場は?

ガスコンロからIHクッキングヒーターへ交換する場合、施工費用にはガスの工事は、ガスの撤去工事と電気工事が必要となり約100,000円かかってきます。

ガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換

本体価格+施工費用=180,000円〜250,000円

IHクッキングヒーターや天板の交換のリフォームする費用と価格の相場は?

キッチンのガスコンロの交換の費用と価格の相場は?

キッチンリフォームの本体を40万・50万・60万円でできる型は?

キッチン

キッチンリフォームの本体を40万円から60万円以内でリフォームできるのは、ミニキッチンとI型の普及タイプのキッチンとなります。

40万円あればミニキッチンを設置できる

ミニキッチンは、2世帯住宅や事務所によく使用されていますが、40万円あればミニキッチンの最高オプションを設置することができます。ミニキッチンに40万円かけていいオプションをつけるとしたら冷蔵庫と温水器あたりでしょう。

ミニキッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

50万〜60万円あれば普及タイプのI型キッチンを設置できる

普及タイプのI型キッチンは収納棚は開き戸タイプのものとなり、オプションは何ひとつ付いていないタイプです。

I型キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?

キッチンリフォームの部分的に40万・50万・60万円でできるリフォームは?

キッチンリフォームの部分的に40万・50万・60万円でできるリフォームは、食洗機と背面収納・壁収納・カップボートとなります。

キッチンのリフォームで40万〜50万円あれば新設や後付けで食洗機を設置できる

キッチンのリフォームで40万〜50万円あれば食洗機のビルトイン型、卓上型のどちらでも設置が可能です。食洗機の交換のみでしたら20万〜30万でできますが、後付けや新設となると給排水・電気工事などの費用が伴う為、40万〜となります。また、ビルトイン型の場合、設置する箇所の収納が撤去できるか、給排水の工事、電気工事ができるかなど、現場を見てみないとリフォームできるかわからないので、事前にしっかり現場調査をしましょう。

キッチンに食洗機を後付けするリフォームする費用と価格の相場は?

キッチンのリフォームで50万〜60万円あれば背面収納のカップボードを設置できる

キッチンのリフォームで50万〜60万円あれば背面収納のカップボードを設置することが可能です。キッチンまわりは食器や家電製品、ゴミ箱などで混雑になりがちですが、キッチン専用の背面収納のカップボードや家電収納なら、食器やゴミ箱・家電品・食品を使いやすい位置に賢く収納できます。また、背面収納は地震などで倒れる心配もなく、扉も耐震ロックで万が一の時も中のものが飛び出る心配がありません。カップボードは幅・奥行・機能・扉材などの組み合わせ次第で価格が変わりますが60万円の予算ならそこそこで自分好みのカップボートが手に入ります。

キッチン・台所の収納リフォームする費用と価格の相場は?



キッチンリフォーム画像と事例で解説

キッチンリフォーム画像と事例で解説していきます。

キッチンのリフォームを50万円〜100万以内でできる実例と費用の目安

キッチンのリフォームを50万円〜100万以内でできる実例と費用の目安をご紹介します。

築20年〜30年のキッチンを造作のカウターを設置して完全オリジナルした施工事例

造作のカウンターは既存の家具がジャストサイズに収納できるように完全オリジナルで設計いたしました!

建物のタイプマンション
工期約1週間
築年数20〜30年
構造RC造
価格約95万
家族構成
その他採用機器・設備

築15年〜20年のキッチンを梁下の垂れ壁を一部解体して開放的にした施工事例

もともとの吊戸棚の高さよりも背を低くし、側面と梁下の垂れ壁も一部解体して、より開放的な印象に仕上げました。天井に埋め込み式だった照明もダウンライトに変更し、すっきりとしています。

建物のタイプマンション
工期約1週間
築年数15〜20年
構造RC造
価格約100万
家族構成
その他採用機器・設備

キッチンのリフォームを100万円〜200万以内でできる実例と費用の目安

キッチンのリフォームを100万円〜200万以内でできる実例と費用の目安をご紹介します。

築30年のキッチンを間仕切りを取り払い収納たっぷりでオープンなキッチンの施工事例

施工前は日光も届かない薄暗い孤立したキッチンでした。間仕切りを取り払い収納たっぷりでオープンなキッチンへ大変身。日中は電気がいらないほど明るさもあります。夜はコーブ照明の柔らかな光がワンランク上の空間を演出。視界もひらけ料理中の奥様のテンションもアップ!!ご夫婦やお友達との会話も弾みます。

建物のタイプマンション
工期約2週間
築年数約30年
構造RC造
価格約150万
家族構成
その他採用機器・設備商品名:エクセリア ラヴィー

キッチンのリフォームを200万円〜300万以内でできる実例と費用の目安

キッチンのリフォームを200万円〜300万以内でできる実例と費用の目安をご紹介します。

築50年以上のキッチンの背面収納は造作のハイカウンター内に納めた施工事例

既存の壁付けI型の基本はそのままです。キッチンと同じ面材の背面収納は造作のハイカウンター内に納め、上部の空間にはレシピ等の小物が収納出来ます。

建物のタイプ戸建住宅
工期約1週間
築年数50年以上
構造鉄骨造
価格約230万
家族構成お父様、娘様
その他採用機器・設備


キッチンのリフォームを格安でするには?

キッチに立つ女性

キッチンのリフォームを格安でするには2つの方法がございます。それぞれをご紹介していきたいと思います。

キッチンのリフォームを激安でするには?①

費用を抑えるには?

キッチンのリフォームを激安で費用を抑えたい場合は、キッチンの位置を変えないことです。キッチンを位置を動かすことで配管の延長が必要となり費用が高額になります。施工費用だけでも安くする為に、もともとの位置のままでリフォームすることです。

本体価格を抑えるには?

キッチンの本体価格を抑えるには、グレードを落とすことです。グレードとは、キッチンにもともと備わっている設備が普及タイプ・中級タイプ・高級タイプに分かれています。本体価格を抑えるには普及タイプを選びましょう。普及タイプと高級タイプでは約500,000円〜1,000,000円の差があります。

キッチンのリフォームを格安でするには?②

キッチンのリフォームを格安でするには本体だけを安くで購入して安い費用の別業者に設置してもらいましょう。必ずしも施工のみをしてくれる業者は全てではないです。ですが、ネットで検索をかければ何社かは見つかるので、そこから無料見積もりを上げてもらい比較しましょう。以下に「本体を格安にする方法」「施工費用を安くする方法」をご紹介します。

本体を格安で入手する方法

・ホームセンター、ニトリで本体のみを購入する
・水回り専門店でアウトレットセール中に相場より安ければ購入
・ショールームで展示されている新古品を設備業者に予約しておく
格安で購入できないお店

各メーカーや工務店、リフォーム会社のこの3社は全て3割〜4割上乗せしているので本体価格が高額となります。また、3社で本体価格が安い場合もありますが、施工と本体でのセット価格となっており安く手に入れることはないです。

施工費用を安くする方法

・町の水回り専門に施工依頼する
・直接、町の設備業者に施工依頼する
・原状回復業者に施工依頼する
安い費用でしてもらえない業者

各メーカーや工務店、リフォーム会社のこの3社は全て1割〜4割上乗せしているので施工費用が高額となります。また、3社で施工費用が安い場合も注意が必要です。施工業者に渡す施工代を安くで受けさせていることがあり業者は手抜き作業することがほとんどです。

激安システムキッチンアウトレットはいつ頃やる? 

激安システムキッチンアウトレットはいつ頃やるのかは業者でない限り誰にもわかりませんが、わかる方法として地元の工務店でメーカーさんとやり取りしている会社と知り合いになるしかないです。工務店であれば、新しいシステムキッチンが入ると同時にアウトレット期間も分かったりもします。

工務店と知り合うには?

工務店と知り合うと言っても、地元にある工務店ならすぐに知り合えます。ですが、どんな工務店でも言い訳ではないです。メーカーと繋がりがある工務店が重要です。それを探すには、まずは、メーカーのショールームに行きましょう。そこで受付の方に工務店の紹介依頼をします。そすればTOTOのショールームならTOTOと提携している工務店を紹介してくれます。これはメーカーのホームページでも受けつけています。

キッチンのリフォームを格安・激安でするには?


『全てがわかる!』
キッチンのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
キッチンのリフォームする費用と価格の相場は?


>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG