屋根の葺き替え

リフォームで屋根を葺き替えする費用と価格の相場は?

リフォームで屋根を葺き替えする費用の相場

OL

材料費用+施工費用=
360,000円〜1,800,000円

リフォームで屋根を葺き替えする費用の相場ですが、葺き替えには「張替え」「カバー工法」があります。それらの総合した平均の費用となります。下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。また、この費用の相場は一例となっております。正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。



屋根の葺き替えリフォームについて

屋根の葺き替え

屋根の葺き替えをリフォームする前にまずは、屋根の種類と寿命と葺き替え日数、屋根葺き替えの補助金をご覧ください。

屋根の種類と寿命

屋根の種類によってメンテナンス方法も寿命にも違いがあります。まずは屋根の特徴から見ていきましょう。

日本瓦の特徴

日本瓦

日本瓦は、和風住宅によく使われるている瓦で、粘土を焼いて作られています。また、「素焼き瓦」と「釉薬瓦」の2種類があります。「素焼き瓦」とは、粘土をそのまま焼いた瓦、「釉薬瓦」とは、表面に釉薬を塗った瓦です。

メリット

日本瓦のメリットは、強度も耐久も高く寿命も約50年〜100年は持つと言われています。

デメリット

日本瓦のデメリットは、瓦が重たいので耐震性能にかけます。また、漆喰部分は定期的にメンテナンスが必要で葺き替えないといけない場合は費用が高額となります。

スレート屋根・コロニアルの特徴

スレートは、洋風住宅でよく使われるている瓦で、「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれています。

メリット

スレートのメリットは、日本瓦に比べると軽く耐震性に優れています。また、色も豊富で葺き替え費用が安いです。その他に遮音性が優れいていて雨の音を軽減してくれます。

デメリット

スレート瓦のデメリットは、断熱性と強度が低く定期的に約7〜10年に1度メンテナンスが必要となりコストがかかります。

ガルバリウムの金属瓦

ガルバリウムの横葺き

ガルバリウム鋼板とは、金属素材でできた板となります。また名称は、「ガルバ」「ガルバニウム」「ガリバリウム」とも呼ばれます。

メリット

ガルバリウム鋼板のメリットは、耐久性がトタン屋根に比べ3倍以上の性能を持っています。また、錆びにくい素材であるので積雪地帯では大いに活躍します。それと、耐熱性が高いです。ガルバリウム鋼板は、熱に強いアルミが多く含まれるため、従来の亜鉛鉄板よりも耐熱性に優れています。そして、耐震性に優れています。瓦に比べ非常に軽いため地震の揺れに強いです。最後に加工しやすい素材であります。湾曲なカーブでも曲げながら施工が可能となります。

デメリット

ガルバリウム鋼板のデメリットは、耐熱性が全くなく夏は暑く、冬は寒いです。瓦に比べガルバリウム鋼板自体に耐熱性がないので屋根裏に断熱材を別で施工しなくてはいけないです。また、防音性能もなく雨音など響く音が耳障りとなります。こちらも別で防音材を敷かないと気になる程です。それと、アルカリ性に弱く花粉や果実、虫の死骸を長時間放置したままになると変色します。それを放置するとサビに繋がったりもします。

セメント瓦

モルタル瓦

セメント瓦とは、セメントを型に入れて成型したものに塗装を施した瓦です。

メリット

セメント瓦のメリットは、日本瓦に比べ衝撃での強度があります。また割れにくいです。

デメリット

セメント瓦のデメリットは、表面に塗装を施しているので経年劣化で剥がれてきます。また、塗装が剥がれた隙間に衝撃が加わると割れることもあります。

トタン

トタン屋根

トタンとは、亜鉛でメッキ加工された鋼板です。現在では、トタンが進化した外壁がガルバリウムとなっています。

メリット

トタンのメリットは、軽いため耐震性に強く、亜鉛でメッキ加工を施すのでサビにも強いです。また、メンテナンスをしっかりすれば耐用年数が15年〜20年持つと言われています。

デメリット

トタンのデメリットは、メンテナンスを怠るとサビがでてそこから拡がりやすいくなります。また、トタンは鋼板でできているためフライパンに火をかけたように暑くなります。鋼板の温度は、最高80度まで上がります。

屋根のカバー工法(重ね葺き)の葺き替えとは?

屋根のリフォームのカバー工法(重ね葺き)の葺き替えとは、既存の屋根の上からカバーの様にかぶせて施工する方法です。既存の屋根はそのまま活かされますので屋根の解体撤去の費用が削減され屋根のリフォーム費用も通常の葺き替えよりも安く済みます。ですが、カバー工法にはできる屋根とできない屋根があります。

屋根には、瓦、スレート、コロニアル、ガルバリウム、トタンと種類がありますが、瓦の上からカバー工法をすることはできません。カバー工法ができるのはスレートかコロニアル、ガルバリウム、トタンの屋根に限りがあります。

屋根リフォームのカバー工法・重ね葺きの費用と価格の相場は?

屋根の葺き替え日数

屋根の葺き替え日数は、カバー工法か張替えかによって異なりますが張替えの場合は、約7日間〜10日間みとくといいです。カバー工法は約5日間〜7日間となります。

【参考日数】約5日間〜10日間

屋根葺き替えの補助金

屋根葺き替えの補助金がでるか気になるところだと思います。そもそも補助金とはどういうものがあるのかというと、介護リフォームや耐震補強などがあります。スレート屋根の葺き替えの場合は、耐震補強をする定で申請します。

補助金を利用する条件

居住するための家のリフォーム
断熱改修のリフォーム
税金を納付している
暴力団員でない、もしくは暴力団および暴力団員と密接な関係を有していない

上記は補助金を受給する基本的な条件として掲げられています。

補助金額

一般的に補助金の相場が3万円から10万円程です。



屋根の張替えの葺き替えの費用

女性

屋根の張替えの葺き替えの費用は種類によって異なります。また、屋根は高所作業となるため足場設置が必須となります。屋根の面積が約50㎡〜150㎡として足場の費用が約100,000円〜150,000円が相場となります。それと葺き替えとなると屋根の撤去も必要となります。既存の屋根を撤去する費用が約2,000円〜3,000円/㎡となります。それでは、屋根の葺き替えを種類ごとにご紹介していきます。

日本瓦の葺き替え費用

日本瓦の葺き替え費用は平米単価となります。また日本瓦には焼き方や模様によってグレードがあります。それらの費用相場が約9,000円〜15,000円/㎡となります。日本瓦を葺き替えする屋根の面積が約50㎡〜150㎡として総額費用は、足場設置・屋根の撤去・葺き替えで約650,000円〜2,850,000円となります。

【参考費用】日本瓦の葺き替え費用:約650,000円〜2,850,000円

セメント瓦の葺き替え費用

セメント瓦の葺き替え費用は平米単価となります。またセメント瓦には焼き方や模様によってグレードがあります。それらの費用相場が約7,000円〜9,000円/㎡となります。日本瓦を葺き替えする屋根の面積が約50㎡〜150㎡として総額費用は、足場設置・屋根の撤去・葺き替えで約550,000円〜1,950,000円となります。

【参考費用】セメント瓦の葺き替え費用:約550,000円〜1,950,000円

スレート・コロニアル屋根の葺き替え費用

スレートコロニアル屋根の葺き替え費用は平米単価となります。またスレート屋根は材質やメーカーによって費用が異なります。それらの費用相場が約5,000円〜6,000円/㎡となります。スレートを葺き替えする屋根の面積が約50㎡〜150㎡として総額費用は、足場設置・屋根の撤去・葺き替えで約450,000円〜1,500,000円となります。

【参考費用】スレート・コロニアル屋根の葺き替え費用:約450,000円〜1,500,000円

トタン屋根の葺き替え費用

トタンの葺き替え費用は平米単価となります。またトタン屋根は材質やメーカーによって費用が異なります。それらの費用相場が約5,000円〜6,000円/㎡となります。トタンを葺き替えする屋根の面積が約50㎡〜150㎡として総額費用は、足場設置・屋根の撤去・葺き替えで約450,000円〜1,500,000円となります。

【参考費用】トタン屋根の葺き替え費用:約450,000円〜1,500,000円

ガルバリウムの葺き替え費用

ガルバリウムの葺き替え費用は平米単価となります。またガルバリウムは素材やメーカーによって費用が異なります。それらの費用相場が約7,000円〜10,000円/㎡となります。また、ガルバリウムはルーフィングシートを敷き込みしないと雨漏れします。それらの費用が約700円〜1,000円/㎡となります。ガルバリウムを葺き替えする屋根の面積が約50㎡〜150㎡として総額費用は、足場設置・屋根の撤去・葺き替え・ルーフィングシート敷き込みで約585,000円〜2,250,000円となります。

【参考費用】ガルバリウムの葺き替え費用:約585,000円〜2,250,000円


屋根のカバー工法の葺き替えの費用

屋根のカバー工法・重ね葺きはスレート屋根かガルバリウムの屋根、トタン屋根のみとなります。まずは、スレート・コロニアル屋根からの費用をご紹介します。

スレート・コロニアル屋根のカバー工法・重ね葺きの費用

カバー工法・重ね葺きでスレート・コロニアルを設置する費用は約6,000円〜7,000円/㎡となります。そこに足場の設置費用が約100,000円〜200,000円が必要となります。

【参考費用】スレート・コロニアル屋根のカバー工法・重ね葺きの費用

スレート・コロニアル屋根の設置費用:6,000円〜7,000円/㎡
足場設置する費用:約100,000円〜200,000円

例)100㎡の屋根の広さですと約700,000円〜900,000円

トタン屋根のカバー工法の費用

トタン屋根のカバー工法で設置する費用は約5,000円〜6,000円/㎡となります。そこに足場の設置費用が約100,000円〜200,000円が必要となります。

【参考費用】トタン屋根のカバー工法・重ね葺きの費用

トタン屋根の設置費用:5,000円〜6,000円/㎡
足場設置する費用:約100,000円〜200,000円

例)100㎡の屋根の広さですと約600,000円〜800,000円

ガルバリウムのカバー工法・重ね葺きの費用

ガルバリウムのカバー工法・重ね葺きは、費用が約10,000円〜15,000円/㎡となります。そこに足場の設置費用が約100,000円〜200,000円が必要となります。

【参考費用】ガルバリウムのカバー工法・重ね葺きの費用

ガルバリウムのカバー工法の費用:約8,000円〜9,000円/㎡
足場設置する費用:約100,000円〜200,000円

例)100㎡の屋根の広さですと約900,000円〜1,100,000円

また、ガルバリウムを採用する際に気をつけることは、耐熱性と防音性がないため別途で工事をしなくてはいけません。

断熱のリフォームの費用

断熱性を上げるには屋根裏に断熱ボートを敷き込みます。それらにかかる費用は平米単価となり約1,000円〜3,000円となります。50㎡の面積ですと約50,000円〜150,000円となります。

【参考費用】断熱のリフォームの費用:約1,000円〜3,000円/㎡

防音のリフォームの費用

防音性能を上げるには屋根を引く前に下地で防音シートを敷き込みます。それらにかかる費用は平米単価となり約700円〜1,000円となります。50㎡の面積ですと約35,000円〜50,000円となります。

【参考費用】防音のリフォームの費用:約700円〜1,000円/㎡

『全てがわかる!』
屋根のリフォームの費用に
関する記事を全てまとめ
ましたのでご覧下さい。
↓↓↓
参考:
屋根のリフォーム工事の費用と価格の相場は?

>お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ

お困りでは御座いませんか?優良のリフォーム会社・工務店をお探しなら『リフォらん』へ


リフォームは失敗したくない、後悔したくない為にもリフォーム会社の選定は必ず慎重にしましょう。大事なことが複数社の見積もりを依頼して比較することです。

『リフォらん』では、厳選した大手メーカーから個人までのリフォーム会社・工務店のお見積りを比較できるよう地域別で何社かご紹介してます。

もちろんご利用は完全無料です。是非、ご活用下さいませ。

CTR IMG