グレークロスのトイレ

トイレを和式から洋式にする費用と価格の相場は?

トイレを和式から洋式にする費用の相場

OL

本体価格+施工費用=
350,000円〜700,000円

トイレの和式から洋式化へリフォームする費用の相場ですが、総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



トイレの和式から洋式化へのリフォームについて

ネオレスト

トイレの和式から洋式化のリフォームをする前にまずは、メリットと気をつけることをご覧下さい。



洋式トイレにするメリットは?

自宅のトイレを和式から洋式へ変えることによって、さまざまなメリットがあります。

節水効果がある

和式トイレの洗浄水量は約20リットルでしたが、現在では6リットルで洗浄ができ節水効果があります。製品によって小3.2リットル、大3.8リットルで洗浄できます。

トイレを広々で掃除が楽

現在の洋式トイレはコンパクトにまとまったデザインのため、トイレ空間を広々と使えて掃除も楽にでき、タンクレスのトイレなら、さらに空間が広がります。

和式と比べて体勢で身体への負担がない

和式のようにしゃがむ姿勢になる必要がないため、足腰の弱い人や年配の人がつらい体勢になることなく楽にトイレを使用できます。また、トイレ室内に追加で手すりを設置すれば、さらに体を支える負担が減るので安心です。他にも、床材を掃除が楽で、滑りにくいものに張り替えることで、介護の負担を減らすことができます。介護が必要な家族がいる場合でも、便利なのが洋式トイレなのです。



トイレの和式から洋式にする期間

トイレの和式から洋式にする期間は約5日〜8日間かかります。トイレの工事中は、仮設トイレが設置されますのでそちらを使用します。



和式トイレを洋式にリフォームするときに気をつけることは?

トイレの床のタイル

工事の費用がかかるのと、床や壁のリフォームも同時に行わなくてはならないのが、和式のトイレから洋式のトイレにリフォームする場合です。その他に、電気工事も必要とするのは、「シャワートイレ」、「暖房付きのトイレ」です。また、洋式トイレに合わせた棚やぺーパーホルダー、さらに洋風なドア(扉)にリフォームしようとすると、費用はかさむので、しっかりと費用の計画を立ててから発注するのが良いです。工期は、3日か〜5日ほどかかるので、その間は不便を感じるかもしれません。

グレード別で価格に違いがでるので気をつけよう

洋式トイレのタイプには非常に多くの選択肢があり、グレードによって価格も大きく異なります。たくさんの機能がついたハイグレードのトイレは約600,000円あり、タンクとトイレ本体だけのシンプルでは、約100,000円〜あります。幅広いグレードの中から予算に合ったものを選ぶ必要があります。

狭い部屋に和式トイレがある場合は割高になるので気をつけよう

0.3坪(畳半畳)より狭い場所に和式トイレがある場合は、洋式トイレは部屋の角を利用したコーナータイプを設置しないといけないので、約50,000円ほど割高になります。



トイレのリフォームの費用(和式から洋式)

トイレのリフォームの費用(和式から洋式)では、まず和式トイレを解体撤去し、床の補修工事を行い洋式トイレを取り付けます。これらにかかる費用が約250,000円~約400,000円が相場となります。

【参考費用】トイレの洋式化の工事の費用:約250,000円~約400,000円

工事費と商品代の割合が6:4

和式から洋式へのトイレ交換リフォームでは、工事費が全体の6割かかります。ここでは工事費の一例を紹介します。

基本工事
解体処分費用…約20,000円~
大工工事…約30,000円~
床や壁の工事…約40,000円~
汚水の位置換え及び配管工事…約50,000円~
便器取り付け工事…約40,000円~
電気工事…約20,000円~
諸経費…約20,000円~

その他の費用
ドアや棚の取り付けなどの建具工事…約80,000円~

費用全体の価格はトイレ本体を約250,000円とし、そこから4割引きと想定します。基本工事の最低価格を加えると約370,000円となり、相場に近い価格が算出されます。しかし、洋式トイレのグレードを最高機種にすると、全体で約600,000円以上かかることになります。さらに壁紙や床材の選択、手洗いや棚の設置などによっても価格は上昇していきます。相場と施工事例を参考し、見積もりをしっかり確認しながら予算を立てましょう。

洋式トイレの機能別の本体価格

シンプルで余計な機能がない

詳細:便器 ( 普通便器 / 防露タンク 手洗い無し / 普通便座 ) + 紙巻器

【参考価格】シンプルで余計な機能がない:約30,000円〜60,000円

ウォームレット(暖房便座)だけは欲しい

詳細:便器 ( 普通便器 / 防露タンク 手洗い有り / ウォームレット) + 紙巻器

【参考価格】ウォームレット(暖房便座)だけは欲しい:約40,000円〜70,000円

ウォシュレットだけは欲しい

詳細:便器 ( 防露便器 / 防露タンク 手洗い有り / 操作部分一体型ウォシュレット ) + 紙巻器 + タオル掛け

【参考価格】ウォシュレットだけは欲しい:約100,000円〜130,000円

節水あり、掃除も楽の便器が欲しい

詳細:便器 ( 防露・節水・縁なし・コーティング便器 / 防露・コーティングタンク 手洗い有り / 操作部分一体型ウォシュレット )+ 紙巻器 + タオル掛け

【参考価格】節水あり、掃除も楽の便器が欲しい:110,000円〜150,000円

スタイリッシュなタンクレス便器

詳細:便器 ( タンクレス便器 ウォシュレット一体型 手洗い無し 水圧による設置階制限有り) + ハンドル式コンパクト手洗器 + 紙巻器 + タオル掛け

【参考価格】スタイリッシュなタンクレス便器:200,000円〜250,000円

高グレードタンクレス便器

詳細:便器 ( タンクレス便器 ウォシュレット一体型 手洗い無し 水圧による設置制限無し オート開閉 ) + 化粧鏡 + 手摺 + 下部収納&カウンター付き手洗器(自動水栓) + 二連紙巻器 + タオル掛け

【参考価格】高グレードタンクレス便器:400,000円〜600,000円


和式トイレを洋式に介護保険を使ってお得にバリアフリーリフォームしよう

介護トイレ

高齢者や障害者の介護を自宅で行う際、和式トイレを洋式に介護保険を使って「バリアフリーリフォーム」を行うと、費用の200,000円分を支給してくれる制度があります。

介護保険を使う際の注意点

介護保険を使えるといってっも全額支給ではないです。工事費用の1割(一定以上の所得がある方は2割)を負担することが必要になります。無料になる訳ではありません。例えば200,000円ちょうどに工事費用を抑えたとしても、そのうちの1割にあたる20,000円は必ず負担しなければなりません。

支給額は1人当たり最大180,000円です。介護認定のレベルに関係なくリフォーム費用200,000円のうち9割(180,000円)が支給されます。工事費用が200,000円になるまで何度も利用できますので、ケアマネージャー等に相談してみて下さい。

介護保険を受けれる条件

1.介護保険の被保険者で「要支援1または2」、「要介護1~5」に認定されている方

2.リフォームを行う住宅が被保険者証の住所と同じで、本人が居住している場合のみ

和式から洋式便座へ変更したり、出入り口の段差を解消して手すりをつけたりするなど、要望に合わせて様々なリフォームが可能です。介護保険の適用を受けたい方は、まず担当のケアマネージャーに相談をしてみてください。申請に必要な「住宅改修理由書」は、ケアマネージャーなどの資格保有者にしか作成できません。

その後、お住まいの市区町村に事前申請を行い、介護保険の給付の対象になるリフォームかどうかを確認してもらいましょう。事前申請を無事に通ったことを確認してから工事を行います。工事費は一旦全額を払う必要があるので注意が必要です。どのタイミングで工事費を支払うのか、業者とよく確認するようにしてください。工事が終了後、事後申請手続きを行うことで住宅改修費が支給されます。

※支給額はお住まいの地域によって異なります



洋式トイレへリフォームするおすすめ

和式から洋式にトイレをリフォームする際には、トイレを交換するだけでなく、トイレのスペース全体をまとめてリフォームするのがお勧めです。トイレと壁や床などを別々にリフォームする場合より、総費用が安くなりますし、工期も短くなるからです。トイレは、長年の使用でにおいや汚れが染みついていることがあります。

リフォーム時に、トイレ本体だけでなくスペース全体をリフォームすれば、こうした染み付いてしまった汚れやにおいを一掃し、より快適な空間をつくりだすことができます。


『全てがわかる!』
トイレのリフォームの費用に
関する記事を全てまとめました
のでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
トイレのリフォームする費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店・不動産屋をお探しなら『リフォらん』へ


リフォーム・不動産売却等は失敗したくない、後悔したくない為にも会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

一括見積もりでは、厳選した大手メーカーから個人までの会社のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

以下をクリックするとホームへ移動します。そこから一括見積もり依頼へお進み下さい。

CTR IMG